« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010.12.31

2010年を振り返る

 行政2年目の自分を、目標に照らし合わせて振り返りたいと思う。

1.仕事をこなす
 ①独自性のある起案を作成する。
 ②起案作成時のチェックを増やし、ミスを少なくする。
 ③状況を冷静に見つめ、落ち着いて行動する。
→ミスが多いのは、自分のチェック能力が低いからだ。まだまだ、できていないことの方が多い。
 今年、新しい仕事に挑戦したいと自ら進んで取り組めたのは良かったが、やる気があっても
 実力が伴っていないことを実感。もっともっと自力をつけていかなくてはと反省。

 2.ICT活用にこだわる
 ①揖龍教育工学研究会を継続させる。
 ②夏セミナーを成功させる。
 ③兵庫県視聴覚教育西播磨大会を成功させる。
 ④VHSに半分以上は参加する。
→①②については、今年も継続させ、夏のセミナーも昨年に引き続き、堀田先生に来ていただき、
 大成功だったと思う。また、今年は、スタッフの動きが昨年以上にスムーズで、コアメンバーが
 ものすごく力をつけていることを実感した。③は、会場校である赤穂西小学校のがんばりが光った。
 職員が一丸となって取り組む姿勢に感動した。④については、何とかぎりぎり達成。もっと参加したい。

 3.生活を見直す
 ①毎日、10回以上笑う。
 ②読書量を増やす。(1日30分以上)
 ③剣道に行く日を増やす。(1週間に1回以上)
 ④時間の使い方を考え、家族との時間を増やす。
→①は意識してやり続けられたと思うが、②は達成できなかったと反省。③はがんばった。④はちょっと
 反省。(できていないときがあった。)

 全般的には、もっともっと時間の使い方を工夫していかなればと反省ばかりだった。前倒しでものごとが
進められるように、半年前、3ヶ月前、2ヶ月前、1ヶ月前を意識して行動したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.30

もちつき

20101230_103155
 年末恒例の餅つきを妹の家のお世話になりながら参加した。毎年、妹家族がお世話してくれていている。今年は、弟が仕事の関係で参加できず、さらに、妹の旦那の弟もぎっくり腰で、つき手がすくなかったので、たくさんつくことができた。初めて餅つきをしたときは、へとへとになって疲れ果てていたが、今では続けてついても大丈夫だ。今年は、とても寒い中での餅つきだったけれど、おいしい餅がつけて良かった。
 その後、漁師をしている友人から牡蠣を、農家をしている友人から野菜を正月用にといただいた。私からは、何も渡すものがなくてもうしわけなかったけれど、いつもいただくので、感謝の気持ちでいっぱいになった。その後、その友人とささやかな忘年会。長年の付き合いなので、ほっとした気持ちなる。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.29

気を強く持つ

 元気、勇気、やる気、根気、負けん気、・・・。「気」が入っている言葉がたくさんある。白川静博士の「漢字の世界へ」を見ると気のもとの字は、「氣」で、「命の源、おおもと」という意味を含んでいるようである。自分の命の源を燃やし続けることで、元気や勇気、やる気、根気などが生まれてくるのだと思う。そのために、生きる希望、夢を持つことが自分の命の源を燃やし続けることができるのだろう。しかし、今は、生きる希望や夢を持ちにくい世の中になっていると言われている。そんな世の中だからこそ、私たち大人が活き活きとがんばり続けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.28

家族で牡蠣三昧

 牡蠣を養殖している友人の磯部君から牡蠣をいただいた。家に帰ってすぐに、ホットプレートでそのまま焼いて食べた。やっぱり牡蠣は、おいしい。そのまま焼いて食べるのはもちろんのこと、鍋や牡蠣フライもおいしい。特に、磯部君の牡蠣は、殻の中に、ぎっしりと身が詰まっていてぷりぷりなのだ。こんな贅沢をしていいのかと思うぐらいだ。磯部君、ありがとう。最高にうまかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.27

仕事納め

 今日で仕事納め、午前中残っていた仕事を仕上げて、午後からはお正月に向けて、みんなで清掃を行った。今年は、昨年以上に、思わぬ出来事があったり、初めてのことがあったりして、戸惑うことが多かったけれど、充実した時間を過ごすことができた。まだ、本年度は3ヶ月あって、大きな大会も担当しているので、気が抜けない日々がこれからも続いていくが、今の気持ちを忘れることなく、着実に仕事をしていきたいと思う。職場の皆様、お疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.26

全国高校駅伝大会

 小学校で教えた小川君が、須磨学園のアンカーとして全国高校駅伝大会に出場するので、妻と一緒に京都まで応援に行った。また、最後の教え子で京都の中学校へ行っている山田さんにも応援に来てもらった。須磨学園は、1区で見事1位でタスキをつなぎ、2区も快走して1位をキープしたが、3区で9位まで順位を下げてしまった。優勝候補というプレッシャーがあったのかもしれない。その後、徐々に順位を上げ、小川君も一人抜いて、5位でゴールした。昨年よりも順位を上げ、来年度につなげるレースができたのが良かったと思う。引き続き応援していきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.25

岡山県山手で

 午前中仕事に行った後、昼から休みをいただいて、岡山県でやっている剣道の練習試合会場に行った。岡山県や兵庫県のチームが集まり、練習試合で腕を磨いた。私たちのチームの課題は、攻めと剣の冴えだったが、終わりの方になってやっとそれが出てきていた。試合の最初からそれがでるように、攻めと冴えを意識した稽古ができるようにアドバイスしていきたい。
 夜は、以前に勤めていたときに携わっていた少女バレーの忘年会に呼んでいただいた。新しい人が入っていたが、みんな元気で、楽しい雰囲気だった。3月には、6年生が引退する。チームが一丸となってがんばれるように、これからも応援していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.24

女性専用車両

 出張で、神戸に行っていた。神戸駅まで新快速に乗り、そこから普通に乗り換えて元町まで行ったのだが、神戸駅で少しでも西側に乗ろうと、走って移動し、普通車に飛び乗った。ふとまわりを見回すと女性ばかり。やってしまった。女性専用車両だ。乗るときは、慌てていたので全く気がつかなかった。というか、普段は、車での通勤なので、女性専用車両自体、頭に入っていなかったのだ。神戸から元町までの3分ほどの時間が長いこと、長いこと。元町に着くと、何食わぬ顔をして降りたけれど、恥ずかしかった。これからは、気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.23

物忘れ

 最近、物忘れが多い。特に、人の名前がなかなか出てこないのだ。やばいなあ。今日も、職場は違うけれど、ちょっと前に一緒に仕事をした人の名前が出てこなくて困った。年だと言えば年なんだけれど、それにしてもひどすぎるので、ちょっと心配だ。脳トレでもして、頭を活性化させないといけないかなあ。やっぱり、寝るのが一番だ。もう寝よう。お休みなさい。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.22

帰りが遅いと

 最近、帰りが遅くなっているが、毎日といって良いほど出会うのが鹿だ。私の職場は、自然豊かな場所にあるので、よく鹿が出てくるが、夜になるとその数が増える。最近よく見かけるのが、親子鹿で、近くに行くとすぐに逃げてしまうけれど、見ているととても愛くるしい。しかし、鹿による作物被害をよく耳にする。野生の動物の人間が共存できるように、一人一人がちょっとだけ自然を大切にすることを考えることができれば良いなあと思った。鹿さん、また明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.21

今日のこだわり

 「攻めて打つ」ということを意識させるために、攻めてから応じ技をさせた。この稽古は、元立ちのものがちゃんと対応してやらないとできない。最初は、元立ちの子がうまくできていなかったけれど、元立ちがうまくできるようになると、打つ方も、うまくいくようになってきた。やっぱり、勉強も剣道も学び合うことが大切なんだなあと思った。お互いが、切磋琢磨しながら、向上心を持って取り組めるような稽古方法をこれからも取り入れていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.20

同じ課の忘年会

 みんなが忙しいからこそ忘年会に行こうと、無理矢理日を設定して忘年会をおこなった。私がいる課は、大所帯なので、急に場所が見つかるかなあと思ったが、運良く「トンボ」というお店が空いていて予約していた。このお店は、料の素材を大事にしているお店で、今日も、新鮮な魚などが出てきて舌鼓をうった。飲み放題のコースだったので、少々飲み過ぎたけれど、楽しく過ごすことができた。みなさん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.19

タイヤ

 タイヤと剣道にどんな関係があるの?と思われるかも知れないが、スナップを鍛えるのに、タイヤをたたくのが一番いいと言われている。そういえば、大成中学校で指導していたとき、堂丸君のお父さんに無理を言って、タイヤがたたきやすいように、支柱を作ってもらった。そのタイヤは、今でも大成中学校の道場の前にある。自分の子どもにも、タイヤをたたかせようと思って、ホームセンターに行き、いくつかの部品を組み合わせて作ってみた。試行錯誤の上、今日何とか出来上がった。手作りなので、いつまで持つかわからないけれど、息子は、さっそく明日から使ってみるようだ。不器用な私にとって、ものを自分の手で作り出せたことがうれしかった。私も息子と一緒に、素振りをしようと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.12.18

たこやきパーティー

 私の家には、たこ焼き器がある。関西では、普通だけれど、関東の友人に話をすると驚かれる。たこ焼きとは、買って食べるものらしい。もちろん、買っても食べるけれど、たこやきを家で焼いて食べるたこ焼きパーティーは、安くて楽しいパーティーだ。焼きながら、待っている間に、いろんな話ができるのがいいなあと思う。忙しい合間に、こんなことがあると心がなごむなあ。さあ、明日からの仕事もがんばれそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.17

パブリックハウス ホサンナ

 いろいろなビールが味わえる店として、姫路ではちょっと有名なお店だ。また、英国料理を看板にしているだけに、フィッシュ&チップもとてもおいしい。ここに、友人の野村さんの紹介で、清田先生とご一緒させていただいた。清田先生は、中学、高校の美術の先生を経て、現在は、川崎医療福祉大学の先生をされている。学校や美術の話から、教育談義が広がり、最後には、「人」についての話にまでおよんだ。終電まであっという間に時間が過ぎたけれど、おいしいビールと食事、それから先生や野村さんとお話しできたことで、満足感一杯で帰った。清田先生、野村さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.16

久しぶりの-1℃

今日は、やけに冷えるなあと思いながら、仕事が終わらないので遅くまで職場にいた。帰るときに、車に乗り込んで、エンジンをかけると外気温がなんと-1℃。12月にマイナスの数字を見るのは久しぶりだし、昨年度の冬は、比較的暖かい日が多かったので、あまりマイナスを見なかったような気がする。フロントガラスも凍っていて、寒さ感が倍増。家に着いてから、こたつに直行した。なかなか暖まらなくて、長い時間は行っていたように思う。北海道の人からすると、何を言っているの?と言われそうだが、瀬戸内地方の人間には、マイナスはやっぱり寒いのだ。weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.15

睡眠について

今日、三池先生のお話をお聞きする機会があった。睡眠が人にとって、とても大切であると言うことが分かるとともに、現代人の生活パターンが、子どもたちにとっては、危機的状況であることを感じた。子どもの睡眠について、もっと真剣に考えなくてはならないと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.14

一心不乱

 一心不乱とは、ネット上の三省堂「新明解四字熟語辞典」を見ると「何か一つのことに心を集中して、他のことに心を奪われないさま。一つのことに熱中して、他のものに注意をそらさないさま。」と書いている。県新人大会で購入した面タオルには、この言葉が書かれてあった。今の子どもたちは、集中力がないと言われている。確かに、感覚的ではあるが、授業をしていても剣道を指導していても、そう感じることが多い。子どもたちが一心不乱に打ち込めるものができるようにするために、大人ができることがたくさんあると思う。何ができるのかをよく考えて、子どもと接するようにしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.13

LEDのライト

 100円ショップで売っているLEDの懐中電灯がとても明るい。職場から駐車場までの間が暗いのだが、これをつけると結構明るいのだ。100円でこれだけ明るいのが信じられない。しかも、小さくて軽いからも邪魔にならない。100円ショップには、まだまだ掘り出し物があるものだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.12

第28回兵庫県中学校剣道新人大会2日目

 新人大会2日目を見に行った。夏には、この舞台に子どもたちが立たせたいという思いで観戦した。特に、男子の団体戦を注目していたが、ベスト4に残った上郡中、赤穂東中、大蔵中、平岡中が頭1つ抜けているように思った。また、魚住中、大成中、高砂中、大津中、大白書中、宝殿中などが印象に残っている。どのチームも、これから夏に向けて強化してくる。どれだけ、子どもたちが目的意識を持ってがんばれるかだと思う。目標と目的をきちんと持ってがんばらせたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.11

第28回兵庫県中学校剣道新人大会

 新人大会1日目は、個人も団体もベスト16までを決める。また、今年は、来年夏に兵庫でおこなわれる、全中のプレ大会にもなっているので、きめ細かな運営をされていて、大会関係者の大変さを感じた。関係者の皆様、ありがとうございました。
 私が指導しているチームは、1回戦で中播1位の大白書中と対戦した。この1週間、子どもたちはいい雰囲気で稽古ができていたので、やったことを出せればいい勝負が出来るのではないかと思っていた。朝の稽古でも気合いが入っていた。しかし、試合になると、負けてはいけないという気持ちの方が強すぎて、思い切った試合ができず、敗れてしまった。自分の気持ちをコントロールすることは難しい。自信を持たせることも簡単ではない。これからも、根気よく指導を続けていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.10

朝もや

 珍しく朝早く職場に行くと、近くの池の上が、煙のようなもやが立ち込めていて、なんとも言えないような幻想的な雰囲気だった。一年の中でも何度も見れるものではないので、少し得をした気持ちになった。気持ちのいいスタートになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.09

北播磨地区情報教育研修会

 北播磨地区は、三木市、小野市、加東市、西脇市、加西市、多可町の5市1町あって、授業でのICT活用が進んでいる地区だ。今日は、情報教育担当者の研修会だった。最初に、情報教育推進専門員の方から、北播磨地区の実態などの報告があった。その報告から、教員のICT活用指導力が高い地区だと言うことがわかった。機器の導入とともに、先生方が前向きに使っておられるからだと思う。そのことが三木市立自由が丘東小学校と小野市立旭丘中学校の実践発表から伺えた。どちらも、実物投影機やフラッシュ型教材などを活用して、子どもたちに力をつけることをねらいとしていた。私の話も、一貫して「今までの授業に、付け足す程度のICT活用をおこなうのが一番いい。」ということや「知識や技能などを習得させるためにICT活用は効果がある。」ということを話した。熱心に聞いてくださる様子から、今後、ますます、活用が進みそうな地区だと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.08

紅葉

 龍野城の近くに、まだ紅葉がきれいなところがあると聞いたので、夜だったけれど見に行った。本当に大きな木に紅葉の葉が一杯残っていて、見事な枝振りであった。ちょうど、見頃のようで、車のライトに照らされて、とてもきれいだったので、少しの間見とれていた。この紅葉も今週いっぱいくらいで最後になるのだろう。いよいよ本格的に冬がやってくる。お正月も近い。そろそろ1年の締めくくりをしなくてはならない時期だ。今年こそ、年賀状を早めにしよう。(無理無理という声が・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.07

子どもたちに足りないもの

 仕事が終わった後、剣道の指導に行った。今、足りないのが自信と強気の気持ちだ。新しい技を身につけることも大事だけれど、稽古をしながら、心がまだまだ磨けていない。強気で勝負する気持ちを作り上げていくために、その場面を作り、そこで稽古をさせてみた。いつもいつも強気でやるというのは難しいけれど、自分の弱い気持ちを乗り越えて、がんばって欲しいなあと思った。今日は、全員がそろっていて、ゆっくりと話もできた。子どもたちの顔を見ていると、がんばりたいという気持ちがあふれ出ていた。本当に良い子ばかりだ。この子達が、少しでも喜んでいる姿を見たいと強く思った。そのために、私ができること、子どもにやる気を起こせるような環境作りを心がけたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.06

ドコモのスマートフォン

P1040450


 使い始めて1週間経ったけれど、使うのが楽しいのが一番だなあと思う。メールチェックをしたり、ツイッターに書きこんだり、ウェブを見たり、ちょっとしたネット環境を使いたいときに、電源がすぐに入り、すばやくつながるのがうれしい。特に、メールは、1日に大量に届くので、細かくチェックすることで、負担感が減る。その他に、よく使うのが、カレンダー機能。パソコンで入力した予定をいつでも見ることができるので、手帳がなくても安心だ。さらに、ブログの書き込みもできる。ただし、これは、パソコンで入力する方が早いけれど・・・。隙間の時間が使えるので、うれしい。今後、他の機能も使ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.05

兵庫県スポーツ少年団剣道大会

 剣道の県大会もいろいろとあるけれど、この大会では、過去に勝ち上がって全国大会に出場した大会なので、私たちの道場としては、思い入れの深い大会だ。しかし、残念ながら、私は仕事の関係で見に行くことができなかった。個人戦の中学校の部で、たくさんの子たちが出場したが、その中で、山崎が3位に入賞した。彼は、まだ2年生だけど、3年生にも負けないくらい、迫力のある剣道ができるようになってきた。気持ちも充実しているし、技のスピードも格段に速くなってきた。自分から求めて剣道をしているからだと思う。やる気がある子は、どんどん強くなるものだ。そういう意味で、これからが楽しみである。
 剣道は、技や体力も大事だけれど、気の部分が大きい。人は弱い存在だから、まわりの支えも大切だ。まわりの大人がどれだけその気にさせてやるかも重要になってくる。そのやり方は、指導者によってさまざまだけれど、昔の子どもと変わってきていることだけは確かだ。今の子どもにあった指導が何なのか、試行錯誤しながらこれからも、指導していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.04

子育ての講座

 子育て関係のお話を聞いた。子育ての仕方がわからなくて困っている人が増えている。その原因のひとつが地域社会でのつながりが薄くなっていることだ。地域社会のつながりが薄くなっていることは、以前から指摘されていたが、子育てにも影響しているのだ。早急にお母さんをサポートする仕組みの確立が必要だ。その取り組みがすでに始まっている。私も自分ができることを、がんばりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.03

情報研忘年会

 情報研の忘年会があって太子町の居酒屋へ集合した。それぞれ、みんな忙しいのに、集まってくれた。いつもは、ゆっくりと話ができないけれど、今日は久しぶりに、一人一人と話せてよかった。
 その後、二次会のカラオケもおおいに盛り上がって、楽しいひとときを過ごせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.02

第26回揖龍教育工学研究会

いわゆる情報研があった。今日の大きなテーマは学級経営。子どもたちに力をつけてやるためには、まず、学級経営力をつけたいと言うメンバーの願いがあったからだ。それぞれの持っている知恵が共有できるのが勉強会のいいところだと思う。これからも続けていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.01

近江牛と松茸の食べ放題

 職員旅行で甲賀の忍者屋敷に行った後、近江牛と松茸の食べ放題に行った。そんなにたくさん出てこないだろうと思っていたが、どんどん出てきて、お腹いっぱいになった。食べた後、しばらく動きたくないと思った。最後に信楽焼で、焼き物体験をして帰ってきた。充実した1日だった。幹事の皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »