« 尼崎へ | トップページ | シルバーウィーク »

2009.09.18

日本の資源

 日本にある資源。それは,皆さんもよくご存じのように人材である。私たち日本人の祖先は,人を育てる能力に秀でていた。だから,世界でも有数の経済大国となり豊かな国となっていった。人を育てていたのは,主に家庭と地域であった。「子は宝」という文化があり,家庭や地域の中で大切に育てられ,学校もその地域の中から生まれてきたのだ。その文化が崩れつつある。皮肉にも豊かになった結果,家庭や地域の教育力が低下していったのだ。
 私たちができることは,今までに日本人が蓄積してきた子育てのノウハウをわかりやすく整理し,次の時代へと伝えていくことだと思う。大人が力を合わせればできないことはない。教師時代に私が子どもたちに団結することの大切さを伝えてきた。今こそ大人が団結した姿を子どもに見せなければならないときだと思う。

|

« 尼崎へ | トップページ | シルバーウィーク »

コメント

 いつも先生のお話を楽しみに読ませていただいています。
 子育てがこの世で一番大切な仕事だと考えると子育てを疎かには出来ない。まず、感謝の心を持ちたい。恵みを受けた相手に感謝するだけでなく、一呼吸おいて、深く感謝する心を持ちたい。そして、人の痛みの分かる人になならなければいけないと思う。また賢くなればなるほど謙虚になれる人でありたい。諺にもあるように「実るほど頭を垂れる稲穂かなである。蓮の花のように汚泥の中で根を下ろしても綺麗な花を咲かせられる人となって今の時代を乗り切れる子供に育てていきたい。また自分もそんな人になりたい。              シルバーウィークが始まっているが、お彼岸でもある。まずはお墓参りに行きたいと思う。

投稿: まさみ | 2009.09.20 22:06

「感謝の気持ちを持つ。」「いつも謙虚な気持ちでいる。」って大事なことだと思います。自分の目標です。

投稿: きよちゃん | 2009.09.21 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/46255455

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の資源:

« 尼崎へ | トップページ | シルバーウィーク »