« 餅つき | トップページ | 明日,フラッシュ型教材活用セミナーin大阪 »

2007.12.13

小さい部分を大きく映し出す

 プリントの小さな文字を拡大することで,どこを見て良いのかが分かりやすくなる。特によくわからない子にとっては,映し出された画面を見て気がつくことが多い。ICT活用がなかった頃は,一人一人にまわって教えていた。しかし,今は一時に確実に教えることができる。しかし,ICTに頼りっぱなしではなくて,やはり,教えるときに子どもの一人一人の目を見ることが大切だ。これは,ICT活用以前も以後も同じ事だと思う。時代が変わっても変わらない大切なものが教育の世界にもある。

|

« 餅つき | トップページ | 明日,フラッシュ型教材活用セミナーin大阪 »

コメント

使いながら感じるのはソコですね。
安心・慢心は禁物。

映し出される鮮明な拡大画像に酔い
しれてると,死角で手遊びしている
子を見逃してしまいます。

自動車運転で言うところの目視(あっ
てるかな?)。確認は大切ですね。

投稿: ミッキー | 2007.12.14 21:22

ミッキーさんへ
書きこみありがとう。慢心は,自分を成長させないと思います。気をつけたいです。

投稿: きよちゃん | 2007.12.14 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/17360231

この記事へのトラックバック一覧です: 小さい部分を大きく映し出す:

« 餅つき | トップページ | 明日,フラッシュ型教材活用セミナーin大阪 »