« 睡眠 | トップページ | 横の繋がり »

2010.08.07

稽古

 剣道をすることを稽古(けいこ)すると言う。「稽」という字は、「調べる、考える」という意味を持つ。つまり、「稽古」とは、「古い事柄を調べたり、考えたりすること」になる。剣道で言うと、昔、剣の道をきわめた人の教えを調べたり、考えたりすることになると思う。確かに剣道では、先人の教えを「剣の理法」として、まとめ、それを身につけるために稽古をしているのである。そのことは、生き方にもつながっている。剣道の稽古を通して、学ぶことは多い。自分の至らないところを戒め、自分の目標を見つけ出して前向きに取り組んでいけるのである。これからも、先人の教えを考えながら、稽古に励んでいきたい。

|

« 睡眠 | トップページ | 横の繋がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/49086506

この記事へのトラックバック一覧です: 稽古:

« 睡眠 | トップページ | 横の繋がり »