« 宍粟揖龍剣道大会 | トップページ | 卒業式用プレゼン »

2008.03.09

新学習指導要領案を読む

 新学習指導要領案が2月に出された。その中で今日は,社会科をじっくりと読んでみた。
 まず,目標の中で,「民主的,平和的な」という部分が「平和で民主的な」という表現に変わっていた。新しい教育基本法を意識したものだと考えられる。 
 次に各学年の目標に目を移してみると「調べたことを表現する」という部分が「調べたことや考えたことを表現する力」になっていた。力という言葉をつけることによって子どもたちにつける力を明確にしていると感じた。これまでも社会科で求められていた表現力がより強く位置づけられたように感じた。また,環境についても以前より重要性が増している。これも教育基本法の目標の中に盛り込まれており,それが反映されていると感じた。さらに,5年生や6年生で地球儀のことがふれられている。グローバルな視点が必要であると考えられる。
 最後に内容面を見てみると,3年生及び4年生で都道府県のこと,5年生で地球儀のこと,情報化社会のこと,6年生で縄文時代,日本の文化のことなどが追加されたり強化されたりしているように感じた。私にとって,5年生で情報化社会について触れられていることは,とても嬉しく感じている。先進的に取り組んでおられるところは,これまでにもたくさんあったが,このことが学習指導要領に明記された意義は大きい。ご尽力された方々に感謝したい。

|

« 宍粟揖龍剣道大会 | トップページ | 卒業式用プレゼン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/40436885

この記事へのトラックバック一覧です: 新学習指導要領案を読む:

« 宍粟揖龍剣道大会 | トップページ | 卒業式用プレゼン »