« スカイプ | トップページ | 午後から広島へ »

2011.04.23

揖龍中学校春季剣道大会

 中学校の剣道の審判を行った。私たちが教えている中学生たちも出場した。個人戦は、優勝とベスト8。団体戦は準優勝という結果だった。けがのためにレギュラーメンバーが外れていたのだが、残りのメンバーでよく頑張ったと思う。今日の結果を夏の大会に生かしてほしいと願っている。
 審判をしていた思うことが2つあった。1つは、気迫が足りないと言うことだ。試合をしている子どもたちに、中高校生特有のみなぎる気迫に欠けていると思う。もっと勝ちたいという気持ちを前面に出してもいいのではないかなと思う。もう1つは、中途半端な打ちが多いと言うことだ。せっかく打ったのであれば、自分にとって自信がなくても最後まで打ち切ってほしいと思う。中途半端な打ちは旗を揚げにくいのである。この2つが変わるだけで、試合の雰囲気が変わってくるはずである。夏の大会は、今以上に盛り上がりのある大会にしていきたいと思う。

|

« スカイプ | トップページ | 午後から広島へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/51510766

この記事へのトラックバック一覧です: 揖龍中学校春季剣道大会:

« スカイプ | トップページ | 午後から広島へ »