« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008.08.31

今年の夏休みを振り返る2

 夏休みも今日で終わる。明日から2学期が始まる。昨日も振り返ったが、今回は、オリンピックについて思うことを書きたいと思う。今回のオリンピックでも感動するシーンがいくつかあった。その中で、特に感動したのは2つ。一つは、女子ソフトボール。悲願に向けて取り組む姿勢は、見習う点が多いと思う。もう一つは、男子400mリレー。朝原というおじさんががんばっていたことに、拍手を送りたいし、年をとっても、努力する大切さは、同じだと感じた。刺激を受けたオリンピックでのがんばりに負けないように、明日からの教育を充実させていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.30

今年の夏休みを振り返る

 明後日で夏休みが終わる。そこで、今年の夏休みを振り返ってみたいと思う。
 仕事関係でいうと、セミナーや研修会で、この夏に何回も登壇する機会を頂いた。今までで一番多っかたと思う。これは、本当にありがたいことだ。登壇すると言うことは、話をする内容を整理し、編集して話をする。かなり頭を使うし、何よりも表現するときに、いろんな力を働かせている。まだまだ、学ぶべきところは、たくさんあるけれど、こういう機会があればどんどん挑戦していきたい。下手なうちは、数をこなすことで力がついてくると信じている。
 剣道で言うと、子どもの全国大会に行けたことと、合宿をおこなったこと。全国大会は、初めての出場で、賞状やメダルをもらって帰ることができた。武道館で、試合ができたことは、一生の思い出になると思う。その上に、結果もでたのだから、言うこと無しだった。しかし、自分の稽古ができなかったことが残念だった。今年の夏は、本当に時間がなかった。
 プライベートでいうと、なんといっても同窓会と甲子園だ。同窓会は、卒業以来初めてだった。学年一同で集まるとすごく盛大な会になった。ほとんど食事もせずに、みんなおしゃべりをしていたのが、印象に残っている。幹事をしていたので、終わった後は達成感があった。今度は、いつできるだろうか。でも、ぜひやりたいと思う。甲子園は、タイガースの応援に家族で行った。前回行ったときには、惜しくも負けてしまった。しかし、今回は、見事にサヨナラ勝ち。良い気持ちで帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.29

2学期の準備

 来週の月曜日から2学期がスタートする。長い夏休みの間に、大きく成長している子もいると思うので、そういうことを想像しながら準備をした。6年生にとっては、2学期も忙しい毎日になるが、行事を乗り越える度に、成長する姿を見るのは、とても楽しいことだ。2学期もその成長を支えながら、良い方向に導いていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.28

教育研修所2日目

 2日目の午前中は、昨日と同じように事例演習。午後から、明石市の校長先生のご講演。心に残るお話しがたくさんあったが、その中の主なものを書き留めたいと思う。

1.教師に期待すること→ 教師力の向上へ
 (1)授業力の向上
 (2)職員の組織力

2.困難な時代だからこそ人間関係を
 (1)変化する環境
   パラダイムシフト 枠組み、価値観、固定観念の転換
   「教」から「育」へ
   川下から川上へ
 (2)接遇について
  直接顧客と接する企業では、接遇からCSへ変わってきている
  CS=Customer Satisfaction(市民満足サービス)
  客を満足させる→サービスする側が主体
    ↓
  客が満足する(どうすれば満足に近づけられるか)
  
3.職場の人間関係を   →魅力ある教師へ 学校力の向上へ
(1)また会いたくなる人
 ・明るい人
 ・「相手の立場に立てる人」「他人の痛みの分かる人」
 ・「どんな私だったら、人は自分と共に働くことを喜ぶか」
(2)素敵な先生とは
  「分かってくれる先生」
  理想を語る先生で

4.仕事の能率を高めるためのマナー
  あとでよめ
 ①あいさつ
 ②となり(職員)を大切に
 ③でんわ(電話)
 ④呼ばれる(返事等)
 ⑤メモ

自分自身をチェックしたくなるような事柄が多かった。教師としてそれ以上に人として成長し、子どもと接していきたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.27

教育研修所1日目

 教育研修所で研修を受ける。6月に合った研修の続きになっている。前回に受講したときと同じメンバーなので、気持ち的には楽に研修することが出来ている。現在は、さまざまな事が起こる可能性があるので、それに対応できるだけの力を持っておかなければならない。そのために常にアンテナを高くして情報を入手できるようにしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.26

情報研修会

 この夏最後の情報教育に関する研修会の講師を務めた。今回の研修会は、若手中心で活気のある人たちばかりが参加していた。いつものように、前半に模擬授業をおこなったり、ワークショップ形式にしたりしたが、元気よく受講していただいた。今回は、2時間半という長時間の研修を受け持たせていただいた。長い時間だったので、参加者が飽きないように、大きく3つに分けて、それぞれめあてを明確にして進めていった。今回も研修を進める側の立場を与えていただき、本当にありがたかった。今後も、このような機会を与えていただけるようにがんばっていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.25

算数で活用型の学力をつける

 神戸へ。算数の授業を通して、思考力、判断力、表現力などの活用型の学力をつけるためには、どんな教材がよいのか、どんな指導方法がよいのかを検討する会議に参加した。口で言うのは簡単だけれど、それをおこなうことは大変なことだ。この活用型の力を身につけさせようとすれば、その前に知識や技能などの基礎基本の学力をつけてやらなければならない。つまり、活用型の学力と基礎基本の学力とは、車の両輪だと言える。どちらか一方だけを鍛えても意味がないのだ。だから、基礎基本の力をつけた上でという前提で今回は、話を進めている。私が思っているのは、教師が、活用型の学力のどの部分をつけてやるのかと言うことを明確にして指導することが大事だと思う。そのための事例集が出来たらよいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.24

奉仕作業

 年に1度の奉仕作業。保護者が中心だが、子どもは6年生が参加することになっている。子どもたちは運動場の土入れや花壇のそうじを中心におこなった。私の方は、トラックにのって、伐採した木や竹など、大きなものをクリーンセンターまで運ぶ役割だった。早朝にはじめるのだが、すぐに汗だくになった。予定より少し過ぎて終了。運動場や校舎がとてもきれいになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.23

算数に関する会議

 ある会議で上京。内容は、算数に関すること。来年度から新学習指導要領の移行期間に入るので、ホットな話題が多い分、とまどいもあるように思う。
 しかし、東京に来る度に、パワーをもらって帰っているような気がする。会議に参加されている方々は、全国で活躍されている方ばかりだ。だから、刺激をたくさんいただく。いつもは、1~2月に1度ぐらいの割合だけれど、夏は、出やすい環境になるので、回数も増えてくる。そういう環境を活かして多くを学びたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.22

登校日

 夏休みの様子を聞いたり、宿題の点検をするために、登校日を設けている。今日がその日だった。用事があって登校できないと聞いていた2人をのぞいて全員が登校してきた。久しぶりだったので、どんな様子か楽しみだったが、みんな元気そうでほっとした。
 午後から、宿題の点検をしていたが、ある子どもの作文が目にとまった。自分の親を思う気持ちのこもった作文だった。その子が、この4月から学校で優しくなった理由がよくわかった。昨日の講演会で聞いた「子どもにとって家族はとても大切」という言葉とつながった。子どもの心の成長を直に感じることができ、うれしい瞬間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.21

教育講演会

 教育講演会に参加した。講師は、アナウンサーであり、キャスターである東海林のり子さん。お題は「少年事件を通して子育てを考える」。多くの少年事件の一因に母親の関わり方があると考えておられる。母親の子どもに対する関わり方で子どもが変わるのである。そのことが、事件に深い関係があったことを、事例を交えてお話し下さった。確かに、子どもにとって母親の存在は大きなもので、父親である私にとっては、寂しい気持ちにもなった。しかし、その母親とパートナーを組んで、一緒に家庭を作っていくのは父親である。そういう意味での父親の役割があるのだと自分に言い聞かせながら話を聞いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.20

つながる

 今まで知っていた事柄どうしがつながったとき,とてつもない喜びになる。例えば,国語教育の分野の本を読むと大村はま先生の名前が必ず出てくる。一方,私は剣道が好きなので,その関係で新渡戸稲造先生の「武士道」を読んだりする。そうして,別の機会に,このお二人に接点があったことがわかる。東京女子大学で師弟関係にあったのだそうだ。知識と知識が結びつくときに勉強のおもしろさがわかるのだなあということを身をもって感じた瞬間だった。子どもたちにも少しでも勉強のおもしろさがわかる機会を作っていきたい。そして,そのために,より多く知識を獲得させていきたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.19

提出書類

 2つの提出書類を作成するために,図書館へ行った。学習室を見てみると中高校生でいっぱいだった。おそらく受験生なのだろう。夏を制する者は受験を制するという言葉を思い出した。人のことはさておき,自分の書類作成は,なかなか進まず,結局目標の半分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.18

情報教育セミナー

P1070861
P1070862
 揖龍小学校視聴覚部と揖龍教育工学研究会の共催で,情報教育セミナーを開催した。「子どもたちのコミュニケーション能力を高めるICTの効果的な活用」~仲間意識を高める協同的な学びを通して~を研修テーマとして,主に揖龍地域周辺の先生方に集まっていただいた。①実践リレー②模擬授業③講演の3つのセッションに分けて行った。
 最初の実践リレーでは,5人のすぐれた実践者が発表し,このようにすれば簡単にICTが活用できるのかということが会場に伝わっていたように感じた。
 私の担当は,模擬授業で,簡単なICTを活用し,協同的な学びを通して,子どもたちのコミュニケーション能力を高める授業展開をおこなった。参加者は,みんな意欲的に活動し,役割分担をしながら協力していたように思う。今回の模擬授業で,コミュニケーション能力を高めさせるときに教師の関わりが大切であることを改めて感じることが出来た。2人の担任役の先生もやる気十分で,指示も良く通っていた。
 最後の講演では,長崎大学の寺嶋先生に「協同的な学習におけるICTの有効活用」というタイトルでお話しいただいた。たくさんの示唆を頂いたが,「協同的な学習は,授業デザインが大切である。」ということをおっしゃっていた。やはり,授業力が問われているのだなと感じた。
 今回,セミナーに46名というたくさんの参加者があった。しかも,参加されている方々は,皆前向きに研修されていた。参加いただき,ありがとうございました。また,スタッフとして参加して下さった方々,朝早くから準備していただき,お疲れさまでした。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.17

同窓会の余韻

 昨日の同窓会が終わってほっとしているが,昨日の余韻がまだ残っている。マレーシアから帰国してくれた友人と電話で少し話をした。彼は,1年と3年の2回同じクラスになって,3年時,骨折した時にとてもお世話になった。何年かに1度会っているのだが,この後,またマレーシアへ帰っていく。今度,帰国したときには,もっとゆっくりと話をしたい。そのあと,埼玉から帰ってきた友人とも電話で話をした。彼とは2年の時に同じクラスで,長い間フィジーで仕事をしていたので,あまり会っていなかった。現在は,日本勤務なので,これからは,会う機会も増えると思う。その他,近所の同級生と会って,昨日のことを話したり,妻とも同級生なので,話をしたりした。その他,メールで4~5人とやり取りをした。今回の学年の同窓会を機会に,クラスの同窓会を数年後以内にしようということになっているクラスもあると聞いた。輪が広がっていることを嬉しく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.16

龍野高校36回生同窓会

P1070822
P1070824
Dsc04467
 昨年の11月頃から準備をはじめた同窓会。事前に出席を表明してくれていた人が,ほぼ全員来てくれた。また,先生方も全員お越し下さった。懐かしい顔がたくさん見られ,みんなテンションが上がりっぱなしだった。
 今回の同窓会は,ある2人の飲み会から始まり,その輪が広がっていった。まさか,これほど盛大に同窓会ができるとは思っていなかった。会場は,180人の出席者でいっぱいになり,ホテルの方も「同窓会でこれだけたくさん集まるのは珍しい。」とおっしゃっておられた。
 写真を撮りながら,久しぶりの同級生とたくさん話をすることができた。みんな,料理にほとんど手をつけることなく,しゃべりっぱなしだったように思う。13時からスタートした同窓会もあっという間に終了し,2時間半がとても短く感じた。会が終わってからも,なかなか人が移動せず,ロビーでたくさん集まっていた。
 2次会会場は,60名ぐらいの予定で予約されていたが,ほぼ,100人の人たちが残った。ここでも会場が満杯で,座ることもできないくらいだった。あちこちで,いろんな話が盛り上がっていた。今回,自分が所属していた剣道部の仲間もたくさん出席しており,2次会会場で集合した。やっぱり昔の仲間は良いなあと思った。
 2次会が終わり,解散しようとしても話が尽きず,分散して3次会。分散していた所を,再度集まって4次会と本当に名残惜しい1日になった。
 参加いただいた先生方,皆さん,ありがとうございました。お陰で同窓会も大成功でした。今日まで,準備を進めた幹事の方々,お疲れさまでした。集まることがなくなって,ちょっぴり寂しくなりますね。何年後か後に,またできるといいですね。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.15

いよいよ明日龍野高校36回生同窓会

 長い間かけて準備してきた同窓会もいよいよ明日になった。今回の同窓会では,海外から帰国して参加してくれる人もいる。懐かしい友との久しぶりに再会がとても楽しみだ。今回,幹事として同窓会の準備をお手伝いしたが,自分の時間を割いて走り回ってくれた人が何人もいる。その人たちのお陰で,開催にまでたどり着いたのだ。中学校と違って高校は,人数も多く,範囲も広いので,本当にできるかどうか心配だった。でも,その困難を団結力で乗り切ったと思う。幹事の皆さん,お疲れさまでした。いよいよですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.14

兄弟と

 今日,兄弟家族と一緒にお寺参りに行った。お盆の時期は,毎年集まるが,子どもたちは,毎年1つずつ大きくなるので,食べる量も大きくなり,部屋で遊んでいる姿を見ても部屋自体が狭く感じる。兄弟たちは,それぞれ職種が違うので,お互いの仕事について話をした。どの仕事も大変なことに変わりない。これからも,職種の違う人との交流を大切にしたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.13

今日は出勤

 今日は出勤。カラー イメージ スキャナ ScanSnap (スキャンスナップ)をパソコンに接続した。以前に購入してもらっていたのだが、接続をしていなかった。このスキャナは、読み込んだ文書をすぐに、PDFファイルに保存できる。しかも1度に両面をスキャナすることができるのだ。とても便利な道具だ。これから、どんどん活用していきたい。
 そのあと、18日にある情報教育セミナーの準備と打ち合わせ。出席者、会場、模擬授業の進め方、準備物などの確認をおこなった。校長先生はじめ、私以外の先生方がよく動いてくださり、着々と準備が進んでいる。最終の詰めをしなくてはいけないが、当日は、万全の体制を整えて臨みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.12

1日家で仕事

 夏休みになって、初めて1日中、家にいることができた。たくさんの仕事がたまっていたので、それを片付けようと取り組んだ。今まで、毎日が自転車操業で気持ちにゆとりがなかっただけに、今日の1日は、ある意味大きな1日になった。今日の1日を感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.11

人権の研修会

 揖保川総合庁舎で、人権の研修があった。歴史的事実の中で、私たちがかつて学んできたことと変更されている事柄があることがわかってきた。たとえば、私たちは、江戸時代に「士農工商」の順番で身分が決まっていたと学んだが、今では、武士が一番上で、次が農民と町人であるということ、農民と町人には、差がなかったことなどである。その方が、いろんな部分での説明が自然なのだ。歴史的事実を学ぶことから人権学習は始まると思う。やっぱり人権学習は、深いなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.10

剣道合宿2日目

 朝早くに起床。ラジオ体操をしたあと、食事をして2日目の用意。今日も、稽古をしたあと、個人の総当たり試合を学年別で行った。それぞれ、課題を持って取り組んだ合宿だった。夏は、特に暑いので、体力のコントロールが大切になる。自分の体調を整えるのも大切な能力だ。そういう意味で今回は、みんな良い勉強になったと思う。今後に生かせる経験ができたと思う。参加されたみなさん、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.09

剣道合宿1日目

 今年も合宿がスタートした。真夏のこの時期に,体を鍛えることは,大切なことだと思う。朝から,基本稽古をした後,総当たりで,どんどんと試合をしていった。午後も同じように稽古の後試合。最後にトーナメント試合。稽古が終わったあと,みんなでお風呂に入り,宿舎へ移動。みんなで泊まったことは,一生の思い出になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.08

教育課程2

 今日は,但馬の方の説明会のお手伝いに行った。その会場にびっくり。4つの学校が1つに統合されてできた学校で,オープン教室で木をふんだんに使ったような校舎になっている。その上,教室は,冷暖房完備で無線LANもつながっていた。今日の会場が学校だったので,汗だくになると着がえを持って行っていたが,必要なかった。
 中身については,前回と同じであるが,お互いに話をする時間を作ったりして,少しでもわかりやすいようにと考え,説明会を行った。膨大な量の内容をたった3時間ほどで伝えきれるわけがないのだが,内容を絞って要点を伝える感じだった。説明された先生や聞いてくださった先生方の熱心な態度に感銘を受けた。但馬が,教育熱心な地域であることがよくわかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.07

花火大会

 今日も午前中は出張,午後から10年目研修の来校を受けた。時間のない中での対応だったので,充分にアドバイスをすることができなかったが,今日も10年目研修にきた2人は,とても熱心に研修を受けていた。そのやる気に刺激され,その後の仕事がはかどった。
 夜に,近くの川で花火大会があった。子どもと一緒に夜店にも行った。短い時間だったけれど,久しぶりに花火を見ることができた。大空に打ち上げられた花火は,きれいでみとれていた。来年も見られたらいいなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.06

新教育課程

 新教育課程の説明会があった。私の担当は算数。移行期間で,一番複雑な教科になっている。新学習指導要領の正式実施は,平成23年度であるが,算数に関しては,平成21年度からスタートすると思っても間違いではない。算数でのキーワードは,「スパイラル」と「算数的活動」である。基礎基本的な学力と活用型の学力といってもよいかもしれない。すべての領域で,算数的活動をおこなうようになっている。この分野での研修が今後必要になってくると考えられる。短い時間での説明だったので,充分であったとは言えないが,待ったなしの取り組みなので,準備を怠ることなく,万全の体制で来年度のスタートが切れるようにしたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.08.05

兵小社研夏季研修会中西播磨大会

 午前中から,午後の前半にかけて,3地区から実践発表があった。どの方も熱心に取り組まれたもので,こだわりのある授業だなあと感じた。後半は,寺本先生@愛知教育大学をお迎えして,模擬授業とご講演をしていただいた。模擬授業は,若手の先生方に子ども役になっていただいた。ほぼ満員の参観者が満足されるような内容だった。4大工業地帯の中で,阪神工業地帯が戦前には,日本で第1位だったことなど,興味深いないようで,教材研究の大切さを感じることができた。また,地球儀を活用した授業も,新しい指導要領に入ってきているので,今後の研究が必要だと思った。
 今回の夏季研修会でも,地区の社会科部会の方々や同僚の方々にとてもお世話になった。感謝の気持ちでいっぱいだ。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.04

情報教育研修

 播磨高原東小学校へお伺いした。ICT活用についての研修会でお話しする機会をいただいた。小規模校なので,先生方は多くはないが,どの方もものすごく意欲的だったのが印象的だった。おかげで,こちらまで,意欲的になり,少し時間をオーバーしてしまった。また,情報担当者の方も,2年目とお若いが,いろんなことを吸収したいという気持ちを持っておられ,その熱意が学校全体に良い影響を与えていると思った。この学校の校長先生は,以前に私の上司であり,仕事の仕方や文章の書き方などを指導していただいた方だ。そんな学校で研修できたことがうれしかった。
 午後からは,10年目研修で2人の方が本校に来られた。算数の研究を進めておられたので,そのお手伝いをさせていただいた。今日は,新しい教育課程を最初にしてから,研究の課題の検討をおこなった。2人とも自分で算数を選んだだけあって,熱心に取り組んでいた。最後に実践的な課題を決めることができたので,次回までに,具体的に何ができるのかを考えてもらうことにした。よくがんばる2人なので,とてもやりやすかった。
 それが終わると,明日の確認作業。長い間,準備を進めてきたが,いよいよ明日,兵小社研夏季研修会本番だ。周りを見回して,自分から動くようにしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.03

親子球技大会&長野旗争奪剣道大会

 親子球技大会,これは30年以上の歴史ある取り組みだ。子どもの健全育成を図る目的で行われている。早朝から,各地区の子どもや保護者がたくさん集まってきた。試合では,低学年に配慮して,男子の高学年は利き腕と反対の手で投げるようになっている。真夏なので,みんな汗だくになってがんばっていた。優勝,準優勝,3位になったチームの皆さん,おめでとうございます。
 午後からは,姫路武道館へ長野旗争奪剣道大会の応援のために移動したが,すでに負けた後だった。最近,試合続きでばてぎみで,動きが悪かったようだ。合宿で鍛え直さなければならない。
 夕方,兵小社研夏季研修会の準備のために赤とんぼホールへ移動。細かい部分のチェック。いくつか抜けていたことがあった。当日に失敗がないように,明日,再度確認をしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.02

小学校英語フラッシュセミナー

 東京のど真ん中,銀座で小学校英語フラッシュセミナーがあった。新しい学習指導要領が発表され,その中には,外国語活動が導入されることが書かれている。外国語活動と書かれているが,おそらく,多くの学校では,英語が扱われると考えられる。この活動のねらいは,コミュニケーション能力の育成だ。しかし,そのコミュニケーションを支えるためには,ある程度の語彙力も必要になる。語彙力ばかりをやるべきではないが,コミュニケーション能力を高めるために,最低限必要な語彙力をつける活動は必要になってくる。そのためには,フラッシュ型教材は,ぴったりだと思う。授業の最初や終わりに短い時間で行う。教師は,その活動を楽しく行うように工夫していくのである。今日の模擬授業でも,教材は一緒なのに,やり方が先生方によって違うのだ。これを見て,教材がそろえば,あとは,教師力の勝負だと改めて思った。そのために,毎日の授業で,工夫した授業をしているかどうかが大切になってくる。
 今日のセミナーで,基調講演としてお話しされた杉田先生が,「子どもは,人につく」とおっしゃっておられたのとつながった。まさに,「子どもは,人(教師や親)から学ぶものだ。」と言うことだと思う。肝に銘じて子どもの前に立ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.01

教員研修Web総合システムTRAIN

 新幹線で東京へ移動。文部科学省が2006年2月に公表した「教員のICT活用指導力の基準」に適合した教員の指導力の向上とICTスキルの向上を図ることを目的として,教員研修Web総合システムTRAINというシステムが開発された。このTRAINは,昨年度開発されていて,そのシステムの中に,ビデオ・モジュールが116本収録されている。それを見ると,ICT活用指導力の基本的な考え方と,具体的な指導場面でのICT活用指導力について習得できるようになっている。今年,そのビデオモジュールが,さらに増やされる。その収録のために上京した。あらかじめパワーポイントの資料を作っておいた。ある意味,この資料が一番大切だなあと思った。ビデオの内容は,この資料作成にかかっている。その資料にそって撮影されることになっている。スタジオにはいると,撮影機材がたくさんあって本格的だなあと思った。初めての経験で少し緊張ぎみで始まった。しかし,周りのスタッフの方々が,リラックスできるように配慮下さり,途中からは緊張もとれた状態でいつものように話ができた。心がけたのは,見ている人がわかるように,ゆっくりと丁寧に話すということ。ICT活用が初めての方々を意識しながら話をした。撮影が終わったら,どっと疲れがきた。やっぱり緊張していたのだなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »