« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007.04.30

昭子結婚式 4月30日(月)

 大成中学時代の教え子である昭子の結婚式に招待された。あの当時教えた子も,もう立派な大人で,私よりもしっかりしている。昭子は,中学1年生から剣道を始めた。体は大きい方だったが,気持ちの優しい子でどちらかといえばおとなしい子だった。3年間の厳しい稽古に耐え,粘り強い選手に成長していった。高校でも剣道で進学し,今でも剣道を続けている。そんな中で祐史君というやさしい男性と知り合った。結婚式でも二人の人柄がでているような暖かい結婚式だった。2次会では,教え子たちが幹事をつとめ盛り上げていた。大西,月足,国沢などがいつも世話をしてくれている。人の世話をする人は,きっといいことがあると思う。余興では,バンドをしていた福田や里井がギターを演奏してくれた。教え子に囲まれての結婚式は,いつも嬉しい気持ちになる。昭子,祐史君おめでとう。これからもお幸せに!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.04.29

バレーの大会 4月29日(日)

 たつの市で少女バレーの大会が行われた。たつの市は,バレーボールが盛んで,年に何回か県下の少女バレーのチームを集めた試合がおこなわれる。私たちのチームは,予選リーグを2位で通過し,トーナメントでは,1回戦で先に1セットとり2セット目はとられた。しかし,3セット目は接戦の末に何とか勝利することができた。2回戦では,以前に監督をしていたチームと対戦した。このチームは,今は,私の友人が監督をしている。どちらも負けられない気持ちで戦ったが,残念ながら3セットで敗れてしまった。しかし,気持ちのよい試合だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.28

剣道に行くこと 4月28日(土)

 午前中,バレーの練習に顔を出し,昼から人権の総会に出席。その後,職場へ行って片づけ仕事。
 夜,本当に久しぶりに剣道の稽古に行った。気分的に余裕がなくて,行けていなかったが,連休ということもあり行くことができた。足が思うように動かなかったがやっぱり竹刀を握るのは気持ちがいいものだと思った。攻めがうまくできないのは相変わらずだけれど,気持ちのいい汗をかくことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.27

フラッシュ型教材 4月27日(金)

 最近よくフラッシュ型教材を作成し,子どもたちに提示して学習をさせている。今日も漢字の読みの勉強で活用した。教材は,パワーポイントで作成するが,提示するためのおもしろいビューアーがチエルという会社から提供されている。名前は,「フラッパー」。このページへ行って無料の会員登録さえすれば,ビューアーの「フラッパー」がこれも無料でダウンロードできる。このフラッパーは,子どもが興味をもって学習できるように工夫されている。例えば提示する間隔を変更したり,順番をアットランダムにしたりすることが簡単にできる。子どもたちも楽しみながらがくしゅうしているようだ。これからもどんどん活用したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.24

優れた論文を読む 4月24日(火)

 日曜日から,なんどかある優れた論文を読み返している。最初に目的と結論を見てみるときちんと筋が通っており,読んでいて伝えたいことがよくわかる。気がついた点をいくつか上げてみる。
・目的と結論が一致している。
・問題から目的へとスムーズにつながっている。(なぜ,その目的になったのかがよくわかる。)
・問題の示し方の順番にリズムがある。
・文末表現が妥当である。
・計画に無駄がない。
・結果は,本当に分かったことだけを示している。
・グラフと本文が一致している。
・必要なな表やグラフを用意している。
・「言い難い」「考える」「浮き彫りになった」「感じられる」「うかがえた」「示唆された」などの言葉を
 使い分けている。
などである。まだまだ,書く力もなく,論文の善し悪しさえ見分けることができない私にとって,優れた論文を提供して下さることは,とてもありがたい。何回も読み返し勉強していきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.21

剣道の審判 4月21日(土)

 朝のクリーン作戦に顔を出した後,中体連の剣道の試合に審判として参加した。中学校の方でも審判ができる人が少なくなってきており,中体連OBの私の所にも審判依頼が来た。剣道人口も少なくなっているので,試合の数も減っているようだ。中には1人しかいない部もあり,もっと増えていけばいいのにと願っている。夕方から昨年度までバレーでお世話になった真田さんの送別会。長年私たちのチームを支えて下さり,チームにとっては無くてはならない存在だった。しかし,この4月に栄転されたのを機にチームを離れることとなった。転勤先でもご活躍されることと思う。本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.20

あいさつ,返事 4月20日(金)

