« 第7回揖龍教育工学研究会(情報研) | トップページ | 宝林寺で打ち合わせ »

2008.01.17

話すということ書くということ

 話すことと書くことはかなり違う能力だと思う。人の中には,話すのは得意だけれど書くのはちょっと苦手という人や,逆に話すのは苦手だけれど書くのは得意という人もいる。しかし,両方ともある程度は,練習することでうまくなる。くり返しくり返し,目当てを持ってやることが大切だと思う。簡単な事から難しい事へ少しずつステップアップさせながら指導していきたい。

|

« 第7回揖龍教育工学研究会(情報研) | トップページ | 宝林寺で打ち合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/17730396

この記事へのトラックバック一覧です: 話すということ書くということ:

« 第7回揖龍教育工学研究会(情報研) | トップページ | 宝林寺で打ち合わせ »