« 仙台に移動 | トップページ | 雪 »

2008.02.23

フラッシュ型セミナーin仙台

 最初は予定されていなかったのだが,急遽登壇することになったフラッシュ型セミナーin仙台。参加下さっている方々に満足していただけるようにと,模擬授業では,「明るく元気よくはぎれよく」を心がけるようにした。また,パネルディスカッションでは,インタークラスとフラッシュ型教材を併用することによって,理解が遅い子どもたちにも効果があることをお話しした。もともとフラッシュ型教材は,知識や技能分野の力をつけるのに効果があるといわれている。インタークラスでテストをおこなった結果は,どんな内容をフラッシュ型教材の問題にするのかを決める参考になる。子どもたちのつまずきをきたえるためにフラッシュ型教材を活用するのだ。フラッシュ型教材の可能性は,まだまだあると思う。これからも,子どもたちの知識や技能定着のために毎日5分間の活用を心がけたい。
 セミナーが終わり,帰宅しようと思って仙台駅に行くと強風のために在来線が止まっているというアナウンスがあった。仙台空港までバスに変更しなくてはと思っていたら,高橋先生@富山大が早く空港に行って便を変更した方が良いよとアドバイスを下さった。これから,低気圧が近づいてきて益々ひどくなるという予報があったからだ。そのうち東北新幹線もストップしてしまった。空港行きのリムジンバス乗り場を探し,急いで空港へ。神戸行き19:40発の予定だったが,伊丹行き17:35発の出発が遅れていて,その飛行機に変更することができた。そのためにお土産を選ぶ時間もなかった。伊丹行きの飛行機が予定より30分ほど遅れて出発。思ったよりも揺れも少なく,無事に到着。バスで新大阪へ移動。ここでも新幹線の切符を変更してもらった。姫路へ着くと雪が降っていた。そういえは,大阪空港でもちらほらしていた。結局後でわかったのだが,神戸空港行きは欠航になっていて,変更していなければ,仙台にもう1泊しなければならないところだった。高橋先生には,感謝するとともに,情報を知っているのと知らないとでは,大きな違いがあるのだと身をもって感じることができた。

|

« 仙台に移動 | トップページ | 雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/40235732

この記事へのトラックバック一覧です: フラッシュ型セミナーin仙台:

« 仙台に移動 | トップページ | 雪 »