« バレー最終 | トップページ | 1年の目標 »

2007.12.31

2007年が終わる

 今年1年間を振り返ってみる。
 4月から6年生を担任するようになったが,子どもたちの目線で物事を捉えながら,今子どもたちに必要なことを指導するように心がけた。特にスモールステップでの指示を心がけた。しかし,指導方法で,まだまだ改善が必要であると思った。
 ICT活用に関しては,校内だけでなくもう少し広いエリアでの普及をと新しい研究会を立ち上げることができた。そのことで多くの方々にお世話になっており,人は人に支えながら生きているのだということを実感している。
 1月から岡山や東京,大阪など県外のセミナーで話をする機会を得ることができた。これは,私にもっと自分を鍛えなさいという堀田先生からのメッセージでもある。まだまだだけれど,地道にがんばっていきたいと思う。
 論文に関しては,自分の努力不足で途中で断念してしまった。なぜ,論文を書くのかということが明確でなかったように思う。来年に向けての課題だと思った。
 剣道については,忙しさに負けて休むことが多かった。子どもたちのがんばりに支えられて続けられたようなものだ。
 家の仕事については,努力したつもりだけれど帰宅時間が遅くて充分ではなかったと思う。もう少し早い帰宅を心がけなければと反省。
 見通しを持って仕事をすることを目標に上げていたが,順調に進んでいるときはできていたが,一度崩れるとずるずると遅れたままになっていて修正できなかったように思う。イレギュラーがあっても修正できるだけの力をつけていきたいと思う。
 以上,1月に目標を立て,4月に修正したことの評価をおこなってみた。このことを踏まえて来年の目標を立てていきたい。 
 それにしても,今年もいろいろあったなあと思う。厄年は名前だけだと思っていたが,身体が少しずつ変化してきていることを実感することが多い。確実に体力が落ちてきている。気力だけは,まだまだ若いのだが・・・。家族健康で1年を過ごすことができたのが何よりだった。

|

« バレー最終 | トップページ | 1年の目標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/17544243

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年が終わる:

« バレー最終 | トップページ | 1年の目標 »