 あいさつ,返事が大切だと毎日言っていると朝のあいさつが元気良くできるようになってきた。本当に素直な子どもたちだ。みんなといいクラスが作れそうだ。教室であいさつできるようになってきたら,次は,いろんなところでもできるようになってほしい。学校の中はもちろんのこと,家や近所の人にもするとみんなが気持ちよくなると思う。返事も同じで気持ちのよい返事ができてくるようになると学級が元気になる。がんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.04.19

CHIeru.e-Teachersはおもしろい 4月19日(木)

 今年は,フラッシュ型教材について研究していると,以前に書いたが,そのフラッシュ型教材の提供をしているサイトがある。CHIeru.e-Teachersというところだ。会員登録をすると,PowerPointで作成されたたくさんのフラッシュ型教材や,フラッシュ型教材ビューアー「フラッパ」を無料でダウンロードできる。これは,とてもお得だと思う。今まで,プロジェクタとOHC(実物投影機)を使ってICT活用を校内で推進してきたが,次は,コンピュータもつないでの活用を広めていきたい。このフラッシュ型教材は,そのための簡単な教材だと思う。私も会員になってダウンロードし活用している。他の人にも,このサイトを進めていきたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.04.18

社会科研修会 4月18日(水)

 本年度,たつの市立御津小学校で西播磨地区小学校社会科研究大会が行われる。そのための第1回目の校内研修会があったが,今回は,揖龍の社会科部会も参加させて頂いた。講師の先生は,愛知教育大学の寺本教授。小学校の先生出身だけあって,わかりやすいお話だった。本当は,フィールドワークの予定だったが,雨のため,目的地である新舞子の舞子館とマックスバリューに車で移動してお話をお聞きした。舞子館では,昔からよくしっているおじさんのお話をお聞きし,とても懐かしかった。

寺本先生のお話の中で心に残ったことを書き出してみる。
・地図を指先でたどらせる。爪に目玉をかいてみてみよう。
・工夫や苦労を聞くことによって,生きざまを共感的に
・考えることが社会科の大切な視点。
・仕掛けを探る
・地位教材ばかりにのめり込むのも駄目。応用転移できるように。全国的にはどうだろうかとか世界的にはどうなっているのだろうと広げていく。(高学年ではとくにそう。)
・足を地につけて眺める視点が必要。
・インタビューのポイントは ①きっかけ  ②ご苦労  ③今後の抱負
・社会科のフィールドワークのポイントは ①歩く ②見る ③聞く
・行く前にある程度やっておく。行く前に疑問を持っていかせることが大切。やっておかなければ時間の無駄。見る目(視点)を持たせてから行く。
・確かな事実認識から意味認識を導き出すのが,社会科。どんな工夫がありますかといきなり聞かない。いろんろ
事実を並べていく。積み重ねている。事実認識力をつける。
・what,where,when,whoが第1段階,howが第2段階。そして,最後にwhy。これを対話でできる先生はすごい。
先生は,すぐにwhyを聞いてしまう。じっくりとゆっくりと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.16

退職祝い 4月15日(日)

 午前中,昨日勉強したことの整理と午後からの会議の準備。フラッシュ型教材に関するプロジェクトの第1回目の会議。会議に参加して,やる気が高まってきた。がんばっていきたい。その後,16時20分品川発の新幹線に飛び乗った。網干に着いてお世話になった丸尾校長先生の退職祝いの会会場へ。長年教育のためにご尽力いただいとことに感謝すると共に,自分たちがもっとがんばらなければと思っている。この会を開くにあたってもたくさんの方にお世話になった。ありがたいことだと思った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.04.14

言葉のこと 4月14日(土)

 論文指導を受けに上京した。今年は,教育工学会ではなく,協議会のほうで発表する予定にしている。内容は,フラッシュ型教材の活用についての研究だ。フラッシュ型教材とは,学習コンテンツの1つ。カードに書きこんでフラッシュカードを作り子どもに提示することで,学力をあげる実践はたくさんある。これをデジタル化したものと考えればよい。パワーポイントで作成し,子どもたちに提示していく。その提示方法や活用方法,作成方法などを教師が工夫することで,子どもに力がついていくように思われる。
 論文作成の方は,スムーズにいっていないので,問題点もたくさん指摘された。これで,本当に論文が完成するのかと弱気になったが,落ち込むより,前を向いて進むことが大切だと気を取り直した。
アドバイスを受けたことで,心に残っているキーワードがある。
「緻密」「ぞんざい」。
言葉に関することが多い。今まで,厳密に言葉を使っていなかった証拠だ。だから,その部分で苦労している。しかし,これは,論文を書く上で克服しなければならないことだ。日頃からがんばりたい。
 午後からは,情報教育の勉強会に参加。全国各地から80人近くが集まり,ICTを活用して授業をうまく進めていくための工夫について勉強した。最終的には,教師の教材研究が一番大切だと思った。
 明日の会議のために東京に1泊した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝 4月13日(金)

 この1週間,周りの人のことを感謝することが多かった。見通しの悪さから昨年度末処理が遅くなり,そのため,本年度当初から仕事が後手後手にまわっていた。そんなとき,職場の誰かが助けて下さり,「あ~ありがたい」と思った。人は,一人では生きていない。今まで,周りのことをあまり考えることなく生活していた自分を反省し,感謝の気持ちで過ごしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.07

澤田校長退職祝い 4月7日(土)

 3月31日で澤田校長が御退職された。前任の校長先生で,私が転勤してきていろいろとお世話になった方だ。暖かいお人柄で,たくさんのことを助けて頂いた。だから,退職されるにあたって自分が幹事をしなければならないと思っていた。関係のある方々に声をかけるとほとんどの方が出席してくださった。久しぶりにお会いする方もおられ,楽しい時間を過ごすことができた。37年間,本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.06

子どもとの出会い 4月6日(金)

 新学期がスタートして,担任が発表された。今年は6年生を担任することになった。25人の子どもたちと出会うことになった。しかし,今日は,始業式の後,すぐに入学式の準備・入学式と子どもたちとゆっくり話をする時間がなかった。6年生の子どもたちは,よく動き,はりきっている様子が伺えた。この子たちといいスタートがきれそうだ。
 午後から,職員室の机の配置換え,事務処理,スポーツ少年団バレーの保護者会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.05

伝えること 4月5日(木)

 電話での問い合わせが多い1日だった。その中で,他校の先生から,ネットワーク接続に関するものが3件あった。うち,2件は電話ですんだが,残りの1件は電話では伝えることができず,夕方に,その学校まで出かけていった。行ってみて調べてみるとすぐに原因がわかった。やっぱり電話では限界がある。子どもたちの学習でも現地へ行ってみるのが一番だと再確認した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.04

会議,準備 4月4日(水)

  午前中,職員会議。午後から入学式の準備。入学式は,卒業式の次に大事な学校行事だ。新入生を迎えるために様々な準備を行う。元気で楽しい学校生活がおくれるようになってほしいと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.03

離任式 4月3日(火)

 昨年度まで本校で勤められていた方々と子どもたちとの別れの式が行われた。11人という多くの方が転出された。職員の数が28人なので,3分の1以上の方が異動したことになる。異動しなかったものの役割が重くなる。午後から,入学式の準備,退職された方のお祝い会の段取り,別の団体の仕事で,学年の仕事がほとんどできなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.02

新年度スタート 4月2日(月)

 転勤してこられた新しい方と一緒に平成19年度がスタートした。教頭先生はじめ多くの方が入れ替わり,雰囲気もすごく変わったように感じられた。1日目から慌ただしい動きになったが,落ち着いて仕事をしていきたい。目標をもってがんばっていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.01

片づけ 4月1日(日)

 職場の片づけをしに,昼からでかけた。片づけをしていると他の仕事が出てきたりして,なかなか進まなかった。なんとか,終わらせてきた。いよいよ明日から新しい年度がスタートする。

今年の目標を以下のように1月にたてた。
 ①言葉かけを考えながら,学級経営をおこなう。
 ②わかりやすい授業を目指し,さりげないICT活用をこころがける。
 ③e-asをはじめ,参加しているプロジェクトを成功させる。
 ④学会発表,セミナー発表に向けて,早めに取り組んでいく。
 ⑤剣道の稽古をできるだけたくさんおこなう。
 ⑥家族の仕事もこなす。

これを少し修正し,新年度,新たな気持ちでスタートしたい。
 ①言葉かけを考えながら,学級経営をおこなう。特に収束させる指示を考えて行う。 
 ②わかりやすい授業を目指し,さりげないICT活用をこころがけながら,
  フラッシュカードをもちいて学力アップにも取り組む。
 ③e-asをはじめ,参加しているプロジェクトを成功させる。
 ④学会発表,セミナー発表に向けて,読書量を増やし,早めに取り組んでいく。
 ⑤剣道の稽古をできるだけたくさんおこなう。
 ⑥家族の仕事もこなす。
 ⑦見通しを持ち,早め早めに段取りをして仕事を行う。

達成できるようにがんばっていきたい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »