« 第10回揖龍教育工学研究会 | トップページ | 英語の授業 »

2008.06.24

活用型学力を考える

 出張で神戸まで行き,「活用型学力」をつけるためには,どのような授業が有効であるかを話し合った。しかし,難しいテーマである。活用型学力は,1時間や1単元で,工夫してもすぐにつかない力だと思う。だからといって,対策をこまねいていてもいけない。授業や生活などあらゆる機会に考える場を設定しなくてはならないと思う。その場の設定をどのように提供すればよいのかが提案できればと思っている。
また,活用型学力を向上させるためには,基礎基本の学力は不可欠である。基礎基本が身についていないのに,活用型学力が身につくわけがない。そのために,授業の中で,教師が今,どちらの学力をつけているのかということをはっきりと意識して取り組む必要がある。毎回,週案にそのことを書きこんで授業に臨もうと思った。

|

« 第10回揖龍教育工学研究会 | トップページ | 英語の授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/41636856

この記事へのトラックバック一覧です: 活用型学力を考える:

« 第10回揖龍教育工学研究会 | トップページ | 英語の授業 »