« 人に見てもらう | トップページ | 大きな山を三つ »

2008.07.10

フリーライター長井さんが来校

 今日,横浜の方から,フリーライターの長井さんが来られた。長井さんは,雑誌の記事を多く手がけられ,歴史物の本も執筆されている。今回は,チエルのWebマガジンの取材のためだ。今日,見ていただいたのは,歴史の授業。新年将軍拝謁の絵を見て,わかったことや思ったこと考えたことなどを話し合った。その中で,子どもたちが大名の服の色が違うことに目をつけた。そこまでは,多くの子が気がついていたのだが,ある子が「先生,聖徳太子みたいや」という発言をした。冠位十二階の色分けと服の色分けとがつながっていたようだ。すべての意味で同じではないが,身分によって色分けがされていたのは,飛鳥時代と江戸時代という時代を超えて同じであるという発見で,他の子も納得する子が多く反応もとてもよかった。授業をやっていて楽しい1時間だった。
 授業後取材。その後,歴史談義になった。歴史好きの二人だったので,戦国時代,幕末,第2次世界大戦と内容も多岐にわたった。貴重な時間をいただいた長井さんに感謝したい。

|

« 人に見てもらう | トップページ | 大きな山を三つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/41796267

この記事へのトラックバック一覧です: フリーライター長井さんが来校:

« 人に見てもらう | トップページ | 大きな山を三つ »