« 学力のつくノート指導のコツ | トップページ | ノートのとり方 »

2008.04.22

新任研修でICT活用

 新任の先生は,1年間でたくさんの研修を受ける。その中で,ICT活用の研修も入っていて,授業に活かせることができるように研修が工夫されていた。その研修でICT活用の良さを実感し,少しでも多くの若い先生の間にも,ICT活用が拡がればいいなあと思う。我々の揖龍教育工学研究会でも,若い先生向けの研修を考えている。がんばるぞ!という気持ちが出てきた。

|

« 学力のつくノート指導のコツ | トップページ | ノートのとり方 »

コメント

 こんばんは。きよちゃん先生はどのように授業されているか?どのように授業されていくのか?想像できますね。
 先日の質問は、まるで私を童心に戻し個人授業されたかのようで、面白かったです。答えは出ましたか?
 私は、いつの間にかまた質問したくなりました。今度は、どのようにアドバイス下さるか楽しみです。分かりやすくお願いします。
 以前にもメールありがとうございます。
 
 ところで、子供さん達にもいろいろな個性ってありますが、私が、悩んでいるひとつに”持続力”があります。得意不得意で、長く続いたり、挫折したりぐらいは分かりますが、剣道が長く生活の一部の様になっていたり・・・。ICT活用で研修されるのかどうかは分かりませんが、若い人達にはもちろん、私達にも分かるように、もしかして、一生涯やっていけるかもしれないスポーツを必ず続けられるコツ教えて下さい。
 最近は、スポーツに限らず仕事にしても、転職されたり、あげくの果てにニートとか・・・。
 体力のある人が、”持久力・持続力・耐久力”すべてもちあわせているとは思えません。
 ワーキングプアなど、問題にもなっているのに、幸せな環境にありながら、”続かない”これは問題ですよね。
 話は戻りますが、あたりまえの様に持続させられるのは、なぜなのでしょうか?アドバイスお願いします。
 ”継続は力なり”ですが・・・。

投稿: 理美 | 2008.04.23 02:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/40963256

この記事へのトラックバック一覧です: 新任研修でICT活用:

« 学力のつくノート指導のコツ | トップページ | ノートのとり方 »