« 大地をさぐる | トップページ | 胴 »

2008.11.14

国語のネタ

 伊曽保物語という読み物が江戸時代にあった。この中身がよく知られている「イソップ物語」にそっくりなのである。それもそのはず。伊曽保物語もルーツは,イソップ物語なのである。それら二つの物語を読み比べると,授業になると思う。この授業では,古典に楽しみながら触れるという利点がある。また,イソップ物語は,教訓的な話がほとんどなので,子どもたちの心の教育にもなる。中学生あたりが良いと思われるが,機会があれば小学校でもやってみたい取り組みだ。

|

« 大地をさぐる | トップページ | 胴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/43123061

この記事へのトラックバック一覧です: 国語のネタ:

« 大地をさぐる | トップページ | 胴 »