« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.30

ナマズの会

 10年以上前に御津小学校で一緒に勤めた仲間が集う会を年に2回、ずっと続けている。そのときにお世話になった方々とお会いできるのは、私にとって大切な時間だ。人としてどう生きるかを再確認できる。その中で、ナマズの会の主役である島津先生の「3割の子どもをこちらに向かせる先生は、プロ野球で言えば首位打者に値する」とおっしゃって下さった。深いお話だ。真から私の方を向いていてくれていた子どもは、何人いただろうか。子どもに確かめたことはないけれど、首位打者にはなりきれていなかったと思う。そういう意味で、私は、まだまだ努力できる部分がたくさんあると言うことだ。やる気をもらった一時だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.29

剣道とタケノコ掘り

 中学校へ剣道の指導に行った。この前の試合で、弱気な様子が見えたので、今日は、自分の弱い気持ちに打ち勝つような稽古をさせた。特に、私と1対1でおこなう地稽古では、いつもより激しくやった。泣きそうな様子の子もいたけれど、どの子も最後までがんばり通していた。よくがんばったと思う。
 その後、いつもお世話になっている方が今年もタケノコを掘りにおいでと誘って下さった。今年は雨の日が多いので、タケノコもたくさん出ていた。1時間で袋がいっぱいになった。家に帰って皮をむいてさっそくゆでた。時間をかけてゆっくりとゆでるとやわらかくておいしいタケノコになる。旬の食べ物はやっぱりおいしい。タケノコの料理がしばらく楽しめそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.28

誕生

 3月4月に、私の周りの方が5人もパパ、ママになった。少子化問題が深刻化している中、赤ちゃんが次々と誕生しているのは、うれしいことだ。電話やメールで話をすると、パパがメロメロなのがよくわかる。自分も娘ができたときはそうだったなあと振り返る。かわいい子どもたちのために仕事が出来ることをあらためて幸せに思うし、これからもがんばっていこうと強く思った。こつこつ地道な取組を続けていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.27

銀行の方の対応

 用事があって網干の兵庫信用金庫に行った。今回の手続きがすこしややこしいものだったので、どうなるかなと心配していた。順番を待って窓口へ行くと、銀行の方が、とてもわかりやすく丁寧に説明して下さった。その上、終始笑顔なのだ。こちらのペースに合わして、何気ないお話をして下さりながら、手続きを進めて下さった。なんと気持ちの良い銀行員の方なのだろうと思った。笑顔はまわりの人の気持ちをやわらかくさせるというのは本当だなあと思いながら、自分自分の普段の態度も振り返ることができた。窓口で対応下さった銀行員さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.26

自転車が気持ちいい

 今日、姫路の町中を自転車で走った。子どもが休み中、自転車が必要で、姫路へ持って行っていたのを取りに行ったときに、少しだけ乗ってみたのだ。普段は、姫路の町中を歩いて移動するのだが、今日は自転車で走ることができて、なんか気分が良かった。今度は、時間があるときに、自宅から姫路まで自転車で行ってみたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.25

カーテン

 改築された部屋のカーテンを新しくした。カーテンをつけるだけでこんなにも部屋の雰囲気が変わるとは思っても見なかった。部屋全体が明るくなって、気分も前向きになれる。良い感じのカーテンがついて、うれしい。これで、今まで以上にプラス思考で過ごせそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.24

堂丸康一君の結婚パーティー

Dvc00041尼崎での教え子が結婚した。堂丸君は、絵に描いたような「やさしくて力持ち」タイプの人間で、そのせいだろうかあたたかい友達が多い。その友達が堂丸君のために結婚パーティーを企画してくれたのだ。手作り感いっぱいのあたたかいパーティーだったので、心がほっこりとした気分になった。
 中学校の時は、大成中学校の大将で、勝負どころでは力を存分に発揮していた。しかも、剣道は中学校から始めたのだからたいしたものだ。高校でも剣道を続け活躍していた。
 相手の女性もやさしい彼にぴったりの素敵な女性だった。見ていて、まわりの人を大切にされる方だなあと感じた。お二人で作る家庭は、きっと温かくてソフトな家庭になるのではないかなと思う。末永くお幸せに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.04.23

もなか

 もなかはそんなに好きな方ではない。それは、あんこが甘すぎることが多いからだ。しかし、今日食べたもなかは、甘さ控えめで後に残らなかった。そのもなかは、明石の分大という老舗に売っていて、明石や神戸では有名なお店の和菓子だ。人にいただいて食べたのだが、こんなおいしいお菓子なので今度買いに行こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.22

「力をつける授業」成功の原則

 この前、上京したときに誕生日に近かったので、ご厚意で著者の佐藤正寿先生からいただいた本である。佐藤先生は、現在岩手県軽米町笹渡小学校の副校長先生だ。授業名人として全国の多くの先生が尊敬している方でもある。
 教師であれば、誰もが授業の上手な先生になりたいと思う。私もそのように思いながら授業に取り組んできたが、きちんとした方法で勉強してこなかったので、未だに授業の上手な教師になりきれていない。しかし、佐藤先生は、長年、教材研究、発問、指示、板書、授業スタイルなど、大切な事柄を細かく分けて、一つ一つ丁寧に取り組んでこられてきた。この本は、そんな佐藤先生がこだわってこられた授業のエッセンスが詰め込まれた本である。先生は、この本の中で授業とは「教えたい内容を、工夫した方法で指導し、子どもたちに力をつける場」であるとおっしゃっている。ご自分が授業に対してさまざまな工夫をされてきたからおっしゃることができる言葉だと思った。この本を読んで少しでも自分の授業技術が向上できるように、できるところを真似していきたい。教師の方は、ぜひお読み下さい。
「力をつける授業」成功の原則(ひまわり社)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.04.21

剣道の稽古に

 昨日、仕事が休みだったので、中学校へ剣道の稽古に行った。この4月から顧問の先生が新しく着任され、熱心に指導して下さっている。特に力を入れて下さっているのが、あいさつや返事、掃除などだ。これは、人としてとても大事なことだと思う。剣道の技術的なことと同時に心も磨いてほしいと願っていただけに、そのような部分で鍛えて下さることをうれしく思った。これからも、休みの日には、中学校の道場へできるだけ行こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.20

大工さんありがとう。

 家の改修工事もほぼ終了した。家は見違えるほどきれいになって快適になった。特に居間とキッチンがひとつになり、広くて使いやすくなった。まだまだ片付けはこれからだけど、気持ちにも張りが出てきて毎日が充実している。
 今日は、お世話になった大工さんたちをお誘いしてささやかなお疲れ様会をした。大工さんも満足できる仕事が終わり、とても喜んで下さった。自分たちの住む家をきれいに直していただき感謝している。もう少しお世話になるのだが、ひとまずお礼を申し上げた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.19

イトーヨーカドー

 最近、よく買い物へ行くが、今日はイトーヨーカドーへ仕事帰りに寄った。それにしても、姫路南部には、郊外型スーパーが乱立している。イトーヨーカドー意外に、イオン大津店とリバーシティがあって、どれも大きな駐車場を持っている。その中で、イトーヨーカドーは、ちょっとしたものを購入するのに便利なのだ。大きすぎると商品を探すだけで疲れてしまう。それぞれ、目的によって行く店を決めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.18

ニトリ

 部屋を新しくしたので、電話代も新調しようと思って「ニトリ」へ行った。たくさんの種類があって、迷ったけれど値段も大きさもお手頃のものがあったので、それを購入した。購入方法は、自分のほしい品物のカードをサービスカウンターに持って行って登録手続きのようなものを行い配達日を決める。そして、最終的にレジに行って支払いをする。サービスカウンターには、たくさんのコンピュータが並んでいて、それで店の人は、商品の有無や配達日を確認していた。以前と比べると買い物の手続きもずいぶん変わったものだと思った。世の中は確実に変わっている。学校の中も変わらなければいけないと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.17

静岡から

 小学校からの友人で、今、仕事の関係で静岡に住んでいるH君が法事で帰ってきている。久しぶりに電話をくれて、一緒に飲みに行った。H君とは、小、中と一緒にいろんなことをした仲だ。高校、大学と違うかったけれど、近所だったこともあり、ずっと友人関係が続いている。彼は、誰とでも友達になれるという特技があるので、どこへ行ってもうまくやっているようだ。いずれは、関西に帰ってくるつもりのようだ。帰ってくることを楽しみにしながら、これからも付き合っていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.16

寒い

 昨日から気温が低いのか冬に戻ったように寒い。寒いときは、味噌汁があったまっておいしい。今日は、朝と昼に味噌汁を飲んだ。そして、夜はお酒であたたまった。この時期にこんなに寒くなるのはめずらしいことだ。もう少し早く寒くなっていれば桜の時期が長くなっていたかもしれないなあと思いながら、やっぱり春は暖かい方がいい。早く本当の春が来てほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.15

松井に対するヤンキースファンの態度

 今シーズンから、野球の松井秀喜選手がニューヨーク・ヤンキースからロサンゼルス・エンゼルスに移籍した。松井選手は、7年間もヤンキースに在籍していた。その間、チームに対して数多くの貢献をし、昨シーズンのワールドシリーズでは、MVPに輝いたのだ。そんな松井選手をヤンキースファンは、あたたかい声援で迎えたらしい。しかも、松井の第1打席では、拍手がしばらく鳴り止まなかったようだ。昔の親友を大切にするようなそのようなヤンキースファンの態度を聞いて、胸が熱くなった。私もそのような心をいつまでも持ち続けられるような人でありたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.14

情報研コア会議

 コアメンバーで本年度の計画をたてた。大きな柱が2つ。一つは教育の情報化である。日本社会はすでに情報化されているのに、教育の世界ではなかなか進んでいない。授業改善や校務などで今後情報化されるようになってくると予想される。もう一つは、教科の授業でのICT活用である。機械を使っていればICT活用はOKであるという風潮があるように思う。本当にそれで良いのだろうか。本来、ICTは、活用することで授業改善が図られなければならない。つまり、授業の中身がまず大切であって、その中身を良くするためにICTをどのように活用すればよいのか考えなければならないと思う。機械ありきではなく中身ありきだ。そのようなICT活用を推進していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.13

家の片付け

 家を改築しているが、何とかめどがついてきた。改築だけれど、中は新築みたいで気持ちが良い。荷物はほとんど片付いていないけれど(涙)。今日は、そのために、部屋を片付けたり、買い物に走ったりした。それにしても、今回思い切って改築に踏み切って良かった。今まで何一つ家のことをしていなかっただけに、この改築でたくさんのことがわかった。これから、もう少し家のことにも目を向けて、仕事とうまく両立できるようにしていきたい(反省)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.12

続子どもへのまなざし

 以前にご紹介した佐々木正美先生の続編である。反響が大きかったようで、読者のお便りに答える形で、本が構成されている。その中で印象に残っているのが自閉症の部分だ。自閉症傾向の子どもを担任したことがあるので、うなずきながら読み進めていった。一つのことしかできにくくて、自分なりのこだわりがあって、それをしているときは、なかなか切り替えができにくかった。しかし、保護者の方が子どもを本当に温かく見守っているように、接しておられたので、子どもはたった1年間でぐんと成長したように思う。大人の愛が子どもを成長させるのだと強く実感した事柄だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.11

休みの日にも仕事

 今の仕事は、土日に仕事であることが多い。しかし、1年も経つの慣れてきて、普通に仕事が出来るようになった。休みの日は来館者がたくさんあるので、気を遣うことも多いが、外部からの電話が少ないので、思ったよりも仕事がはかどることが多い。今日も思ったよりもたくさんの事柄が片付いた。といっても年度初めは仕事が終わることがない。次々のやることが出てくる(ない方が怖いけれど)。今日は、早く進んだ分の時間を使って、段取りよく仕事が出来るように長期計画をたててみた。隙間がない日々を送りそうで、ぞっとした。集中力を高め、仕事の優先順位をつけて粛々と進めていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.10

ついている

 詳しいことは言えないけれど、人間って不思議だなあと思うことがある。それは、ついていると思うとそれがくりかえされることがある。今日、私は、3回連続でラッキーなことがあった。小さなことでもついていると思うと気持ちが前向きになるのだろうか。それとも、神様がつきをくれているのだろうか。とにかくついているということは、うれしいことだ。明日も何か良いことがあるように思えてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.09

教え子がミスたつのになった

 小学校で教えた子が、ミスたつのになったと連絡があった。小さい頃から美人でスタイルも良かったし、何よりも笑顔がよく似合う子だった。連絡を聞いて素直に嬉しいと思った。これから1年間、たつの市の顔としていろんな所で活躍することと思う。大変だけれどやりがいのある立場だと思うので、体に気をつけて仕事とミスたつのとを両立してほしいと思う。がんばって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.08

花見2

 先輩のK先生が突然、「花見をするから姫路城へ集合!」と電話がかかってきた。突然の電話はいつものことなので慣れているが、花見の用意をしていなかったので、薄着のまま夜の姫路城に向かった。こんなときは、熱燗に限ると思っていたら、後輩のKI先生が買ってきてくれた。やっぱり熱燗はうまい。姫路城は、もうすぐ大修理に入るので、しばらく見ることができない。なので、いつもよりもじっくりとお城と桜をみながら。お酒を楽しんだ。今日集まったのは、K先生の友人ばかり。初めて会う人もいたが、みんな気さくな方々で楽しく過ごすことができた。ちょっぴり飲み過ぎた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.07

息子の入学式

 息子の中学校の入学式に出席した。体も随分大きくなり、中学校の制服を着るといっぺんに大人に近づいたような感じがした。子どもが大きくなるというのは、本当に早いなあと感じる。この前までかわいい感じで子どもっぽい姿だったのにと思ってしまう。また、このように成長してくれたことをありがたいなあと思う。
 娘も息子も大きくなり、自分の夢を追い求めてがんばっている。親は、そのがんばっている子どもを応援することしかできない。子どもにこうなってほしいと思うけれど、それを押しつけてはいけないと思っているし押しつけるつもりもない。少しくらい失敗しても良い。自分がしたいと思ったことを目指せばいいと思う。とにかく、子どもの話をよく聞いてこれからも応援していこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.06

大きなことにこだわりすぎて

 自分の理想を高く持つことは大切だ。例えば、「日本の子どもたちに力をつけたい。」ということは、教師であれば誰もが思っていることだ。しかし、「じゃあ具体的にどんなことをするのか?」ということもきちんと考えておかなければ、絵に描いた餅になってしまう。具体的に考えるときは、できるだけ細かくわかりやすく考えなければならない。どんな子どもたちに、いつ、どんな環境で、どういう力を、どのようにして身につけさせるかという目標が大切になってくる。そして、どうして、そのようなことが必要なのかという理由も重要になってくるだろう。具体的な目標を見失わずに子どもたちの前に立ち続ける教師でありたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.05

花粉症

 今年はないと思っていた花粉症の被害。ところが昨日突然やってきた。それも強烈。鼻はとまらないし、くしゃみは出るし最悪だ。頭は痛くなるし集中力もなくて全く仕事にならない。そんなときに限って大切な仕事が舞い込んでくる。私の様子を見た先輩方がフォローにまわって下さった。ありがたいことだ。花粉症になってテンションが下がったが、あたたかい気持ちをいただいて、テンションが上昇。最後は仕事を何とか終えて帰宅できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.04

花見

 今年は、ゆっくりと桜が咲いているように感じる。近くの桜は、まだ満開ではないけれど、きれいに咲いている。その桜につられてお昼ご飯を持って出かけた。外での食事はやっぱり気持ちが良い。きれいな花の下で食べると食事もおいしく感じる。ほんの一時だったけれど、ゆっくりとする時間がとれて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.03

IH用の調理器具

 知らないことは恐ろしい。台所のレンジをIHにしたのだが、今まで使っていたナベやフライパンが使えないらしい。そんなことも知らずに変更したの?と言われそうだけれど、知らなかったのだ。でも、すべてが使えないのではなくて、基本的に鉄製の底が平らなものであれば使えるらしい。そこで、使えるものを選別し、足りないものを買い足した。新しいレンジは、やっぱりわくわくするなあ。使うのが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.02

仲間の異動

 教育の情報化を研究する仲間が全国にいるが、その中で今年も勤めながら大学院で学ぼうとしている人が数人いる。中には行政の立場で仕事をされながら学ばれている方もおられる。本当に頭の下がる思いだ。どんな状況であっても学ぼうとする姿勢は尊いと思う。日頃の忙しさにそういう思いが埋没しそうになりがちなので、自分の生活を見直し、勉強する時間をもう一度確保するようにしたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.01

行政職2年目がスタート

 やっと1年が経ったという感じがする。わからないことが多くて戸惑いながらの仕事だったけれど、周りに支えていただいたお陰で、1年間無事に終えることができた。今日から2年がスタートした。新しい仕事を任せられ、わくわくする気持ちと不安が入り交じった気持ちでいる。しかし、不安に思っていても仕方ない。前向きな気持ちで確実に仕事を進めていきたいと思う。本年度もがんばりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »