« 同僚と | トップページ | 県スポーツ少年団剣道交流大会 »

2008.09.13

本を読む

 今までに読書してこなかったことを後悔している。そのために、できるだけ読書の時間を増やそうと努力している。最近読んだ本に、「教えて考えさせる授業」を創る」市川伸一著がある。今回の学習指導要領改訂でも強く打ち出されている基礎基本の習得についての提言が書かれてある。教えるべきことをきちんと教えていこうということである。当たり前のことだが、小学校の教師は、「自発的に学ぶ」という言葉によって、教えることを躊躇していたと思う。教えるべきことは、教えた上で自発的に学ぶ子を育てることが大切だと思った。そのために、わかりやすい授業を展開することが求められている。その部分でICTも活躍するはずだ。火曜日から、授業の設計を少し変え、何を教え、何を考えさせるのかを明確にした授業を心がけたいと思っている。

|

« 同僚と | トップページ | 県スポーツ少年団剣道交流大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/42490673

この記事へのトラックバック一覧です: 本を読む:

« 同僚と | トップページ | 県スポーツ少年団剣道交流大会 »