« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007.05.28

デジタル副読本編集会議 5月28日(月)

 本格的に運用が始まった新しい社会科デジタル副読本。使い出してからも手直しが必要な部分を洗い出し直していった。この作業は大変であるが,子どもたちが少しでも使えるようによりよいものにしていければいいなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.27

たつの市剣道大会 5月27日(日)

 たつの市の剣道大会があったので,審判として参加した。剣道の審判は,本当に難しいといつも思う。面や小手や胴の部位に当たっているだけでは1本にならない。しかし,小さい小学生は,気剣体一致が難しい。どのあたりで一本にするかは,審判の主観にゆだねられている。それだけに,できるだけみんなが納得できる基準で旗をあげるように心がけている。私の行っている道場は,今回中学校が準優勝,個人戦では,5人が入賞した。さらに上を目指し,剣道の技だけではなく,心も磨いてほしいと願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.20

昇段審査 5月20日(日)

 昇段審査は,難しい。剣道の道場の子ども3人を連れて,和田山へ行った。昨日の夜は,遅くまで同級生たちと会っていたので,朝がつらかった。瀬戸内側は,晴れているのに生野峠を越えると雨が降っていた。やっぱり兵庫県は広い。播磨地方と但馬地方とでは,気候が違うのである。
 今回も道場の監督さんが一緒に来てくださった。私は,指導者という立場の前に,保護者の立場でもあるので,本当に感謝している。
 少し早めについたので,3人は練習をして審査に望んだ。3人ともよく声は出ていたが,初段を受けた1人が合格し,残りの一人と2段を受けた1人は残念ながら不合格だった。原因を監督さんと一緒に分析。初段の子は,足が出ていなくて打ちが前屈みになってしまっていた。2段の子は,最初の打ちで,相手に入られ,それに合わして打ってしまった。悪い癖である。今度の審査では,そのことに注意して受けるときっと合格すると思う。がんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・祭り 5月19日(土)

 姫路でザ・祭りのイベントがあり,同級生の子どもが乗り子になっていたので,応援に行った。といっても姫路城にまでは行くことができなかったので,地元に帰ってきてから最後の場面での応援になった。祭りとは違う時期だったが,やっぱりチョーサを見ると気持ちがいい。そのあと,その同級生の家で,友達がたくさん集まってしばらく宴会状態だった。楽しいひとときを過ごすことができた。乗り子の親である孝典君,お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.18

気持ち 5月18日(土)

 人の気持ちを理解するのはとても難しい。違って当たり前なのだが,どう違うのかがわかる人は,すごいと思う。そのためには,まず,自分をしっかりと見つめることが大切なのであろう。今日は,気持ちが揺れている人とたくさん出会った。そんな人の気持ちがもっと理解できたらいいのにと感じた1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.17

学習情報研究 5月17日(木)

 (財)学習ソフトウェア情報教育センターから発行されている学習情報研究という雑誌が届いた。一般的にはあまり,知られていないかもしれないが,情報教育の分野では有名な雑誌でもある。この雑誌に文章を書く機会を与えていただいた。書くことで学ぶことがたくさんあるのだが,読み返してみて,また,学ぶことがある。改めて読み返すと,筋が通っていないところや目の付け所がずれているところなどがあり,反省ばかりである。それに比べて,他の執筆者は,さすがだと感心させられる。勉強不足を痛感するとともに,時間の使い方を考え,勉強する時間を生み出していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.16

知らないことは恐ろしい 5月16日(水)

 本を読んでいると,「そうだったんだ」ということがたくさんある。若い頃,本をあまり読んでいなかった私は,本当によくわかっていないのに,自分では,なんでもわかっているつもりでいた。今振り返ればとても恥ずかしいことだけれど,事実,謙虚さのかけらもなかったように思う。本当によくわかっている人は,本もたくさん読んでいるし,勉強もよくしている。この年になって遅いかもしれないけれど,やらないよりはましだと思って,読書の時間を増やすように心がけている。知らないことは恐ろしいんだということをいつも忘れずに勉強していきたいと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.05.13

溝そうじとリサイクルデー 5月13日(日)

 近所の人たちが総出で溝そうじをした。1年間のどろを取り出して,溝もきれいになった。そのあと,職場に戻って,リサイクルデーのお手伝い。しかし,到着したときにはすでに,終わっていた。迷惑をかけてしまった。少し片付けをし,残務処理をして帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

再会 5月12日(土)

 夜,剣道の会議に出席。次の試合の組み合わせを作った。そのあと,20数年ぶりに高校の同級生と一緒に食事をする機会があった。彼は,高校を卒業して単身アメリカに渡り,アメリカの大学を卒業した。その後,語学力を活かすことができる会社に就職。しばらくして,地元に戻り,実家の家業を継いでいる。久しぶりに会ったのにもかかわらず,すぐにうち解け話が弾んだ。今日,会えるようになったのは,偶然,共通の知人がいたことで,その知人の方の計らいで再会が実現した。感謝したい。彼は,元気でがんばっているようで何よりだ。本当にうれしい出来事だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たつの市小学生バレーボール大会 5月12日(土)

 6年生以下の大会が新宮であった。先週の大会でそこそこの結果が出たので,楽しみにしていたが,スタートから勝つ気があまり出ておらず,弱気のままで終わってしまった。情けない試合だったので,帰ってから練習試合をした。何回かするうちに声も出てくるようになった。しかし,そこまでに自分で気持ちを盛り上げてほしいと思う。6年生がチームを引っ張れるともっといい結果につながると思う。これからに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.11

揖龍工学研究会スタート 5月11日(金)

 1年間ぐらい心の中にあたためていた研究会が今日発足した。私が勤めている揖龍地区は,過去に情報教育では,県のトップ3といわれるくらい活動をおこなっていた。その中から多くの実践がうまれ,全国的に注目された時期もあった。その功績をつなぐ意味でも我々の世代ががんばらねばならないと考えた。また,情報教育が進んでいく中で,この地域も取り組みを進め,子どもたちに力がつくような実践が少しでも多く積み重ねられるようにしていきたいと思った。1回目ということもあり,思ったよりもたくさんの方々が集まってくださった。多くの人が,教育に対して熱い思いを持っておられるのだとうれしく思った。また,この会を発足させるために関係の校長先生,教頭先生はじめ,多くの方々のお力をお借りした。本当にありがたいことだ。そのことに感謝するとともに,今後,会が息長く続けられるようにしていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.10

跳び箱 5月10日(木)

体育の時間に跳び箱をした。授業の最初に跳び箱が跳べない人が,5,6人いた。そこで,跳ぶこつを少し教えた後,補助に入った。すると,練習した全員跳ぶことができた。跳べた後の顔を見ているとみんな笑顔でうれしそうだった。それを見て私もうれしくなった。努力が報われる結果になった。これからも,少しぐらいうまくいかなくても努力し続けられる人になってほしいと願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.06

第3回マルナカ少年剣道大会 5月6日(日)

 第3回マルナカ少年剣道大会が香川で行われた。私の子どものチームも参加するので,朝5時頃に集合し,香川まで遠征した。四国の方まで遠征するのは初めてで,子どもたちにとってもいい経験になったように思う。試合の方は,低学年も高学年も1回戦で負けてしまった。スピードのある剣にあわててしまったのだが,それなりにいい試合をしていたように思う。自信を持って慌てず試合ができれば,もっといい結果が出るだろう。今後に期待したい。私の方は,ここのところ寝不足が続いていて,バスの中では,ずっと寝ていた。明日から仕事なので,元気を取り戻し,がんばりたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Vカップ西日本小学生バレーボール大会 5月4,5日(土,日)

 奈良の田原本中央体育館を中心に,2日間にわたりバレーボール大会がおこなわれた。この大会は,西日本各地から集まった小学生のチームが心身共に成長することを願っておこなわれている。私たちのチームは,1日目予選で1勝1分けとなり,2日目の2位トーナメントにコマを進めた。2位トーナメントでは,自分たちのバレーであるサーブで崩して,つないで攻撃するスタイルができていたように思う。その結果,3位入賞を果たすことができた。6年生3人,5年生1人,3年生2人という小さいチームで,ここまでよく戦った。今日のこの結果をこれから自信にしてほしいと思った。課題もハッキリしてきた。自分たちが劣勢になると,連鎖反応的に続き,立て直しが聞かなくなってしまう。自分らしいバレーが少しでもできるようにこれからも練習で鍛えていきたい。
 1日目の懇親会で賀集のチームの人たちがたくさん声をかけて下さった。賀集は,淡路の強豪チームで,今大会でもA級に進みすばらしい戦いをおこなっていたようだ。一度淡路の方へ足を運び,胸を借りたいと思った。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.05.03

玉田杯剣道大会 5月3日(木)

 相生で玉田杯剣道大会が行われた。私の子どもの道場も出場した。私も審判として参加した。チームは小学生も中学生も強豪チームと対戦し,残念ながら予選リーグで敗退した。審判をしながら強いチームの動きを観察していると,いくつかのパターンがあることに気がつく。一つ目は,相手の手元があがるように動くことである。打っていくように攻めると手元があがる子がいる。そこをすかさず小手をねらうのである。逆に手元が下がる子に対しては,面をねらう。そうすると入りやすい。頭だけでなく体で覚えているようだ。それだけ稽古を重ねているんだと思う。私たちの道場でも取り組ませたい。
 夕方,東京から帰省してきた友人の家へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.01

揖龍教育工学研究会準備 5月1日(火)

 揖龍で教育工学研究会をいよいよ発足させるので,その準備を進めている。目的は,教育工学の理論や研究手法など学んだり,授業実践や校内研修の持ち方,学習環境の作り方などについての勉強会をおこなう。揖龍地区では,過去に教育工学研究会があった。しかし,私が情報教育に携わるようになってからは,活動が減ってきて自然消滅のようになっていた。それを,今回,過去にがんばっておられた方々の力をお借りして,十数年ぶりに復活させる。こつこつと地道な取り組みをしていきたいと考えている。興味のある方は,私の方までご連絡下さい。

<第1回予定>
場所:揖西東小学校
日時:5月11日(金)18:30~19:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »