« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007.09.30

勝海舟 9月30日(日)

 「龍馬がゆく」を読み始めてから1ヶ月が過ぎようとするが,まだ6巻目で読み終えていない。(読書速度が遅い)。龍馬を尊敬する気持ちは,依然と変わらず尊敬しているが,登場人物の一人である勝海舟についてもすごい人だと感じている。龍馬も勝海舟も剣を極めた人として有名で,剣道をしている者にとっては,雲の上の人なのだが,剣豪としてだけではなく人として尊敬してしまう。お二人とも信念をきちんと持っておりぶれない生き方をしている。その生き方に少しでも近づいていけるようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣道の審判など 9月29日(土)

 中学校の剣道の試合で審判をおこなった。中学校の部活は,どのチームも部員が減少傾向だと聞いていたが,この地区も例外ではなく,全体が寂しい感じがした。しかし,競技は白熱し,個人戦では名勝負もたくさん見られた。中学生ぐらいになると,相手を責めて打つと言うことが出来てくるようになる。当てるだけではなくて打突するのが剣道だとよく言われるが,そのことを忠実に行えるように日々稽古する。難しいかもしれないが,子どもたちにそのことを意識してほしいと思った。審判をさせてもらうことで,自分が学ぶことも多い。時間の許す限り続けていきたい。
 夕方からは,自分の道場の稽古に参加した。基本を大事に指導してくださる監督には,本当に感謝している。小さい子供も増えてきており,今後が楽しみだ。最後に,自分の稽古も出来て満足して帰った。
 剣道が終わってから,バレーの練習に参加した。といっても少女バレーではなく,PTAのバレーだ。自分の住んでいる校区のチームがあり,もうすぐ校区対抗の試合がある。自分が参加すると足を引っ張るばかりで心苦しいのだが,盛り上げ役としてがんばりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.24

自分のしたいこと 9月24日(月)

 「自分のしたいことについては,揺らいではいけない。」とある方から助言をいただいた。ぶれてはいけないと思っていても,日々の生活に流されていることがある。本当に自分がしたいことは何なのかをよく考え,行動できるように自分を鍛えていきたいと思う。戒めとして常に心に置くようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.23

運動会と全国大会 9月23日(日)

 好天のもと,運動会が行われた。今年は,雨の日が少なく練習も順調に出来た。子どもたちも本番なので,とてもはりきっていた。特に騎馬戦の戦いや,組み立て体操の演技を見ていて感動した。最後の運動会にかける子どもたちの思いが伝わってきた。本当にいい運動会だった。
 道場対抗の全国大会は,1回戦は勝ち上がったが,2回戦で惜しくも敗れてしまった。娘にとっての最後の大会で最高の舞台をいただいたように思う。子どもの今までのがんばりをたたえるとともに,お世話になった方々に感謝したい。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.21

グローリーへ 9月21日(金)

 稽古をしていないと自分の思っているように身体が動かない。足が出ていないのがよくわかるのだが,それが直らない。(これは,練習不足だけではなく歳のせいもあるのかも(笑))子どもたちは,日々の稽古でどんどんうまくなるが,私は,なかなかうまくなっていかないのが現状だ。しかし,稽古の後は気持ちよく,食事もおいしい。何よりも気分が良くなるのがいい。今度の日曜日は,全国大会。私は,運動会のために出場できないが,私たちの道場が兵庫県代表として参加する。がんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.19

新しい実物投影機 9月19日(水)

 先週,注文していた実物投影機が届いた。エルモ社のL-1nという製品だ。教具を自費で買うことには,様々な意見がある。今回は,私がどうしてもほしくなるくらい,今までの実物投影機と比べて性能が良かったので購入した。実際に授業で活用してみると子どもたちからも「すご~い。見やすい。」という声が上がった。見やすいということは,わかりやすいということにつながってくると思う。いい道具が手に入ったので,その使い方をもっと工夫し,子どもたちがわかったと感じる授業を展開していきたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.17

揖龍少女バレー大会 9月17日(月)

 指導している少女バレーチームの試合があった。この大会は,西播,県,近畿と上へつながっていく大会なので,どのチームも気合いが入っている。私たちもまず初戦をと意気込んだ。強豪相手に1セットを先取。「よっしゃ」という気持ちになっていたが,後が続かない。気持ちが続かない。勝負になると気持ちが引っ込んでしまうのである。試合は,負けん気の強いチームが勝つ。そのためにいろいろな技やプレーを身につける。普段は気持ちの優しい人になってほしいが,いったん試合となると勝負する気持ちを作ってほしいと思う。もっともっと気持ちの向上を望みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.16

恒太結婚式 9月16日(日)

 今年の4月に続き,大成中学校で教員をしていた教え子が結婚をした。私は,大成中学校にたった3年間しか勤務しなかったが,たくさんの教え子に恵まれた。恒太は,私が2年目の時に剣道部に入部してきた。よく気がつき,剣道に対してまじめだったことを思い出す。また,最後の夏の大会では,県大会まで駒を進め優秀な成績をおさめている。私も15年前とあまり変わっていないと言われる方だが,恒太も中学生時代とあまり変わっていない。
 お相手の美桜さんは,名前のとおり桜のように美しい方で,恒太の方が惚れ込んだのだろうと思われる。仕事を通じて知り合ったようで,すでに長い歴史を作っているようだ。今後も二人で幸せな家庭を築いてほしいと思った。本当におめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.15

中学校体育祭 9月15日(土)

 子どもの体育祭を見に出かけていった。中学校の体育祭は,生徒会主導で進められる。先生は裏から子どもたちを支えているという感じがした。どちらも苦労があっただろうと思われた。体育祭では,リレーやムカデ,綱引き,ダンスなどがあり,やっぱり自分の頃と比べて懐かしく思った。私も保護者としてリレーに参加した。中学生にはとてもかなわないが,一緒に走れてすがすがしかった。子どもたちもよくまとまっており,いい体育祭だったと思う。関係者の方々お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.13

スポーツ少年団本部員会 9月13日(木)

 スポーツ少年団の指導者の集まりがあった。競技は違えども目の前の子どもたちをスポーツを通じて育てていくという思いは同じだ。普段の生活では学べないような,礼儀やマナー,人に対する接し方などを学んでほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.09

スポーツ少年団県大会 9月9日(日)

 剣道のスポーツ少年団の県大会が西脇市であった。県下のたくさんのチームが集まっていたが,私たちのチームも個人戦に参加した。どの子も自分なりに考えた動きでがんばっていたように思う。最後の詰めが甘い子がいたので,そのあたりを稽古で教えていきたいと思った。この大会で,私が中学校へ勤務していた頃の先輩とお会いした。あの頃と同じように剣道部の顧問として,部活動に情熱をかけておられることに頭が下がる思いだった。どんなことでも,思いが大切だと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.07

組織を考える 9月7日(金)

 夕方からある会合があって,そのときに旧知の先輩と話をする機会があった。これからの組織について世代交代を含めて考えさせられることをお聞きすることが出来た。我々の世代がしっかりしなくてはいけないのだとつくずく思い知らされた。日頃の忙しさに埋没している自分を反省した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.04

運動会の練習開始 9月4日(火)

 今日から,給食も始まり,運動会の練習もスタートした。この時期にしては,気温が異常に高く,みんな汗だくで懸命に練習していた。本番で最高の演技が出来るようにがんばらせたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.09.03

新学期 9月3日(月)

 いよいよ新学期がスタートした。新しい目標を持ってみんな張り切っている。2学期は行事も多く,あっという間にすぎてしまう。だからこそ地に足ついた実践をやって子どもたちに力をつけてやりたい。長い夏休みの間,大きな事故もなく,全員元気で登校できたことをうれしく思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.09.02

剣道で倉吉へ 9月2日(日)

里見まつり少年剣士剣道大会が鳥取県倉吉であった。朝5時に出発し,帰ってきたのが夜の6時とさすがに疲れたが,子どもたちにとってはいい経験になったと思う。幸い小学校低学年と中学女子がベスト8に入り,敢闘賞をいただいた。今後の励みになることと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »