« 社会科部会・視聴覚部会 | トップページ | 玉田杯争奪少年剣道錬成大会 »

2008.05.02

4月を振り返る

 新年度がスタートして1ヶ月が経った。子どもたちは気持ちも新たに張り切っている。その気持ちをとぎれさせることなく,前向きにさせるために,指導する場面と褒める場面を明確にした。クラスのルールやマナーに違反したとき,先生との約束を守らなかったときには厳しく指導し,逆にルールやマナーを守っていたり,自分たちで決めたことや先生との約束をやり通したときは,褒めるようにした。そうすることで,子どもの変容がいろんな場面で見られた。例えば,チャイムがなったときに私がいなくても,教科当番の子が前に出てきて授業が始まっている。授業前の準備をしてから遊びに行くようにしている。げた箱のくつがきちんとそろっている。落ち着いて生活できている証拠だと思う。今日の1年生を迎える会でも,6年生の態度は,とても立派だったと思う。他学年の先生からも褒めていただいた。しかし,まだまだ課題も残っている。話をしている人の顔を見て話を聞いたり,忘れ物がないように自分でチェックしたりすることができていない。5月には,それらのことを目標にさせていくつもりだ。

|

« 社会科部会・視聴覚部会 | トップページ | 玉田杯争奪少年剣道錬成大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/41085165

この記事へのトラックバック一覧です: 4月を振り返る:

« 社会科部会・視聴覚部会 | トップページ | 玉田杯争奪少年剣道錬成大会 »