« 最後の大きな仕事 | トップページ | 電話の向こうにも人がいる »

2012.02.05

映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」

 夕方から、家族で出かけた。場所は、加古川のマイカル。そこで、映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を見た。1作目も2作目も見たので、絶対見に行こうと思っていたが、今日時間ができたので、急遽行くことにした。64年と言えば、私の生まれる前になるが、スクリーンに出てくるものが何となく懐かしく、時代がゆっくりと流れて、ほんわかと温かいものを感じた。また、今よりも、家族や近所の人とのつながりが深く、感動させられる場面が何度もあった。
 最後に、「幸せ」についても考えさせられた。今を生きる私たちも、「本当の幸せ」とは何なのかということを、立ち止まって、ゆっくりと考える必要があるのかもしれないと思った。
 

|

« 最後の大きな仕事 | トップページ | 電話の向こうにも人がいる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/53912663

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」:

« 最後の大きな仕事 | トップページ | 電話の向こうにも人がいる »