« 研修のため上京 | トップページ | 体育の時間 »

2008.06.15

白虎旗争奪剣道大会

 玉田杯に続いて,相生市剣道連盟にお世話になった。この大会は,1本勝負で決まる。本来,刀の勝負であれば,2本目,3本目はないのである。1本を取るのにしのぎを削るという意味では,1本勝負が武道の原点だと思う。さて,今日の試合では,前回に比べて子どもたちの進歩が見られた。負けたくないという気持ちを持つ子が増えてきたことだ。しかし,それが,全員に拡がっていないことが課題になっている。そういう気持ちは,普段の稽古で培われていくと思う。方法は,2つある。一つは,指導者や保護者がその気にさせること。簡単に言うと声をかけていくことだ。二つめは,子どもたち同士で,お互いを高めあわせること。子どもたちの話し合いの場が必要となるので,そのような場をつくる。特効薬はない。二つの方法で,チーム全体に勝ちたいという気持ちを高めさせていきたい。

|

« 研修のため上京 | トップページ | 体育の時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/41542335

この記事へのトラックバック一覧です: 白虎旗争奪剣道大会:

« 研修のため上京 | トップページ | 体育の時間 »