« 中尾杯争奪剣道大会 | トップページ | 日本海側の大雪 »

2011.01.31

サッカー日本代表をみて思うこと

 サッカーのアジア大会で日本が見事に優勝した。しかし、楽に勝ち上がって優勝したのではない。多くの試合で、ぎりぎりの戦いを勝ち上がってきたのだ。それは、選手どおしお互いに支え合うことで、精神的に強いチームができあがっていたのだと思う。チーム力というか、選手どおしのつながりができていたのだ。だから、表彰式で、長友選手が骨折した香川選手のユニフォームを持っていたのだと思う。すばらしいことだなあと感じた。
 スポーツは、たとえ個人競技であってもチームの影響を受けるものだ。たとえば水泳で、最初の種目でよい結果が出ると、その後の種目に出場する選手も刺激を受けて活躍することがある。目には見えないけれど、「あいつががんばるのなら俺もがんばるぞ。」という気持ちが全体のレベルを上げることになる。
 私は剣道を指導しているが、そのチームの子たちに、そのことを理解して行動してほしいと願っているが、なかなかうまくいかない。伝え方が悪いのだと思う。せっかく同じチームでがんばっている仲間である。みんなが一つになっていいものを作り上げようという気持ちが生まれるように、これからも粘り強く指導していきたい。

|

« 中尾杯争奪剣道大会 | トップページ | 日本海側の大雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/50737494

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表をみて思うこと:

« 中尾杯争奪剣道大会 | トップページ | 日本海側の大雪 »