« 退職祝い 4月15日(日) | トップページ | CHIeru.e-Teachersはおもしろい 4月19日(木) »

2007.04.18

社会科研修会 4月18日(水)

 本年度,たつの市立御津小学校で西播磨地区小学校社会科研究大会が行われる。そのための第1回目の校内研修会があったが,今回は,揖龍の社会科部会も参加させて頂いた。講師の先生は,愛知教育大学の寺本教授。小学校の先生出身だけあって,わかりやすいお話だった。本当は,フィールドワークの予定だったが,雨のため,目的地である新舞子の舞子館とマックスバリューに車で移動してお話をお聞きした。舞子館では,昔からよくしっているおじさんのお話をお聞きし,とても懐かしかった。

寺本先生のお話の中で心に残ったことを書き出してみる。
・地図を指先でたどらせる。爪に目玉をかいてみてみよう。
・工夫や苦労を聞くことによって,生きざまを共感的に
・考えることが社会科の大切な視点。
・仕掛けを探る
・地位教材ばかりにのめり込むのも駄目。応用転移できるように。全国的にはどうだろうかとか世界的にはどうなっているのだろうと広げていく。(高学年ではとくにそう。)
・足を地につけて眺める視点が必要。
・インタビューのポイントは ①きっかけ  ②ご苦労  ③今後の抱負
・社会科のフィールドワークのポイントは ①歩く ②見る ③聞く
・行く前にある程度やっておく。行く前に疑問を持っていかせることが大切。やっておかなければ時間の無駄。見る目(視点)を持たせてから行く。
・確かな事実認識から意味認識を導き出すのが,社会科。どんな工夫がありますかといきなり聞かない。いろんろ
事実を並べていく。積み重ねている。事実認識力をつける。
・what,where,when,whoが第1段階,howが第2段階。そして,最後にwhy。これを対話でできる先生はすごい。
先生は,すぐにwhyを聞いてしまう。じっくりとゆっくりと。

|

« 退職祝い 4月15日(日) | トップページ | CHIeru.e-Teachersはおもしろい 4月19日(木) »

コメント

雨が降り寒くて、巡検が出来なくて残念でした。でもそのおかげで、ゆっくりとお話が聞けて、予定外の講演会も持ててよかったかもしれません。
校区内に、気軽に受け入れてくださる、親切で協力的な地域の方々がおられることに感謝する日々です。実質的に今日が、本年度の新メンバーのスタートになりましたが、きっと秋の「中・西播磨地区社会科研究会」は、成功すると感じました。この後ともよろしくお願いいたします。

投稿: マモさん | 2007.04.18 21:48

マモさんへ
 今日は,ありがとうございました。研究的視点を持って実践されているマモさんのことを,寺本先生は高く評価されていましたね。あれで,同僚の方もマモさんのことをさらに信頼されたと思います。これからが大変ですが,私もできる限りの応援をしたいと思っています。ご成功をお祈りしております。

投稿: きよちゃん | 2007.04.18 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/14756031

この記事へのトラックバック一覧です: 社会科研修会 4月18日(水):

« 退職祝い 4月15日(日) | トップページ | CHIeru.e-Teachersはおもしろい 4月19日(木) »