« 社会科デジタル副読本編集委員会 | トップページ | ネットで再会 »

2008.01.29

明石市情報教育担当者研修会

 フラッシュ型教材活用の研修会に講師依頼を受けて,明石市立江井ヶ島小学校を訪れた。到着したときに,ちょうど下校中だったので,江井ヶ島港へ足を伸ばした。研修のネタがないかなとさがしていると,海水浴場があったので,デジカメで風景を撮影した。やっぱり海はいいなあと思った。
 小学校に到着して校長先生としばらくお話をさせていただいた。江井ヶ島小学校が本年度,明石市の指定を受けてICT活用でがんばっておられることをお聞きした。また,兵庫県で2番目に大きな小学校であることに驚いた。来年度もクラスが増える予定だそうだ。
 研修会は,市内の情報担当者の方々向け。フラッシュ型教材の模擬授業,フラッシュ型教材作成,フラッシュ型教材の効果についての話の3本立てでおこなった。明石市情報担当者の方々は,すごく前向きで反応がよく,模擬授業をしていてこちらが楽しかった。その後のフラッシュ型教材作成のワークショップでも,意欲的に作成をおこない,作品紹介では,笑顔で楽しそうな雰囲気になっていた。最後に,フラッシュ型教材を使うとどのような効果があるのかを話した。子どもにも教師にもメリットがあるフラッシュ型教材であることを強調した。研修全体を通して,明石市情報担当者の方々の意識が高いことがうかがえた。今後,明石でもフラッシュ型教材が広がってくれればと願っている。
 研修の後,校長室で校長先生と,市内情報教育担当者会代表の方とお話をした。フラッシュ型教材の可能性を高く評価していただき,嬉しく思った。また,校長先生が,ICT活用がうまくいくために,教師の授業力も必要だとおっしゃっておられた。すごい校長先生だと感じた。
嬉しいことが一つ。以前,一緒に務めていた若い先生が明石でがんばっていることである。行く前に声をかけていたら,今回,来てくれていた。研修会が終わってから,一緒にお茶を飲みにいった。やりがいを持ってがんばっていることを嬉しく思った。いろんな経験を積んで再び揖龍の地へ戻ってきてほしいと思う。
P1050675

|

« 社会科デジタル副読本編集委員会 | トップページ | ネットで再会 »

コメント

清久先生、お疲れ様でした。
プレゼンを使う方法の中で、簡便で継続できるのが、このフラッシュ型だと思います。模擬授業とワークショップを取り入れた研修会を市内で行っていけるようにがんばろうな!と、お送りした後、幹事で話しました。今後もご指導をよろしくお願いいたします。

投稿: ぽせいじゅん | 2008.01.29 21:45

ぽせいじゅんさんへ
書きこみありがとうございました。
明石の方々と交流できて嬉しく思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: きよちゃん | 2008.01.30 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/17888723

この記事へのトラックバック一覧です: 明石市情報教育担当者研修会:

« 社会科デジタル副読本編集委員会 | トップページ | ネットで再会 »