« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008.03.31

年度末

 3月31日は,学校にとっての大晦日になる。区切りの日だ。明日から新年度に入る。どんな子どもたちと出会うのだろうとわくわくした気持ちになる。新しい気持ちでがんばっていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.30

ぶれない

 人の価値観というのは,時代などによって大きく変わってくる。今の時代は,何年も前からいわれているように価値観が多様になってきている。だからこそ,ぶれずにいるということが難しい時代だとも言える。何も間違ったことをがんこに持ち続けると言うことではなくて,本当に価値のあるものを,何かに左右されることなく持ち続けることが大事だと思う。そのためには,やっぱり勉強し続けるしかないし,人間的に強くならなければならないと思う。私には,その学ぶ機会を与えられ,また,日本一の恩師がおられる。弱い心に負けてぶれないように,日々,自分の目標を忘れないように心がけたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.29

第20回西日本小学生選抜バレーボール大会

 春休みになると,バレーの大会で京都へ行くことが当たり前のようになっている。今年もこの大会からチームが本格的にスタートする。今年は,20回大会なので,記念大会になっている。西日本各地からたくさんのチームが参加してくれている。私は,自分のチームの指導者というだけではなく,大会のスタッフにもなっている。参加してくれた方々が気持ちよく試合ができるように,みんなの様子を見ながら動くように心がけた。私たちのチームは,人数がなりなくて,学年もバラバラ。そんな中で助っ人を頼んでの参加だった。いろんな人に支えられて参加できたことに感謝したい。また,この大会は,本当にたくさんの方々の協力を得て成り立っている。何かの組織があって開いているのではなく,手弁当での運営だ。それだけに大会を切り盛りしているお二人のご苦労も多かったと思う。感謝の気持ちでいっぱいだ。
 夜は,懇親会。230名を超える参加者があり,20回という重みを感じた。懐かしい顔をたくさん拝見した。いろんな方々のお話をお聞きして,「バレーを通して人間形成を目指し,その中で,勝つ喜びも教えたい」という思いが脈々と流れていることを感じた。明日は,大会2日目だ。子どもたちは,指導者の指示をよく聞いて,力一杯がんばってほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.28

京都へ

 西日本小学生選抜バレーボール大会の準備のために午後から京都へ。この大会も今年で20回を数える。今回は記念大会となる。今まで,長い間,本当にお世話になった大会だ。盛り上がるように努力したい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.03.27

携帯電話

 新しい携帯電話を買いに行った。以前とは違い,携帯電話の値段が高くなっている。といっても今までは,月々の料金に本体価格が含まれていたようなもので,同じ本体を長く使えば使うほど損をしていたことになる。これからは,同じ本体を長く使うほど割安になるのである。それにしても,最近の携帯電話は薄くなっている。いろいろな機能も付いているが,結局,携帯会社が儲かる仕組みになっているなあと思った。使い方をよく考えて使いたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.26

姫路へ

 用事があって休みをとり,姫路へ行った。教えてほしいことがあって知人に電話すると,電話から聞こえてくる周りの音が,自分のいる周りの音によく似ていた。居場所を聞くと「姫路」との返事。本当に偶然近くにいたのだ。こんなこともあるんだなあと二人で笑った。
 用事の一つが本屋に行くこと。めったに行けない書店で専門書を見ていると,昔書かれていた優れたものもならんでいることがわかる。最近,我々の職種も大量退職大量採用の時期を迎えているのだなあと感じた。自分たちの役割もこれから変わってくる。行動の仕方をよく考え,役割を果たせるようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.25

集中力

 集中力が続かない。花粉症がこれほど苦しいものだとは思わなかった。頭は痛くなるし,鼻水は止まらないし,目はしょぼしょぼするし,困ったものだ。早く花粉が飛ばない季節にならないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.24

若手と飲み会

 若手の人と飲みに行くと力をもらうことが多い。若いからエネルギッシュで,自分も負けられないと思うのだろう。自分の可能性を信じて取り組んでいる姿は本当に素晴らしいと思う。ただ,時代が難しくなってきており,若いから許される失敗というのが少なくなってきているように思う。その分,大変だと思うが,そんな中でもがんばっている人がいることを頼もしく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.23

和歌山で剣道の大会

 子どもの剣道の試合のため和歌山に行った。朝5時半出発だったのでつらかった。私たちのチームは,5年生と4年生の混合チームだが,このところ稽古を重ね,監督も力を入れてくださり,チーム力もアップしてきていた。今日は,個人戦でも団体戦でも自分の力を発揮できている場面がたくさんあった。今までは,強い相手に対して畏縮してしまい,自分の力の半分も出せずに負けていた。それだけに,課題はあるものの収穫のある試合だった。今日の試合を忘れさせないように,イメージトレーニングを取り入れていきたい。また,これからも気を引き締めてがんばらせたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.22

退職

 とても信頼していた方が,この4月で退職される。以前からお聞きしていたが,やっぱり寂しいものがある。今日は,関係の深い方々に声をかけてささやかな会を計画した。その方は,先輩として仕事の仕方を私に教えてくださった。特に研究に対する姿勢は見習うべきところが多かった。今後も研究は続けて行かれるようなので,そちらに専念される事と思う。長い間本当にお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.21

卒業式

 今日,25人の子どもたちが巣立っていった。優しい子たちばかりで,教室に行くと気持ちが和らぐことが多かった。友だちを大切にし,自分たちを高めていこうとがんばっていた。行事でも全力を出してがんばっていた。6年生になるまで,関わりの無かったこの子たちと毎日を過ごすたびに,どんどん好きになっていった。3月は,子どもたちとの別れの時期だが,6年生を担任すると,そのつらさは倍増する。全力を傾け接してきただけに,心の中にぽっかりと穴が空いたようになる。
 自分ばかりが寂しがっていても仕方がない。子どもたちが未来に向かって歩き続けていくことを邪魔することはできない。これからは,今までの子たちにしてきたように,子どもたちの影の応援団となっていきたい。中学校での活躍を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.20

休日出勤

 明日が卒業式のため,昨日と振り替えて今日が出勤日になっていた。卒業式の練習をして,そのあとそうじをし,子どもたちと一人ずつ話をした。思い出深い子どもたち。明日の卒業式では,みんなが主役になるような式にしてほしいと願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.19

ついにアレルギー性

 何日たっても改善しないくしゃみと鼻水の症状。たまりかねて,今日,病院へ行くと,「アレルギー性の可能性が高いですね。」と診断を受けた。鼻の中の粘膜をとってもらい検査をしてもらう。結果は1週間後。薬もアレルギーをおさえるものをいただいた。薬を飲むと少し楽になった。これで,卒業式は大丈夫だ。がんばるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.18

日本人とユダヤ人

 今,「日本人とユダヤ人」山本七平著(角川書店)を読んでいる。日本人とユダヤ人を比較しながら,日本人がどういう人々であるのかを書いている。ユニークな視点にたって書かれているので読んでいておもしろい。日本人は無宗教ではなくて,日本教の信者であるという解説などは,読んでいてなるほどと思うところがある。読みやすい内容なので,購読をお奨めしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.17

何か違う

 くしゃみがとまらなくて,鼻が出て,頭が痛くてって,これ,もしかして花粉症?と思ってしまう。花粉症は急に発症すると聞いている。昨年までは,そんなことがなかっただけに心配だ。やばいなあ。こんな大事なときに。集中力は出ないし,気力も減ってしまう。今は,マスクをするとましになるので,それで,がんばっている。早く病院に行かなくてはと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.16

龍野高校36回生3年3組連絡確認

 高校の同じクラスの何人かの人たちと電話で話をした。はがきを送るのに住所の確認をするためだ。私は,そのうちの男子を担当している。懐かしい声を聞いて嬉しく思った。逆に何人かの人とは,連絡が取れなかった。今,どこにいるのかわからない人もいる。卒業してから月日がたっていることを実感した。はがきを出すまでにもう少し時間があるので,連絡確認作業を続けることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.15

地球儀

 用があって文房具屋さんに行くと,地球儀が特別価格で売っていた。通常の半額の値段だった。おもわず,購入した。地球儀は,次回の指導要領改訂で導入されることがほぼ決まっている。地球儀をじっくりと見てみると,知らないことがたくさんあることに気がつく。例えばフィジー(友だちが住んでいた)は,赤道から結構離れていることに気がついた。友だちからの写真で,南の島だと思っていたが,てっきり赤道の近くだと思っていた。気がつくことの楽しさを子どもにも教えていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.14

第4回龍野高校36回生同窓会準備委員会

 36回生の同窓会が確定し,いよいよ往復はがきを近日中に出すことになった。卒業式の準備があって,なかなか時間が作れなかったが,やっと450枚分の文面を印刷できた。後は,クラス幹事に宛名を書いてもらって送ってもらう段取りだ。日時は8月16日(土),場所は姫路日航ホテル。もしも,龍野高校36回生の方で,このブログを見られた方は,2週間以内にはがきが行く予定なので,返信をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.13

成長

 卒業式用のプレゼンのために映像を見ていると,子どもたちの成長がよく分かる。小さい頃の映像は,あどけない顔でしぐさもどこかわいらしい。しかし,6年生なるとしっかりした感じが出てきて落ち着いて見える。小学校の6年間でこれほども成長するのかと改めて感じた。これは,外見だけではなくて,内面の成長もあると思う。その内面の成長ぶりを卒業式で保護者の方々に見せてほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.12

中学校卒業式

 今日も卒業式ネタになってしまう。近隣の多くの中学校で卒業式があった。中学校は卒業するとほとんど,バラバラになるので,そういう意味で大きな節目だと思う。多感な時期だけに思い出もたくさんできているに違いない。進学する人も就職する人もさらに飛躍することを期待したい。卒業,おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.11

卒業証書

 卒業式の時に,校長から一人一人に手渡される卒業証書。それぞれの子どもにとってたった1枚の小学校の卒業証書だ。学年の最後に渡される修業証書とは,重みが違う。それだけに,卒業証書の扱いも慎重になる。思いのこもった卒業証書。大切にしてほしいと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.10

卒業式用プレゼン

 卒業式の呼びかけの時に,映し出すプレゼンの作成を行っている。子どもたちの思い出に合わせて写真を選んでいく。小さいときの写真を選ぶときは,「こんなかわいいときもあったんだ。」とにやにやしながら選んだ。また,6年生の写真では,「そうそう,こんなことあったなあ」と1年を振り返っていた。あと,わずかで卒業式を迎える。6年生の担任として一番辛い日でもある。誇りを持たせ堂々と卒業させたい。そういう思いで毎日を過ごしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.09

新学習指導要領案を読む

 新学習指導要領案が2月に出された。その中で今日は,社会科をじっくりと読んでみた。
 まず,目標の中で,「民主的,平和的な」という部分が「平和で民主的な」という表現に変わっていた。新しい教育基本法を意識したものだと考えられる。 
 次に各学年の目標に目を移してみると「調べたことを表現する」という部分が「調べたことや考えたことを表現する力」になっていた。力という言葉をつけることによって子どもたちにつける力を明確にしていると感じた。これまでも社会科で求められていた表現力がより強く位置づけられたように感じた。また,環境についても以前より重要性が増している。これも教育基本法の目標の中に盛り込まれており,それが反映されていると感じた。さらに,5年生や6年生で地球儀のことがふれられている。グローバルな視点が必要であると考えられる。
 最後に内容面を見てみると,3年生及び4年生で都道府県のこと,5年生で地球儀のこと,情報化社会のこと,6年生で縄文時代,日本の文化のことなどが追加されたり強化されたりしているように感じた。私にとって,5年生で情報化社会について触れられていることは,とても嬉しく感じている。先進的に取り組んでおられるところは,これまでにもたくさんあったが,このことが学習指導要領に明記された意義は大きい。ご尽力された方々に感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宍粟揖龍剣道大会

 一宮で宍粟揖龍剣道大会があった。私たちのチームは,団体戦2チームが参加した。最近,チームとしても結果が出てきていて楽しみにしていた。しかし,初戦でAチームは,中堅が力を発揮できずに負けてしまった。また,Bチームは,本数負けで悔しい負け方だった。リーグ戦で,その後の結果が良かっただけに残念だった。チームの課題がはっきりとしたので,その課題を克服して次回の大会に臨みたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.08

大河の会

 古くからの仲間と作っている会で年に1,2回の懇親会を開いている。その会が,昨日開かれた。
 この会は,平成維新の会とか,21世紀の兵庫の教育を語る清らかな会とか楽しいネーミングをつけていた。長すぎるので,名称を大河の会と変更。教育に対する熱い思いは,悠久の昔から大きな河のごとくゆっくりと変わることなく流れている。そういう思いを大事にしたい人たちが集まって語り合おうと始まった。また,若い人たちを影ながら支えていきたいという思いも含まれている。今回も20名前後の人たちが集まって遅くまで語り合った。ざっくばらんに肩肘を張らずに話ができるのが良い。教育に対する熱い思いは今も変わらない。活力をもらって帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.07

6年生を送る会

 今日,「6年生を送る会」があった。これは,卒業生のために5年生が中心となって全校でお祝いをしてくれる会だ。1年生から順番に出し物があったり,プレゼントがあったりした。1年生は,手話と歌でとってもかわいかった。2年生と4年生は,「ロンドン橋」や「だるまさんが転んだ」を一緒に楽しんだ。3年生は,お笑いものまねクイズだった。よく似ていた。そして,5年生は○×クイズだった。全校生で参加し楽しんだ。ほんわかとしてとてもあたたかい会となった。それは,参加している子どもたちが,司会者の話をよく聞いて,自分たちで動くことができていたから,そんな会になったように思う。何よりも参加した6年生が本当に楽しそうで良い顔をしていた。4年生以下の子どもたちにお礼を言いたい。また,この日まで多くの時間を割いて準備してくれた5年生には,特に感謝の気持ちを伝えたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.06

中・西播磨地区小学校教育研究会社会科部会 支部長・幹事会

 本年度の振り返りと来年度の計画について話し合いがあった。平成20年度計画の大きな事柄は2つ。一つは,研究大会だ。11月11日(火)に行われ,研究指定校は佐用町立三日月小学校になっている。この学校は,木原先生@大阪教育大学を講師に招いて,すでに研究体制が整っている。会議室には,研究の足跡となる掲示物がたくさんあった。来年度の大会が楽しみだ。二つめは,夏季研修会。こちらの方は,我々揖龍地区が担当になっていて,8月5日(火)にたつの市総合文化会館(赤とんぼ文化ホール)で開催される。実践発表と講演会が予定されていて,講師は寺本先生@愛知教育大学にお願いしている。こちらの方も模擬授業などがあって興味深い内容なので,たくさんの参加があることを願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.05

論文を読む2

 今日は,一般研究発表の授業研究(1)(p201-212)を読んだ。目的と結果を書くような形式になっていないものもあったが,なっているものの中から,目的と結果がどのような関連づけがされているのかをマーカーで線を引きながら考えた。内容的には,総合的な学習の事が出てきた「学級内における新しい情報技術の位置づけについて」に興味を持った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

論文を読む1

 日本教育工学会の論文を読むことにした。これは,今年の目標にも入れていたことだ。友だちの後押しもあって,始めるきっかけができた。
 まず最初に,堀田龍也先生@NIMEの「教育行政の立場から寄せられる教育工学への期待」(第23回日本教育工学会全国大会講演論文集p43-44)。これは,当日のシンポジウム2で話された内容だ。現在は,地方分権の時代で,キーワードは地方自治体が握っている。そういう時代だからこそ教育工学研究には,①教育の情報化の成果や効果について,理論的・学術的に説明責任が果たせるようなデータの提供を行うこと,②教育の情報化に伴う学校組織や教員の資質の変化に対応するための組織・研修モデルや移行の方法論等について,実証的かつ追試可能な形で提示すること,③教育の情報化に関する費用対効果について地方自治体が引用可能な形でとりまとめることなどが期待されると述べている。すでに,地域格差が始まっているように思う。我々現場からも地方自治体に対して情報教育や教育の情報化が,さらに推進されるよう要望していきたい。
 次に,高橋純先生@富山大の「小学校の教科指導における効果的なICT活用場面の分類」(第23回日本教育工学会全国大会講演論文集p105-106)を読んだ。この論文は課題研究発表になっていている。お手本を読むつもりで読んでみた。内容はもちろんのこと,目的と結果のつながりを見つけやすく,本当に分かりやすい論文だった。目的の中に,「傾向や特徴を明らかにする。」と書かれていて,結果のところでも「傾向」と「特徴」がきちんと明確に分けて書かれてあった。私ならきっと傾向と特徴をごちゃ混ぜにして書いてしまうはずだ。
 最後に一般研究発表の授業設計・実践(1)(p189-200)を読んだ。目的は,①目的と結果の整合性を見つける。②結果を導くためにどのようにしているのかを理解する。タイトルを見るとおもしろそうなのに,結果がはっきりとわからないものがあった。逆に目的や結果がはっきりしていると,読んでいてわかりやすい。書き方というのはやはり大切なのだということを再確認した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.03

卒業式の練習

 今日から卒業式の練習が体育館で始まった。今日は,卒業証書授与の練習。学年係の先生は,丁寧にわかりやすく説明していく。子どもたちも確実にできていくようになる。しかも,緊張感のある中で練習が行われている。卒業式は,儀式なのできちんとしかも淡々と挙行させたい。人生の節目でもある。どの子の心にも刻まれるような卒業式ができるように,式に臨む気持ちを明確にさせて練習させていくつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.02

毎日新聞兵庫県少女バレー大会2日目

 最後の朝の雰囲気というのは,毎年独特のものがある。今日で6年生が最後だと思うと感慨にふけってしまう。この子たちは,小学校3年生からバレー部に入ってきた。まだまだ小さかった子たちが,今は立派に成長してプレーも上手になった。4月からすると気持ち的にも成長し,少しぐらいのことではへこたれないようになってきたように思う。結局,2回戦で太田少女バレーに負けてしまったが,最後まで集中力が切れることなく持ち味を出していた。つなぐバレーができていたと思う。試合が終わり,保護者や応援してくれた人たちにお礼を言った後に,子どもたちが集合してきた。こみ上げるものがあって,「お疲れさま」という言葉を言うのが精一杯だった。本当によくがんばったと思う。自分たちががんばってきたことをこれから先も誇りにして,粘り強い人間になってほしいと思った。
 夜は,6年生の子どもたちのお別れ会をおこなった。とりあえず,今日で一区切りが付いた。明日から新しいチームがスタートする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.01

毎日新聞兵庫県少女バレー大会1日目

 6年生最後の大会であるこの大会は,県内100チーム以上の参加でおこなわれている。引退試合なので毎年必死になって戦ってきた。今までの教え子たちががんばってきたように今年の子たちも自分の力を出し切ろうとしている。しかし,気持ちが空回りしたり,失敗したらどうしようという気持ちの方が強くなってしまい本来の力が出ていない子もいた。今日は,予選リーグ2試合をおこない,2勝で明日の決勝トーナメントに駒を進めることができた。明日が本当に最後の最後だ。気持ちを入れてがんばってほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »