« 平成19年度兵庫県教育工学研究会 | トップページ | 社会科デジタル副読本編集委員会 »

2008.01.27

夢前少女招待バレー

 いつもお世話になっている夢前少女バレーの招待大会があった。夢前少女には,いつも困ったときに胸をお借りしている。指導方針もしっかりしておられ,見習う点がたくさんある。そんなチームの大会なので,がんばりたいと思って臨んだ。予選は,出足が悪かったが徐々にエンジンがかかってきて,2試合目の2セット目はみんながカバーし合いながら攻めの気持ちを持ってサーブを打ったり,レシーブをしたり,アタックを打ったりしていた。その結果1位で予選を抜けることができた。しかし,決勝トーナメントの1回戦になってからは,全然自分たちのバレーができていなかった。相手にリードを許すと好プレーよりもミスが続き,さらにリードを広げる結果になってしまった。追い込まれたときこそ自分の力が出せるようになってほしいと思う。また,鍛え直しだ。
 バレーが終わった後,今度は剣道の練習試合。3チームでの試合だったが,こちらも疲れからか気迫が足りなかったように思う。もっともっと自信を持って自分たちの剣道をしてほしい。バレーも剣道も種目が違えどもつけてほしい力は似ている。バレーや剣道を通じて,我慢することをおぼえ,人間的に成長することを願っている。

|

« 平成19年度兵庫県教育工学研究会 | トップページ | 社会科デジタル副読本編集委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/17863686

この記事へのトラックバック一覧です: 夢前少女招待バレー:

« 平成19年度兵庫県教育工学研究会 | トップページ | 社会科デジタル副読本編集委員会 »