« スキー教室 | トップページ | 夢前少女招待バレー »

2008.01.26

平成19年度兵庫県教育工学研究会

 今日は,兵庫県教育工学研究会のため神戸へ。最初のセミナーで,ジャストシステムの村岡氏が「企業が提案する情報教育とそれに求められるソフト」という演題でお話下さった。「幸せな情報教育」を目指してがんばりたいと思った。次に「ICTを活用したわかる授業の設計と実践」「情報活用能力の育成について」という小学校で研究されたことの発表が午前中にあった。その中の一つが氷上情報教育研究会からの発表だった。授業を緻密に分析され,考えていく。とても大事なことで,さすが氷上だと感じた。午後からは,「映像表現の取り組み」「実習における携帯電話を活用したサンプル収集の手法」「ワークショップ(情報モラル)―コンピュータを使わない指導法―」という内容で中高校で研究されたことの発表があった。最後にベネッセコーポレーションの平尾氏から「学力とは何か」 -あらたな視点から- という演題でご講演いただいた。子どもの実態から6・3・3制を考え直す時期に来ていることや子どもの学びを高めるために必要なことなどをお話下さった。興味深い内容だった。私たち揖龍教育工学研究会からは5名が参加した。昨年と比べると倍増した。これからも,参加が増えるようにしていきたい。また,氷上情報教育研究会をひっぱっておられる酒井先生ともお話しすることができた。充実した1日だった。

|

« スキー教室 | トップページ | 夢前少女招待バレー »

コメント

ご苦労様でした。フラッシュの件教えていただきありがとうございました。

投稿: sakai | 2008.01.28 22:49

sakaiさんへ
2月の研究会がんばってください。日程が調整できれば参加したいと思います。

投稿: きよちゃん | 2008.01.29 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/17840352

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年度兵庫県教育工学研究会:

« スキー教室 | トップページ | 夢前少女招待バレー »