« 社会科の難しい所 | トップページ | 第15回揖龍教育工学研究会 »

2009.03.05

好きこそものの上手なれ

 何かをやるときにそのことが好きだと思えるとうまくなると言うことだが,私のクラスで言うとそれが社会科になる。26人の子どもがいて社会科が好きだという子が20人以上いる。当然,社会科の平均点も高い。これは,歴史好きの私にとってとても嬉しいことだ。子どもと話をしていても社会に関する話題がたくさん出てくるのである。社会に関心があるということは,社会性のある人間を育てるという意味でも大事なことだと思う。せっかく好きになった教科である。これからもその力を伸ばしてほしいと思う。

|

« 社会科の難しい所 | トップページ | 第15回揖龍教育工学研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/44266234

この記事へのトラックバック一覧です: 好きこそものの上手なれ:

« 社会科の難しい所 | トップページ | 第15回揖龍教育工学研究会 »