« 国語のネタ | トップページ | たつの市新宮剣道錬成大会 »

2008.11.15

 剣道の技は面からというのが通常であるが,胴打ちから教える中学校の先生がおられた。その学校の子どもたちは,中学校から剣道を始める子が多くて,経験者に勝つためには,同じ事をしても勝てないと胴打ちを教えておられたようだ。逆から物事を見るという姿勢を見習いたいと思った。今,子どもに胴打ちを教えているが,なかなかうまくいかない。けれども,面打ちを持ちながら胴が打てれば,さらに強くなると思う。いろんな技をおぼえることで剣道のおもしろさを知ることとなるだろう。時間がかかってもていねいに教えていこうと思った。

|

« 国語のネタ | トップページ | たつの市新宮剣道錬成大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/43125647

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 国語のネタ | トップページ | たつの市新宮剣道錬成大会 »