« ちょっとした工夫 | トップページ | 今度の上京で »

2010.06.06

兵庫県高等学校総合体育大会剣道大会

 高等学校の剣道の試合を何度か見に行ったことがあったが、今日は、子どもの最後の県大会だったので、県立武道館へ行った。ここ最近、子どもの剣道に対する気持ちが高まっているのがわかっていたので、きっと良い試合をするのではという気がしていた。
 1回戦、慎重すぎて動きが悪かった。技が中途半端でなかなか一本が決まらない。思い切って勝負すればいいのにと思っていたが、延長になって跳びこんだ面が見事に決まった。次は、いよいよシード選手。優勝候補の1人が相手だ。思い切って自分の剣道をすればよいと思っていたが、その通りの剣道をしていた。自分の得意技も何度も出していたし、攻めも負けていなかった。長い間、延長戦を戦い、最後に面返し胴を打たれて敗れた。子どもの高校剣道生活が終わった瞬間だった。
 試合後、泣きながら試合を振り返っている子どもを見て、悔しいけれど満足していることがわかった。剣道は、子どもにとてつもない素晴らしい思い出をプレゼントしてくれた。これからも、子どもは剣道を続けていくだろう。子どもに素晴らしいプレゼントをくれた剣道に感謝し、私もできるだけ長く剣道を続けていきたい。

|

« ちょっとした工夫 | トップページ | 今度の上京で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/48561520

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県高等学校総合体育大会剣道大会:

« ちょっとした工夫 | トップページ | 今度の上京で »