« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.30

やる気

 周りの人からいただいたやる気というのは、すごいパワーを発揮する。今日は、朝から予定が立て込んでいたけれど、順調に仕事が進んだ。午前中、いくつかの所を訪問し、午後からは、発送作業を進めた。その間、気温が高くて仕事がやりにくかったけれど、集中力がとぎれなかった。明日もこの調子だといいのにと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.29

第30回揖龍教育工学研究会

 今回は、仕事の関係で、最後の方からの参加だったけれど、田渕先生の見事な模擬授業で盛り上がったようだ。プロジェクタと実物投影機だけではなく、模造紙を貼り合わせた大きな挿絵を利用してメディアを効果的に活用していたようだった。忙しいのに、自分が勉強をしようと時間をうまく作り出して参加していた人たちには、頭が下がる思いだ。研究会後に、何人かの人と話をしていて、子どもたちに少しでも力をつけていきたいという思いが、この研究会を支えているのだと改めて感じることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.28

暑い日が続く

 今日も暑い1日だった。仕事をしていても汗がだらだら出てきてたまらなかった。夜になっても暑い今日のような日は、ビールに限る。ビアガーデンに行きたい気分になってきた。また行こうかなあ。
 こんな暑い中、今年がんばろうと思っているのがエアコンの使用を控えること。仕事の行き帰りに車を使っているが、今のところ窓を開けて運転すると風を受けて快適である。これからが大変だけれど、できるだけ我慢していこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.27

先生を囲む会

私がお世話になっている先生を囲む会が以前からされていたのだが、その会に初めて呼んでいただいた。参加されている方は、顔見知りの方ばかりで安心してお話をすることができた。また、久しぶりにお会いする方もおられたりして楽しかった。逆に、そんなにお話をしたことのない方とも親しく会話させていただき、うれしかった。あたたかい方が多く、初めての私を気にかけてくださった。感謝したい。これからも、人と人とのつながりを大切にしていきたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.26

日曜日の休み

 日曜日にゆっくりと家にいるのは久しぶりだ。朝から部屋のそうじや片付けをし、ホームセンターに買い物にでかけ、近くの妻の実家で紅花をもらってきた。午後からは、夏の研究会の準備をしたり本を読んだりと、本当にゆっくりと過ごすことができた。私にとってめったにない時間なので、ものすごく気分転換になった。明日からの活力になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.25

午前様

久しぶりにやってしまった午前様。私が尊敬する嘉納さんとその友人の方と三人でゆかた祭りでにぎわっている姫路で一献。昔からよく行っていたお店が7月で閉店するので、そのお店のママにお礼をかねて飲みに行った。焼酎を飲みながら、このお店でよく歌った歌を数曲歌った。最後は、寂しい気持ちでお店とママに別れを告げた。気軽に安心して入れるお店だった。残念だけれど仕方がない。店の再会を願いながらお店を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.24

勢い

勢いというのは怖いものだ。今まで停滞していたものがあっという間に片づいてしまった。この勢いを手に入れるためには、努力と運次第だと思う。運は自分自身ではどうすることもできない。しかし、努力は自分自身がするものだ。そういう意味で、コツコツと努力し続けたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.23

暑すぎる

朝からどんどん気温が上がり、お昼に、事務室にもクーラーが入った。今年初めてだ。朝から蒸し暑いなあと思っていたけれど、こんなに暑くなるとは思わなかった。夜になっても暑かったけれど、ビールがおいしかった。梅雨もそろそろ終わりかなあ。これから暑い日が続きそうなので、飲みすぎに注意しなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.22

定時退庁

 今日から、県庁ではサマータイムがスタートした。私たちの職場でも定時退庁が徹底され、時間が来たら絶対に職場を離れなくてはならない。まだ、明るいうちに帰宅することはめったにないので不思議な気持ちで帰路についた。途中、いくつかの用事を済ませて帰宅すると、ちょうど夕食の用意できたところで、できたてを食べることができた。しかし、仕事が充分にこなせていないので、これから、仕事の仕方を変えていくようにしなくてはならないと思った。まずは、朝の時間の使い方を工夫しようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.21

子どもが変わってきた

 剣道の練習に行くと、子どもたちは素振りを終えて面をつけ始めていた。少し早く終会が終わったというのもあるかもしれないが、子どもたちの気持ちが違うのがはっきりとわかった。最後の夏の大会を前にして、「自分がまずがんばらないと」と言う気持ちになっていた。ここに来ての前向きな気持ちの変化は、私にとっても、とてもうれしいことだ。
 気持ちが変わると剣道も変わる。子どもたちと剣を交えたときに、気迫が伝わってきた。それも、全員がそうだった。地区大会、西播大会、県大会、近畿大会、全国大会と続いていく。子どもたちの気迫が最後まで続いていくと確信している。私も子どもたちと同じ気持ちで、今まで通り道場に足を運びたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもが変わってきた

 剣道の練習に行くと、子どもたちは素振りを終えて面をつけ始めていた。少し早く終会が終わったというのもあるかもしれないが、子どもたちの気持ちが違うのがはっきりとわかった。最後の夏の大会を前にして、自分がまずがんばらないとと言う気持ちになっていた。ここに来ての前向きな気持ちの変化は、私にとってもとてもうれしいことだ。
 気持ちが変わると剣道も変わる。子どもたちと剣を交えたときに、気迫が伝わってきた。地区大会、西播大会、県大会、近畿大会、全国大会と続いていく。子どもたちの気迫が最後まで続いていくと確信している。私も子どもたちと同じ気持ちで今まで通り、剣道に足を運びたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.20

しんじゅさん

 職場は、自然の中にあるので、昼休みに歩いていると今まで見たことがない虫と出会うことがある。今回であったのは、「しんじゅさん」の幼虫だ。蝶か蛾の仲間だろうと思っていたが、虫のことをよく知っている方にお聞きしたら、「しんじゅさん」だろうと思うと教えてくださった。最初は、「真珠さん?」と敬称をつけてよんでいるのかと思ったら、「しんじゅ」という木に寄ってくる蚕の仲間なのでしんじゅさんというのだそうだ。確かに成虫は大きな蛾で見たことがある。まだまだ知らないことがたくさんあるなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.19

高砂中へ練習試合に

 急なお願いを高砂中学校が受け入れてくださった。東播磨地区は強豪揃いで県大会の優勝候補がたくさんいる。そんなチームの方々の胸をお借りすることができ、感謝の気持ちでいっぱいである。私たちのチームがこの1年間、常に目標に向けてがんばれていたわけではない。しかし、最後の試合に向けて子どもたちに変化が出てきている。本気でがんばりたいと思っている子が増えてきた。その思いをプレッシャーにならないように、子どもたちに対する声かけを増やし、試合のときに自分の力が発揮できるようにさせたいと思う。最後の夏まで後わずかである。がんばらせたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.18

ICT活用の意味

 ICTを何のために活用するのかを考えることはとても大切だと思う。学校の授業で活用するのは、子どもたちにさまざまな力をつけるためだ。そんな中で、教師が使うのは主に、子どもたちに内容を理解させるためだろう。教科書を大きく前に映しだし、発問や指示、説明をおこなう。映し出すだけではなくて、どのように発問、指示、説明をおこなうかということも大切になってくる。教師は、ICTを活用することで満足するのではなく、発問、指示、説明する力を、今まで以上に身につけていく必要がある。そのことをもっともっと伝えていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.17

チームワークのために

 部活動でチームの力は計り知れないくらい大きいものだ。個人個人の力も必要だけれど、仲間同士が団結して同じ方向を向いたとき、思わぬ結果を生むことがあるのだ。しかし、それは簡単なことではないし、チームの一人一人がそのような気持ちになっていくには時間がかかる。私たちが指導しているチームもなかなか団結できない。でも、諦めてはいない。最後の1秒まで、部員のみんなに呼びかけてチーム力が発揮できるように指導していきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.16

神戸へ

 出張で神戸へ行った。神戸の街は、いつものように活気がありおしゃれな雰囲気が漂っているように感じた。阪神淡路大震災から、ここまで復興していることを嬉しく思うとともに、今回被災した東北地方の応援も引き続きおこなっていきたいと思う。それにしても、国は何をしているのだろうと思うようなニュースが流れることがある。今は政治の駆け引きをしている場合ではないはずである。一刻も早く復興に向けた取り組みを進めるべきだと感じる。国民の一番の願いを早く実現してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.15

夏の大会に向けて

 中学校3年生にとって最後の夏がやってきた。部活動に情熱を注いできた子どもたちの集大成ともいえる大会になる。地区大会から県大会、近畿、全国大会へとつながっていくのだが、今年は全国大会が地元兵庫で行われるため、どのチームもいつも以上に力が入っているように思う。私もわくわくしてきた。私たちのチームも気持ちを高め、団結して大会に臨めるようにがんばらせたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.14

阪神タイガース快進撃

 阪神タイガースが元気を取り戻してきた。今日も、息詰まる投手戦をものにした。一時、接戦をものにできないことが続き、勢いをなくしていたように思う。しかし、最近の戦いを見ていると勝負強さが出てきたように思う。しかし、まだまだ完全復活ではないと思う。今後、ベテランと若手が絡み合った試合運びをもっともっと見たいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.13

加古川で一献

 一仕事終わったので、加古川で乾杯した。たいしたことではないのだけれど、一区切りついての乾杯はとてもおいしいものだ。どんな仕事であっても、自分で目標を設定してこだわりを持って取り組みたいものだ。自分のこだわりを持つためには、やっぱり勉強することが大切だと思う。そんなことを思いながら飲み過ぎたかなあ。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.12

体育大会と東広島

 午後から雨がの心配があったので、体育大会はプログラムの一部をカットして実施された。本当は、昨日実施予定だったが、雨のため順延。今後の天気予報を考えると今日の午前中に実施したことは正解だったかもしれない。体育大会での中学生たちは、昨年と比べてきびきびとした行動で、「自分たちで体育大会を作っているんだ。」という思いが伝わってきた。これも、今日まで先生方が子どもたちの思いを受け取ってご指導くださったからだと思った。見ていていい体育大会だなあと感じた。
 午後からは、上の子どものいる東広島市へ、扇風機など夏に必要なものを届けに行った。向こうに着くと、さっそく買い物にも付き合った。選ぶのにいろいろと時間がかかっていたけれど、子どもも私たちも楽しい時間だった。その後、夕食を一緒に食べて帰ってきた。高速道路休日1000円のサービスを使えるのもこれで最後になりそうだ。今度は、いついけるかな?次は、もう少しゆっくりとしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.11

教科書の内容を理解させるためのICT活用

 ICT活用、ICT活用と言われているけれど、今自分がこだわっているのは何なのか。それは、やっぱり教える内容を子どもたちにわかりやすく理解させるために活用することだと思う。今、自分は教壇に立つことができないけれど、そのような活用を少しでも多くの先生方にしていただければなあと思っている。その先には、「子どもたちの力を伸ばす」という大きな目的がある。大きな目的を見失うことなく、これからも本を読み、現場に足を運び、研究を続けていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.10

風邪?花粉症?

 お昼頃、事務室で仕事をしていると、突然くしゃみが出だした。一度出始めるとなかなか止まらない。持っていたタオルで口と鼻を隠していたけれど、それでもくしゃみは止まらず、その上鼻水も出てきだした。鼻がかゆくて、こするので鼻の頭は赤くなるし、仕事に集中できないし、ふんだりけったりだった。結局、鼻炎の薬を飲んでおさまったけれど、この時期にも花粉症が出るのかと思うと、気が重くなってきた。今日は、もう寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.09

久しぶりに上京

 今日、お休みをいただいて久しぶりに上京した。昨年から、仕事の関係と子どもの受験とで、上京できない状況が続いていただけに、このようなお時間をいただけたことに感謝の気持ちでいっぱいだ。また、超多忙の中、受け入れてくださった堀田先生@玉川大にも同じく感謝の気持ちでいっぱいである。本当に、ありがとうございました。
 今回の上京の目的は、夏セミナーのご相談と、「教育の情報化」に関する新しい情報の収集だった。1つ目の夏セミナーについては助言をいただき、今後すべきことが明確になった。2つめの情報収集についても、堀田先生の研究室にいさせていただくだけでたくさんの情報をいただくことができた。2つとも大きな成果を得ることができた。
 今回、たくさんの元気をいただくことができ、思い切って上京してよかったと思った。お世話になった皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.08

タイガース、久々に安心

 阪神が久しぶりに、安心できる試合運びで勝利した。後半に得点できていないなど不安材料もあるが、抑えの投手陣が安定していたので安心して試合を見ることができた。ここ最近、阪神は元気がなくて応援していてもどうなっているのだろうと心配していた。今日の試合をきっかけに、これから躍進してほしいと思う。期待して応援していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.07

技を出すために

 明日が体育大会の予行演習なので、準備のためにあまり稽古の時間がとれなかったけれど、短い時間であれば短いなりにやれる方法がある。子どもたち一人一人に課題を持たせ、その課題のために稽古をさせることで、集中できるし、みんなの士気もあがっている。稽古が終わった後に、稽古を振り返らせることも大切なことだと思うので、やらせている。夏の大会も迫ってきた。これからの時間を大事にさせたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.06

睡眠でやってみたこと

 昨日の睡眠革命に載っていることや、他の睡眠の本の中からこれは効果があるかもしれないと思うことをいくつかやってみた。1つは、6時間睡眠にしてみたこと。2つめは、林先生のおっしゃっていたように、1日を前向きに振り返りながら眠ること。3つめは、寝る前にお風呂に入り、30分ほど読書をすること。4つめは、朝起きてからたっぷりと朝日を浴びること。それ以外にも簡単なことをいくつか取り入れてみた。
 気のせいかもしれないけれど、一日爽快な気分で仕事ができたように思う。しばらく、この習慣を続けてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.05

睡眠革命

 息子と書店によってどんな本が並んでいるか眺めていると、「睡眠革命」という雑誌が目に留まった。早起きがめっぽう弱い私にとって睡眠が革命できるのならどれほどうれしいことかと思う。その雑誌の中で、脳医学の世界的権威である林成之先生が「今日はここができた、今の課題はここにあると毎日、日記を書いて振り返っています。」と書かれていた。脳に目標を再認識させ、思考を深めるためなのだそうだ。ちょっとした工夫で脳を活性化させるとともに、脳にいい睡眠ができるようだ。できることを実践してみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.04

お父さんといっしょ

 最近のお父さんは、育児に参加される人が増えてきているように思うけれど、そんな方のお話を聞いていると、子どもに関わるのは当たり前という意識を持っておられる。つまり、自然体で子どもと向き合っておられるのだ。いいことだなあと思うし、そんな風潮がもっともっと広がっていけばいいなあと思う。
一方、児童虐待など、悲しい出来事もニュースになっているのも事実である。そんな出来事を少しでも減らし、将来の日本を支える子どもたちをみんなで見守ることができるように、これからも取り組みを進めていきたいと強く思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.03

昇進祝い

 お世話になった先生が、校長先生に昇進されたので仲間内でお祝いの会を開いた。その方は、教諭時代から一人一人の子どもを大切にし、私たち後輩に誠実に接してくださった。揖龍教育工学研究会の運営にも大変ご尽力いただいている。そんな方のご昇進だったので、みんなが心からお祝いしたいという気持ちで集まった。これからも、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.02

読書

 珍しく西村京太郎の本を読んだ。タイトルは「神戸 愛と殺意の街」。推理小説は、気軽に読めるところがいいなあと思う。西村京太郎は妻が好きなので、家にはたくさんの京太郎シリーズの本がある。そんななかから選んだのが、この一冊だ。あっという間に読んでしまった。また、時間があるときに読みたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.01

今日も剣道へ

 休日だったけれど、午前中は仕事関連の用事を済ませた。夕方になって中学校の道場へ移動。今日も1年生の元気さに圧倒されながら稽古に参加した。昨日と同じように、1本を決めることにこだわることを中心に指導していった。指導するときに、なぜそのことが必要なのかと言うことをひとつずつかみ砕いて説明することを入れながら練習をさせていった。大会まで約1ヶ月。自分ができる範囲のことをやっていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »