« 平成21年昇龍旗争奪全国選抜少年剣道大会3日目 | トップページ | チェックする »

2009.01.13

「星野富弘 雨」の授業

 今日の道徳の時間に「雨 星野富弘」の教材を使って授業を行った,星野富弘さんと言えば,ご存じのように,口に筆をくわえて文や絵をかかれている方である。元々,中学校の先生だったが,部活指導中に,首の骨を折って,手足が不自由になられた。「雨」という作品は,そんな星野さんが,車いすで移動しているときに出会った女の子の話である。その女の子が星野さんのことを心配してついてきてくれたこと。それがうれしくて,星野さんが「ありがとう」とお礼を言ったこと。女の子は,それを聞いて帰って行ったことなどが,絵とともにかかれている。星野さんの生き方に触れるとともに,その女の子の優しい気持ちを感じとる授業になっている。今日の授業では,子どもたちの優しい言葉がたくさん出ていた。この子たちは,このまま素直に育ってくれると,きっと優しい子どもになってくれるだろうと思った。

|

« 平成21年昇龍旗争奪全国選抜少年剣道大会3日目 | トップページ | チェックする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/43733650

この記事へのトラックバック一覧です: 「星野富弘 雨」の授業:

« 平成21年昇龍旗争奪全国選抜少年剣道大会3日目 | トップページ | チェックする »