« ビスラカップ  | トップページ | 人権発表会に向けて »

2007.11.05

社会科デジタル副読本活用授業

 たつの市立室津小学校で入江先生による社会科デジタル副読本の活用授業がおこなわれた。授業の導入で今日の内容にたいてい興味を持たせる場面で副読本を活用していた。入江先生は,この日の授業のために何度も何度も指導案を書き直し,授業の準備にもかなりの時間をかけておられた。また,教室を出て,地域を子どもとともに歩いて,生きた教材をもとに学習されていた。そういう意味で,とても刺激的な授業だったと思う。研究協議会では,木原先生@大阪教育大学にお話をいただいた。2週続けて木原先生にご指導いただくことができ,とてもラッキーだった。今日のお話で,デジタル副読本を活用する際のキ-ワードや今後の展望を教えていただいた。キーワードは,次のようなものだ。
・学習モデルの獲得
・体験の代行
・体験の振り返り
・体験の比較・検討
・体験の共有
このことを意識しながら,今後,さらに活用が広がるように活動していきたい。

|

« ビスラカップ  | トップページ | 人権発表会に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/17033269

この記事へのトラックバック一覧です: 社会科デジタル副読本活用授業:

« ビスラカップ  | トップページ | 人権発表会に向けて »