« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007.08.29

神戸へ出張 8月29日(水)

 神戸へ出張した。電車の中で,久しぶりに司馬遼太郎の龍馬がゆくを読んだ。幕末,日本は激動の時代だった。そのころに,日本を外国に負けないいい国にしたいと立ち上がった人々がたくさんいて,その一人が坂本龍馬だ。私は,龍馬のような大人物ではないが,今の日本の教育を少しでも変えていきたいとがんばっている。そのために,まず目の前の子どもたちのことを考えて努力していきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.28

網膜剥離 8月28日(火)

 2日目の研修が終わった後,大学の後輩のお見舞いに行った。急に網膜剥離になり,緊急手術を受けたそうだ。病院が研修所の近くだったこともあり,久しぶりに会いに行った。40前後になると,身体のいろんなところが悪くなる。視力の悪い人は,網膜剥離になりやすいらしい。私も気をつけなくてはいけないと思った。久しぶりにあったので,いろんなことを話しした。子どものことが多かったけれど,昔の仲間との会話は心地よい。もっと時間をとって話しがしたかったのだが,術後なので,あまり長いこといると疲れるだろうと思い,短い時間で失礼した。早く良くなって,仕事に復帰してほしいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.08.27

県立研修所へ 8月27日(月)

 県立研修所で講座を受講した。日本の企業では,説明責任などが厳しく問われている。最近も携帯電話の電池について,日本の企業と外国の企業では対応スピードが全く違うという新聞記事が載っていた。日本の方が迅速だったらしい。逆に言うと,日本社会は厳しいということになる。教育の世界でも同じ事が言えると思う。社会では,きちんと説明責任を果たしてほしいという要望がある。しかし,現場がどれだけ対応できているだろうか。そのあたりの検証が必要だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.25

妙法寺へ練習試合 8月25日(土)

 神戸の妙法寺へ練習試合に行かせていただいた。妙法寺は切れ味鋭い技を出す子が多く,そのスピードに私たちのチームがついて行けるかどうかが試合の勝ち負けと関係してくる。しかし,今日は手打ちになってしまい,腰から打っていく技が少なかったように思う。どんなときでも,腰からすーっと入ってばしっと打てるようになりたい。それにしても,暑い日の日中に稽古をするのは大変だ。子どもたちもよくがんばっていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育講演会 8月24日(金)

 たつの市赤とんぼホールで香山リカさんの講演会があった。香山リカさんは,現在帝塚山学院大学で教鞭をとられながら,精神科医,テレビ番組出演,講演,執筆活動とさまざまな分野で活躍されている。今日は,「子どもの心をのぞいてみれば」という内容で講演いただいた。主な内容を下に記す。
 子ども時代に自己否定的な育てられ方をすると大人になってからもそのことを引きずる事が多く,自信を取り戻そうともがいていく。やっと自信を持っても些細なことで自信を失ったり,疑いを持ったりする。自己肯定的に育てられると,挫折しても立ち直りが早い。しかし,どんな人でも自信を失うことがあり,自分はだめだと感じることがある。そうならないために必要なことが休養だ。自分の好きなことが出来る時間を持つことが大切で,そうすることによって,心と身体にエネルギーを蓄えることが出来る。
 お話の中で,1つだけ疑問に思ったことがある。それは,心の問題の解決に対して学校や精神科医ががんばらなくてはならないというメッセージを送られていて,家庭は,できなくてもしかたないということをおっしゃていたことだ。確かに,心の問題は,複雑になってきており家庭だけでは解決できないことが増えてきた。学校や精神科医が協力していくのは当然だと思う。しかし,そこに家庭も入ってきてこそ初めて解決できることだと思う。家庭は,子どもにとって一番大事だということを,日頃から子どもと接していて感じている。だからこそ,私たちは,家庭を応援していきたいと思う。講演を聴いていてそんなことを感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.22

子どもと親 8月22日(水)

 子どもは,親の背中を見て育つとはよくいったもので,親の影響を強く受ける。教えようと思っていないのに,親のまねを自然としていることがある。言葉遣いや態度なども同じ事が言えると思う。子どもの行動をしかりながら自分を反省することもたびたびあるのである。だからこそ,親も勉強する必要がある。かしこまって勉強する必要はない。これは,人に迷惑をかけていないのかなあと考えることが大切だと思う。昔と比べて,マナーが悪くなったという声を聞くようになって久しいが,子どもをしかる前に,我々親世代が考えてみる必要があると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.21

ブログや携帯メール 8月21日(火)

 ブログや携帯メールが急速度で普及し,子どもたちの周りにも当然,あふれてきている。それにともなって,携帯メールも含めたネット社会の中で,いじめや誹謗,中傷が増えてきており,トラブルの原因になっている。小学生も例外ではなく,被害に遭っている子が急増している。しかし,大人がそのうちのどれだけをつかんでいるだろうか。知っているのは一部のはずだ。本気になって考えないと大変なことになる。対策が急務だと思う。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007.08.20

バレーの練習再開 8月20日(月)

 剣道の練習が先週の金曜日から始まったが,バレーの方も今日から再スタートになった。お盆の間に家族と一緒に過ごす時間がたくさんあって,充実した充電期間になったと思う。休みの後は,体が重いかもしれないが,練習しているとすぐに戻ると思う。暑い日々が続くけれどもがんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.19

剣道の合宿8月19日(日)

 昨日から,私たちの所属する道場が合宿をおこなった。他の2チームとの合同合宿だったが,2日間,子どもたちは,本当によくがんばっていた。昨日は,16チームでの練習試合。1日だけで20試合以上をこなした。今日も,朝からどんどん練習試合をこなしていった。この合宿でがんばったことが,秋からじわじわと効いてくると思う。合宿をするということは,選手は,もちろんのこと,指導者保護者も大変な労力を要する。子どものためだから出来るのだと思う。指導者の方々,保護者の方々,ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.18

上京 8月18日(土)

 始発の新幹線で上京。午前中は,論文指導をうける。筋が通った論文が書けるようになるには時間がかかるが,あきらめずにがんばる意欲が出てきた。午後からは,情報教育のセミナー。参加して思ったことは,物事を進めていくためには準備が大切だと言うこと。準備8割と言われるくらい,準備の段階で善し悪しが決まってくると言っても言い過ぎではないだろうと思う。自分は,どれくらい出来ているだろうか。今日も,多くの方々の支えで学ぶことが出来た。そのことを感謝するとともに,自分も支えられる人間になりたいと思う。明日も東京でセミナーがあったのだが,剣道の合宿のため,日帰りとなった。剣道の合宿でも,たくさんの方々が支えてくださっている。感謝するとともに,帰ったらできるだけのことをしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.17

フラッシュ型教材をさぐる 8月17日(金)

 今,フラッシュ型教材について研究している。この教材の良さは,①ゲーム感覚で②短時間で集中して③基礎基本の定着にきくことである。作成されている教材を分析しているとおもしろいことが見えてくる。研究することが楽しいことだと初めて思った。今後,時間をかけて分析を続けていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.14

海へ 8月14日(火)

 私の生まれ育った町には海がある。だから,海は大好きだ。今日,漁師をしている友だちに沖に連れて行ってもらった。お盆の間は休みなのだが,おかずをとりに行くのにはかまわないらしい。何度も連れて行ってもらっているが,今日が一番の大漁だった。スズキがたくさん捕れた。小アジは,もっとたくさん捕れた。兄弟や友だち,近所にも配れるほどだった。家に帰ってスズキと小アジを刺身にして食べた。新鮮なものはやっぱりおいしい。ありがとう。きみちゃん(友だちの漁師)。夕方から兄弟が集まった。久しぶりに親戚がそろうのはいいものだ。今度は正月かな?楽しみだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.13

実践記録の見直し 8月13日(月)

 1学期の取り組みのまとめを,丁寧に見直しすることが出来た。同じ学年の先生は,大学院を卒業されており,文章をきちんと書くのに手慣れた方で,私のおかしい部分を的確に指摘してくださる。あっそうかと思う部分がたくさんあった。文章の整合性をとるのにも才能がある人とない人があって,私は,悲しいほどないことがよくわかる。だからこそ,日頃の努力が必要だ。
 昨日から,実家へ泊まりで出かけ,親戚と会った。明日は,私の兄弟が集まる。お盆もゆっくりとは出来ないけれど,気分的には余裕が持てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.11

こだま会招待剣道大会 8月11日(土)

 神戸の県立文化体育館で,少年剣道の招待大会があった。主催者であるこだま会は,30年以上の歴史があり,県内でも有数の強豪チームで,指導者も高段者の方々がたくさんおられる。
 私たちのチームは,小学生団体,中学生男子団体,中学生女子団体,小学生個人とすべてにエントリーさせていただいた。小学生は,6年生がいない中で,試合に対して粘りが出てきたように思う。まだまだ,力が十分ついていない子もいるが,気迫でがんばっている。個人戦では,準優勝する子も出てきたし,これから,期待が出来るチームになってきた。中学生男子は,気迫が足りなかった。強い相手ではあったが,日頃の稽古から気持ちを入れてがんばってほしい。中学生女子は,相手の動きが十分に読み切れていなかった。読み切ることは難しいが,相手の動きに惑わされないことが大切だと思う。そのためには,鍛錬しかない。がんばってほしい。明日から,剣道も夏休みにはいる。体をゆっくりと休め,リフレッシュさせて合宿にのぞんでほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.10

揖龍教育工学研究会 8月10日(金)

 第3回揖龍教育工学研究会が揖西東小であった。今回の内容は,①情報モラルについて②デジカメの活用法③私のなやみ の3本立て。3時間が充実したものになった。
 情報モラルについては,昨年度の全国教研での発表を中心に話しをしていただいた。ブログからおこったトラブルの事例を聞くことが出来た。携帯やブログの使い方を誤ると大変なことになることがよくわかった。
 デジカメ活用では,デジカメを使ってどんな授業が可能かということをワークショップ形式で考えていった。若い先生が真剣に考え,アイデアを出していたのが印象的だった。
 「私のなやみ」のコーナーでは,若い先生が今抱えている悩みを話し,それについて議論するものだ。指導がきちんと通らない子に対してどう対処するのかということについて,さまざまな意見が出された。私にとっても参考になるような意見があった。次回は,10月5日(金)18:30~揖西東小でおこなう予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.09

揖龍視聴覚部会 8月9日(木)

 中川先生@徳島を迎えて,揖龍視聴覚部会夏季研修会がおこなわれた。前半は,若手4人のパネルディスカッション。ICTが若手の中では,浸透しつつあることを実感した。後半は,中川先生の講演。「魅力UPのICT活用授業」という題で
-まだまだ,もっとプロジェクタ 
-ワークショップで授業改善
-低学年とICT
-情報カリキュラムとテキスト
-教員一人一台のPC
の内容について教えていただいた。わかりやすい内容で,1時間30分があっという間にすぎてしまった。教員一人一台のPC時代を迎え,教員と他の職業の方との違いについて解説をいただいた。
 夜は,中川先生を囲んでの懇親会。若い人もたくさん参加してくれ,話が盛り上がった。いい会だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.08

松下教育研究財団成果報告会 8月8日(水)

 朝6:50頃家を出て上京。11:00頃に日暮里へ。第32回松下教育研究財団の成果報告会で昨年度の取り組みを発表した。全国の実践者のお話を聞くと,私にはないアイデアや工夫をたくさんされていた。ユニークな単元やカリキュラム開発をおこなっておられたり,ICT活用で体験学習を風化させないための工夫がされていた。私は,ICTを活用して,学力向上をねらった実践を発表した。いくつかの報告の中で,ミドルリーダーの働きが大切であることがわかった。報告会の後,ワークショップ&講演会だった。中川先生@NIMEが進行役と講師を務められた。私もグループのファシリテーター役を仰せつかった。「取組み・成果を定着,普及させるための課題と解決策はこれだ!」をテーマにWSが進められた。その中で,多くのグループから「人」が大切であるという意見が出された。物事をなし得ようと思うと,いろんな要因が必要だが,その中でも人が一番大切だと感じている人が多いことがわかった。中川先生の講演の中でも【ひと】【もの】【こと】の重要性についてふれられていた。そして,「成功例のモデル化」,「情報共有のシステム」「失敗例の原因の分析」「課題の改善」などを地道にやれるところからスモールステップで取り組む意外にないとおっしゃられていた。地道な取り組みは,本当に大事だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.07

読書100プラン 8月7日(火)

 午前中は,健康診断。午後から,たつの市で読書100プラン事業推進啓発大会に参加した。これは,たつの市が進める義務教育終了までに100冊以上の読書をしようという活動の一環である。朗読会があったり,子どもたちの群読があったりと盛りだくさんの内容だった。本を読むことはとても大切だと私も思っている。子どもの頃にもっとたくさんの本を読んでいれば良かったと後悔もしている。今の子どもたちにもっともっと本を読めるように,私自身も努力していきたいと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.06

園田学園女子大学へ 8月6日(月)

 研究の道筋をつけようと園田学園女子大学の堀田先生のところへ伺った。研究の中心となる事柄の先行研究を探すためにいったのだが,なかなか見つからなかった。そのうちに,研究課題自体が本当にこれでよいのかわからなくなってきた。自分が本当に研究したいことを見つめ直す意味で,今日は,お伺いできて良かった。堀田先生は,いつも懇切丁寧にアドバイスをして下さる。今回も急にお願いしたのに,快く引き受けて下さった。本当にありがたい。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.05

バレーの大会2日目 8月5日(日)

 今日もなかなかエンジンがかからず,しんどい試合が続いた。1試合目から,ミスの連続。なかなかリズムに乗りきれない。自信を持ってプレーをしていないのだ。しかし,途中から少しずつリズムをつかみ始め,最後の方で自分たちの試合ができたように思った。2試合目は,強豪チームと対戦した。よく鍛えられてるチームだったが,こちらも,気持ちで負けないで戦っていた。少し,良いバレーができたように感じたが,最後の方で,リズムを崩してしまった。それでも,何とか勝ち上がることができた。3試合目は,さらに強いチームだった。しかし,強気で攻めていこうとアドバイスした。強気でがんばるうちに,活路が見えてくることがあるからだ。しかし,今回は,相手ペースで試合が進み,良いところが見られずに試合が終わってしまった。収穫と課題の残った試合だった。しかし,昨日と比べるとかなりやる気が出てきていたと思う。また,基本からやり直すことが大切だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.04

バレーの大会1日目 8月4日(土) 

 バレーの大会が,たつの市でおこなわれた。私たちのチームは,素直でまじめな子が多いのだが,勝ち気な性格の子が少なく,勝負になると途端に根性が無くなってしまう。自分たちで負けに行くようなものだ。その壁を乗り越えればもっともっと強くなるはずである。本気でそのことに立ち向かう気持ちが大切だと思う。気持ちが切り替え,がんばってほしい。今日は,予選リーグで何とか明日の本戦に残ることができた。開き直りが大切だと思う。明日を期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.03

実践記録 8月3日(金)

 1学期の実践をまとめることによって,振り返ることができる。本当にあわただしかったんだなあと感じる。自分のしたいことの半分もできていない。時間の使い方もさることながら,段取りの仕方や要領が悪い。具体的にどこがどう悪いのかを洗い出して,修正していきたい。それにしても,時間管理ができないのは,最大の欠点だ。克服したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »