« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010.10.31

剣道の揖龍大会

 剣道の揖龍大会がたつの市でおこなわれた。私たちは、残念ながら仕事で行けなかったが、報告を聞くと、みんなよくがんばっていたようだ。結果として、個人戦では、小学校3年生以下で優勝、5,6年の部で3位、中学校男子で準優勝、女子が3位2人だった。団体戦は、中学生が優勝、小学生が3位だった。おめでとうと言いたい。そして、今後も、順位だけではなく、気持ちの入った剣道を目指して欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.30

上郡中学校へ

 剣道の練習試合で、上郡中学校を訪問した。上郡中学校は、私が、大成中学校で剣道部の顧問をしていた頃、毎月のようにお世話になっていたところだ。全国でも有数の強豪校で、胸をお借りするために訪問した。行かせていただいて、やっぱりすごいなあと思った。剣道の基本がしっかりしていて、礼儀など剣道以外のことについていも、きちんとしていた。昔からの伝統をしっかりと引き継いでいるのだなあと感じた。あいさつや返事、声の出し方など剣道以外のことと、打突の強さや攻めなどの剣道に関することと両方で、見習わなければならないと思った。今後の指導に活かしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.29

情報研コアメンバー学習会

 揖龍挙郁工学研究会のコアメンバーが集まって勉強会をおこなった。今回のテーマは、総合的な学習のカリキュラムについてだった。小宅小学校と室津小学校の取組をたたき台にして、たくさんの議論が出来ていたと思う。コアメンバーの学ぶ意欲は、ものすごく高く、みんなの力がものすごく向上していることがよくわかる。この勉強会についても、今後、定期的におこないたいと考えている。メンバーの皆さん、遅くまでお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.28

剣道の練習試合

 子どもたちの練習試合のために、同じ剣道部の保護者が協力していただいている。県大会に向けて、がんばらせたいという思いがものすごく伝わってくる。そのことを、子どもたちに伝えるのが、私の役割だと思っている。結果だけではなく、人の気持ちがわかる人になって欲しいと思っている。そのためにも、まわりの人の思いやりの気持ちを感じられるように、少しずつ、声かけをしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.27

乗り子のお礼

 息子が乗り子になっていたので、たくさんのお祝いをいただいた。そのお礼をするために、お祝いをいただいた家を、訪問している。今まで、あまり話をしたことのない方とも、短い時間だけれど、話をすることができ、村の良さを感じている。これも、子どものおかげだなあと思う。子どもから教えられることが、たくさんある。ありがたいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.26

こがらし1号

 午前中は暖かかったのに、午後から風が出てきて、夜になると寒くなってきた。今までの暖かさが嘘のようだった。あまりにも寒かったので、今晩のおかずは、鍋料理だった。日本酒に鍋料理で、体も温まり、気持ちよくなった。鍋や日本酒のおいしい季節になってきたなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.25

教え子に

 祭りが終わったけれど、祭りの話。2日間で、たくさんの教え子やその保護者から声をかけていただいた。自分の住んでいる校区の学校へ以前に勤めていたので、祭りに参加すると、教え子と会えるのもうれしいことだ。今年は、特に、息子が乗り子だったこともあり、いつも以上に声をかけていただき、とてもうれしく思ったし、ありがたいなあと思う。今ふりかえってみて、住んでいる校区に勤めさせていただき、しんどいこともたくさんあったけれど、それ以上に、目に見えない宝物がたくさんできているのだ。ありがたいなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.24

祭り2日目

P1200643
 今日が、祭り本番である。子どもたちも張りきっていた。朝は、人数が少なかった若中も、徐々に増えてきて、御旅所に入る頃には、絶好調だった。あいにく、御旅所からお宮に向かうときに雨が落ちてきたが、屋台にカッパをかけずに運行を続けた。お宮では、祭りに参加している人の気持ちが1つになり、何度も素晴らしいチョーサが続いた。休憩に入った頃に雨が強く降り出したので、どうなることかと思っていたが、宮を出発する頃には、不思議と雨が小降りになり、最後には、やんでしまったのだ。みんなの気持ちが天に通じたように感じた。俄然、みんなのやる気も上がり、宮を出て、濱田との3台練りでも、何度もチョーサを繰り返した。私も我慢できなくなり、担ぎ手に加わり、何度もチョーサした。息が上がるけれど、とても気持ちが良かった。そして、屋台蔵の前では、もうこれ以上、あがらないぐらいまで、何度も何度もチョーサを繰り返し、乗り子と担ぎ手が一体となる、素晴らしい祭りになった。今年の総取りと若中の役員の動きも見事だったと思う。このような素晴らしい祭りにしてくれて、とても感動したし、感謝したい。
 苅屋の祭りは、これからも続いていくけれど、さらに盛り上がった祭りになるといいなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.23

祭り1日目

P1010796
 今回の祭りでは、たくさんの方々にお世話になった。感謝を言っても言い尽くせない。お礼の気持ちで一杯だった。息子が、乗り子をさせていただくに際し、たくさんの方々から、お祝いをいただいた。本当に、ありがとうございました。また、近所の方や同級生、知り合いの方々に、今日の朝早くから集まっていただき、乗り子の出発を盛り上げてくださった。ありがたいことだ。
 出立ちでは、家の前から、祭り独特の音頭をうたっていただきながら、公民館まで歩いて行く。私の友だちや友だちの子ども、息子の友だち、近所の人たちなど、たくさんの方々がついてきてくださる。そして、若中(祭りの世話をしたり、屋台をかいたりする人)の乗り子の世話係が、息子を肩車してくれるのである。世話係の人は、誠心誠意、世話をしてくださった。このことも感謝感謝である。公民館に集合したあと、4人の乗り子全員がそろって屋台蔵まで移動した。おはらいをしたあと、写真を撮り、屋台があがる。1日目は、村練りといって、村の中を屋台が練り歩く。乗り子の家の前で、「チョーサ」してもらえるのだが、何とも言えない、うれしい気持ちだった。連中(同級生)が、一緒に屋台をかついでくれた。このこともうれしかった。
 夜には、たいしたおもてなしもできなかったけれど、お礼の気持ちを込めて、宴を催した。友人やその家族、親戚などで、にぎやかになった。そのことにも、感謝したい。
 明日は、いよいよ、本宮だ。明日もがんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.22

播州の秋祭り

 播州の秋祭りも、そろそろ終わりになる。私たちの住んでいるところにある富嶋神社は、おそらく一番最後ではないかと思う。播州各地では、自分たちの地域の祭りを誇りに思い大事にしてきており、毎年この時期になると祭りで賑わいを見せるのだ。私も自分の地域の祭りが一番だと思っていて、いつも参加している。
 明日からの二日間、祭りがおこなわれるが、今年は、息子が乗り子になっているので、いつも以上に、楽しみな祭りである。自分たちが世話役をした年と同じようなわくわく感があって、落ち着かない。子どもたちにとって、みんなにとって思い出に残る祭りとなるように、私自身も楽しんで参加したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.21

揖保小へ

 用事があって、仕事が終わった後、揖保小を訪問した。私が勤めていた頃にいた仲間が、今でも働いているので、用事が終わった後、しばらく職員室で話をした。やっぱり、学校現場はいいなあと思う。揖保小学校は、長いこと勤めた学校だから、よけいに愛着があるのかも知れない。少女バレーの指導もしていたので、帰る前に体育館にも顔を出した。なつかしい雰囲気がして、やっぱりいいなあと思った。そんな学校現場を応援するために、今の道を選んだのだ。大きな目的を見失うことなく、これからも地道に歩んでいきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.20

出張で

 出張で、出身大学の近くへ行った。夕方、車で大学の近くを走ってみると、学生時代に見た風景が、たくさん目に飛び込んできて、頭の中は、タイムスリップしていた。人は、楽しいことばかりを覚えているようで、その時代の楽しいことがたくさん思い出された。もう一度、大学時代に戻りたいなあと思いながら、車を走らせていた。高速道路に乗ってしまうと、現実に引き戻されてしまったが、気持ちの良い一時をもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.19

情報を見つめる

 情報社会と言われるように、さまざまな情報が社会に流れているが、本当に正しいのは何なのか、冷静な判断が必要だと思う。私は、新聞やテレビなどのメディアで悪者のようにたたかれている人が、本当に悪者なのかどうか、記事を作っている人に偏見がないのだろうかという疑いを持って見るようにしている。メディアは、悪者だと思われている人を、悪者であるという論調で表現する場合が多い。そのようにする方が、世間からのウケが良いからだという側面があると思う。もちろん、それ以外にもたくさんの要因があると思うけれど・・・。
 今後、情報社会は、益々進むと考えられるので、情報の見方を子どもたちに教えることは不可欠だろう。最近のニュースなどを見ていて、そのようなことを強く思ってしまう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.18

イオンへ

 仕事を早めに切り上げて、イオンへ祭りのための買い物に行った。夜も8時を過ぎると、さすがに人もまばらとなる。休みの日ともなれば、たくさんの人がいて疲れてしまうけれど、今日は、逆に広々とした空間だったので、気分も良かった。必要なものをゲットして帰宅。気持ちよく1日を終えることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.17

中学校剣道西播大会2日目

 2日目は、団体戦。ベスト8に入れば、県大会に出場できる。1試合目は、無難に勝ち上がり、これで県大会出場が決まった。準々決勝は、強豪の赤穂東中が相手だった。この試合で、先鋒が1本負けだった。先鋒がチームの勢いをつけるので、この負けは痛かったけれど、次鋒が盛り返し、中堅が粘って、副将が1本取り返した。結局大将戦で敗れはしたけれど、チームとしては、良い戦い方だったように思う。県大会に向けて、課題がはっきりしたので、その課題を見据えて稽古させていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.16

中学校剣道西播大会1日目

 今日は、個人戦だった。私の関係している中学校からは3名が出場した。3人とも、惜しい試合だったけれど、もう1本が出ず、悔しい結果だった。剣道は、一瞬の隙が命取りになる。いかに隙をつくらずに、攻めていくか、強気でいけるかだと思う。そういう意味で、メンタルな部分が大きい競技だなあと、改めて感じた。気持ちを切り替え、明日、がんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.15

歓迎会

 同じ職場に、新しい方が2名、配属された。どちらもフレッシュで行動的な人、きっと職場が今以上に明るくなりそうな気がする。
 今日は、その方々の歓迎会だった。歓迎会も楽しい雰囲気で進み、みんなの会話もはずんでいた。職場も良い雰囲気になりそうだ。私も、その雰囲気が続くように、今後も、笑顔で過ごしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.14

2つ以上のことに取り組む

 2つ以上のことを取り組むには、それらの事柄に対して、戦略的に進めていかなければならない。ところが、私は、これが苦手で、いつも後手後手になり、結局失敗してしまうことが多い。計画表を作るのが遅かったり、作っても確認がいい加減だったり・・・。戦略的に行動することが大切だと知っているのと、戦略的に行動できるのとは大きく違うことを実感する。できるようになるために、日頃の生活で、場当たり的ではなく、戦略的に行動するようにしたいと思う。ハードルが高いなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.13

石海小へ

 情報モラル教育の授業研究のため、石海小へ訪問した。授業者は、若手で、やる気満々の先生だった。授業のねらいをはっきりと持ち、子どもたちに寄り添った良い授業だった。教科は道徳で、その内容は、携帯メールの使い方(Netモラル・広教出版)の教材を使ったものだった。今の子どもたちにとって、必要な内容で、じっくりと考えさせていた。
 また、授業後の、事後研究会では、すべての職員が参加し、活発な意見交流がおこなわれた。研究熱心であるとともに、職員の雰囲気が良いのだということが伝わってきた。
 情報モラル教育は、今の社会に生きる子どもたちにとって、必要な内容である。今後も、取り組みを進めて欲しいと願っている。また、石海小は、11月に人権の公開授業を予定しておられる。できる範囲で応援していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.12

中学校剣道、西播大会に向けて

 火曜日は、仕事が休みのことが多いので、中学校の部活動へ稽古に行かせていただいている。今日は、大会前だと言うこともあり、子どもたちは、気持ちがものすごくのっていた。やる気がみなぎり、稽古をしていても、気持ちが良かった。何より、稽古中によく声が出ていたことだ。自分たちの剣道に自信を持ち、強気で大会に臨んでほしいと思う。あと、稽古ができるのも3日だ。できる限り応援していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.11

40代が体力の分かれ道

 筋力、持久力、柔軟性の3つがバランス良く備わっていて、はじめて体力があると言えるらしい。私は、体を動かすのが好きなので、40代になった今でも、週に何度か運動しているので、体力が極端に落ちているとは、感じないけれど、少しずつ落ちているらしい。それを、上げることは難しいけれど、維持はできるようなので、これからも、定期的な運動を続けていきたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.10.10

祭り

 祭りが、今月の23,24日にある。毎年、私たちの地区では屋台が出て賑わうが、今年もその光景がみられそうだ。太鼓の練習が始まっていて、毎晩、屋台蔵からその音が聞こえてくる。また、昨日と今日、近くの地区で、祭りがあって、その音も遠くから聞こえてきた。今年も祭りの季節だなあという雰囲気になってきた。祭りの日が楽しみになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.09

教育の情報化の研究会

 教育の情報化の研究会(VHS)に参加するために、久々に上京した。この研究会は、全国の優れた実践者が集まっていて、いつも充実した時間を過ごさせていただいている。
今回も
①思いを持って取り組むとそれが実現する。
②現場と教育委員会とのタイアップが不可欠である。
③発問、指示、説明は、明確に短くおこなう。
④「書く」指導をするのに、書かせるばかりではなく、それ以外のこともさせる。
⑤深い教材研究が良い授業を支えている。
⑥知識を「つなげる」ということをいつも意識して授業を組み立てる。
などの深い学びをすることができた。今回学んだことを明日からの仕事に活かすとともに、まわりの人に、少しでも伝えていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.08

会議に参加して

 私が事務局を務めさせていいただいている会議に参加した。そこでは、各委員の方々が、活発に意見を出してくださる。真剣に考えていただいていることがよくわかる。こちらが提案したことに対して、具体的に、代案を出してくださるので、とてもわかりやすい。ありがたいことだと思うし、そのような方々と一緒にお仕事をさせていただくことに感謝の気持ちでいっぱいだ。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.07

パブリックコメント

 教育の情報化に関する予算が、今後、全くつかないかも知れないという危機に陥っている。そのためには、私たちが、声を上げて、子どもたちのために、ぜひとも予算化を要望しなければならない。自分の熱い思いを政府にぶつけて欲しいと思う。詳しい内容や要望のためのリンクは、堀田先生のブログに書かれているので、ぜひ見ていただきたい。堀田先生のブログはこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.06

夕日がきれいだ

 夕暮れ時に、外へ出る機会があった。西の空をふと見ると、きれいな夕焼けが広がっていた。その美しさに、少しの間、みとれてしまっていた。日中は、気温が上がり、秋らしいとは言えないけれど、朝夕は、気持ちの良い日が続いている。きれいな夕日を見て、良い気分になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.05

短い時間で集中して

 今週から、中学校の部活動が短くなっている。日暮れが早くなったからだ。短くなった分、練習の内容を考え、集中してやれるようにした。一つ一つの動きが、ハードになったが、長く練習していたときと同じぐらい動いていると思う。
 揖龍大会が終わり、子どもたちは、次の大会に向けて目標を切り替えている。いいことだと思う。目標を設定し、それに向かって、今、何をすればよいのかはっきりとさせる。そうすることで、練習に対しての取り組む姿勢が違ってくると思う。私も子どもたちの目標が達成できるように、すべきことを重ねていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.04

カウンセリングの研修会

 ある研修会で、カウンセリングについて学ぶ機会があった。カウンセリングには、「受容的」、「傾聴的」、「共感的」という基本がある。しかし、これが難しい。その人を受け入れて、耳を傾け、相手の気持ちを理解しようとするのだけれど、まだまだ人間的に成熟できていない私にとって、至難の業なのだ。しかし、そのような訓練はできそうだ。例えば、自分のまわりにいる人の話を聞くときに、そのことを意識するのだ。いつもしようと思わないで、まずは、身近な人の時に、試してみようと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.03

大成中へ

 今日は、道場が休みだったので、息子が、中先生に教えていただくために、大成中へ行った。残念ながら、私は仕事で行くことができなかったけれど・・・。以前にも書いたけれど、中先生には、私が若い頃から大変お世話になっていて、尊敬する先生のお一人だ。我が子が、その先生に指導を受けるのは、本当にうれしいし、中先生も息子のことをかわいがって下さる。ありがたいことだ。今日は、構え方や面の打ち方、素振りの仕方などを教えていただいたようだ。中先生、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.02

中学校剣道揖龍新人戦

 新チームになって、初めての大会である新人戦が、御津中学校で行われた。3年生が引退し、2年生中心のチームで初めて戦うだけに、どのチームも意気込みがあった。私は、御津中学校の子どもに、週に1回程度、携わっていたので、子どもたちの応援と、審判のお手伝いも兼ねて、大会に参加させていただいた。御津中の子どもたちは、「この大会で優勝する」という目標を掲げていた。それだけに、朝からの気合いが違っていた。私も、何とか、いい結果がで出てくれればと、技術的なアドバイスよりも、精神的なアドバイスを何度となく行った。自分の本来持っている力を出し切ってほしかったからだ。
 試合は、午前中、個人戦から始まった。個人戦に出ていた3人は、気持ち的にも充実していて、自分から、思い切って攻めることができていた。この夏に取り組んできた成果が良く出ていたように思う。その結果として、そのうちの一人が見事に優勝、残りの2人もベスト8とよくがんばった。
 午後からは、団体戦だった。1回戦がシード、2回戦は、全勝で勝ち上がり、決勝の相手は、強豪の中学校だった。その試合で、5人が気持ちを1つにし、強い相手に向かっていった。友の力を信じて、最後まで勝利を諦めなかった。そして、見事、優勝を勝ちとった。本当に、素晴らしい勝利だった。御津中学校、優勝おめでとう。次の目標に向かって、がんばっていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.01

出会いが人を変える

 今までに、たくさんの人との出会いがあったが、この人と会ったおかげで、自分の人生が大きく変わった方が、何人かいる。その中で、自分の生き方にものすごく影響を与えて下さったのが、やっぱり、堀田先生だ。情報教育の勉強をしたいと思って、堀田研究室のドアをたたいたのだが、入ってみると、情報教育だけではなく、人として、どうすればよいのかと言うことを教えて下さった。今日、そのことを他の人に話をしたら、羨ましいというようなことを言われた。これからも、いただいた言葉の一つ一つを大事にして、生きていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »