« 第8回揖龍教育工学研究会 | トップページ | 情報テキスト活用プロジェクト »

2008.02.16

情報教育勉強会

2ヶ月に1度の情報教育の勉強会のために上京した。午前中は,「教師という仕事と授業術」(奈須正裕著)の本で輪講。中身を理解した上で,その中に流れる理論を読み取るということ。そのためには,周辺文献や資料にあたる必要があった。また,限られたスペースの中に,必要なことだけをまとめるレジュメも作成した。自分ができていなかったのは,大切な事柄を絞り込めていなかったことだ。まさに,活動あって理論なしだ。今後,指導の本や論文を読む際に,大事なことをマーカーでチェックした後,一番大切な事柄に印を付けるようにしようと思う。午後からは,英国のICT活用のこと,DSを活用した授業,ICT活用することで教師が得られることなどを学んだ。益々ICT活用や情報教育がおもしろくなっていくという予感がした。夜は,同じメンバーの方々と懇親会。2次会,3次会と大いに盛り上がった。そのときに,表先生@富山からある提案をしていただいた。とてもうれしかった。やるぞ!という気持ちになった。

|

« 第8回揖龍教育工学研究会 | トップページ | 情報テキスト活用プロジェクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/40156221

この記事へのトラックバック一覧です: 情報教育勉強会:

« 第8回揖龍教育工学研究会 | トップページ | 情報テキスト活用プロジェクト »