« パンク寸前 | トップページ | 1分間の大切さ »

2009.09.29

高菜寿司

 お寿司と言うよりおにぎりだ。めはりずしとも言うらしい。昔から祖母や母が良く作ってくれた。これは,その祖母や母のふるさとの味でもある。三重県熊野地方では,山の仕事をする人がお弁当として持っていっていたのがはじまりで,どの家庭でも食べられていたようだ。とにかく,あっさりとしていて口当たりがよい。高菜でおにぎりを包むので,きざんだものはだめなのだ。このあたりでは,ほとんどがきざんでいるので,最近はなかなか食べることができなかった。今日,久しぶりに食べて懐かしくおいしくよばれた。ふるさとの味はやっぱりいいなあ。

|

« パンク寸前 | トップページ | 1分間の大切さ »

コメント

ふるさとの味って良いですね。delicious主人にも私には真似できないおふくろの味がある様です。嬉しそうに作っている義母を見てると私まで嬉しく思います。また、我が家には義母からの秘伝の料理があります。嫁として認めて頂いたのかなと思える瞬間でした。当たり前の事がごく普通に「ありがたい」と思えるように心がけたいです。happy01

投稿: まさみ | 2009.10.01 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/46357713

この記事へのトラックバック一覧です: 高菜寿司:

« パンク寸前 | トップページ | 1分間の大切さ »