« 詩の書き方 | トップページ | お世話になった人と »

2008.11.19

剣道の構えと打ち方

 グローリーで久しぶりに両川端先生にご指導いただいた。今日,思ったことは,やっぱり我流はダメだと言うことだ。ご指導いただける機会があることを本当に感謝する気持ちになる。今日,ご指導していただいたことは,構えの時に,自然な形で上から竹刀を握り,変なところに力を入れないと言うことと,斜めから打っていかないと言うことである。この二つは,わかっているつもりで意識しているつもりであった。しかし,「つもり」なのである。ある意味この「つもり」というのは恐ろしい。自分では,できていると錯覚しているのだから・・・。もしも,アドバイスがなかったら,間違ったままなのである。このことは,剣道だけではなくいろんなことに当てはまると思う。自分が少しでも高まっていけるように,指導を受けられる場にこれからも参加していきたいと思う。

|

« 詩の書き方 | トップページ | お世話になった人と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/43169411

この記事へのトラックバック一覧です: 剣道の構えと打ち方:

« 詩の書き方 | トップページ | お世話になった人と »