« 価値ある出会いが教師を変える | トップページ | あけましておめでとうございます »

2008.12.31

2008年を振り返る

 1月にたてた目標をもとにこの1年間の反省をしたいと思う。

①誰がしても通用するような教育技術を身につけ,少しでも子どもたちの力を伸ばす。
→佐藤先生@岩手や塩谷先生@静岡のように,名人の領域には達していないが,スモールステップを意識することができた。
②個別指導と一斉指導のめりはりをつける。
→個別指導が基本であると言うことを,ある本から学んだ。区別はしていたが,個別指導に対してのこだわりがまだまだ,足りないように思った。
③ICT活用をさらに推し進める。
→今年は,自分の学校だけではなく,市内や西播地区でも講師を務める機会をいただいた。気軽で簡単,しかも学力向上を意識したICT活用を今後も推進していきたい。
④揖龍教育工学研究会を継続し,地区内にもICT活用を推し進める。
→今年は,研究会で夏のセミナー持つことができた。ICT活用は,思うように進んでいない。格差が広がっているので,全体の底上げをしたいと思っている。
⑤チエルセミナーや情報テキスト指導法開発プロジェクトなど,参加しているプロジェクトを成功させる。
→プロジェクトに対しては,今持っていることを全力で取り組んだ。しかし,他のプロジェクトメンバーのすごさに圧倒されることが多かった。まだまだ力不足だ。
⑥学会発表,セミナー発表に向けて,特に論文関係の読書量を増やす。
→学会発表は,今年もできなかった。でも,論文関係の読書量は増えた。
⑦無理のない程度で剣道の稽古やバレーの練習を継続させる。道場の30周年大会を成功させる。
→剣道の稽古やバレーの練習に行く時間は激減。しかし,道場の30周年大会は,大成功で終わることができた。チームの成績も向上した。
⑧家族の役割を明確にしてそれをこなしていく。
→昨年と比べて早く帰ることができた。ある意味果たすことができたと思うが,出ることが増えたので,迷惑もかけた。
⑨高校の同窓会を成功させる。
→8月16日(土)にホテル日航姫路で行うことができた。180名というすごい人数が集まり,盛大に同窓会が開催できた。大成功だった。
⑩見通しを持ち,早め早めに段取りをして仕事を行う。
→う~ん。できていなかったことが多かった。油断するとすぐに追いつめられてしまっていた。油断しないことを来年の目標にしたい。

総括:今年は,昨年以上に,人の前で話させていただく機会が多かった。県外だけではなく地域での機会が増えたように思う。責任の重さを感じた1年だった。大きな山が夏にたくさんあった。剣道の30周年大会,チエルの沖縄セミナー,剣道の全国大会,高校の同窓会,情報研でのセミナーと盛りだくさんだった。自分の限界を超える取り組みだったが,なんとか終えることができて,大きな自信になった。来年も攻めの気持ちを忘れずに,前向きに取り組んでいきたい。

|

« 価値ある出会いが教師を変える | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/43592051

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年を振り返る:

« 価値ある出会いが教師を変える | トップページ | あけましておめでとうございます »