« 本田宗一郎こうすれば人生はもっと面白くなる! 3月5日(月) | トップページ | 東北初上陸 3月8日(木) »

2007.03.06

中・西播磨社会科部会 3月6日(火)

 中・西播磨地区小学校教育研究会社会科部会が御津小学校であった。平成19年度に,その研究大会を揖龍地区が担当する。そのための打ち合わせがおこなわれた。当日までと当日の日程,大会主題などが提案された。キーワードは,「地域」。地域の中から教材開発をおこない,当日は公開授業を提案する予定になっている。会場校の間森先生は,社会科の研究者でもあり,すぐれた授業開発力を持っておられる方だ。当日が楽しみになってきた。

|

« 本田宗一郎こうすれば人生はもっと面白くなる! 3月5日(月) | トップページ | 東北初上陸 3月8日(木) »

コメント

 中西播磨小社研の幹事会をクリアーすると、やっとエンジンがかかってきた気がします。先日から名古屋で寺本教授との打ち合わせ、そして今日の協議。この段階でここまでの日程が決まっているのは珍しいです。清久さん、色々とありがとうございました。
 御津小学校に勤め始めて、地域の教材の奥深さと人々との結びつきの強さや広がりの尊さをひしひしと感じます。地域の教材は、ひとたび火がつくと、発火点(教室)から遠くはなれたところに移って行き、燃え続けているのです。
 3月2日の「成山新田干拓者のひ孫による特別授業」(3日付神戸新聞・姫路版報道)の実践がまさにそうでした。成山さん一族の中にこんなにも大きな存在として、子ども達と共に出版した絵本が受け止められているとは、ゆめゆめ思いませんでした。
 改めて、地域の教材を子ども達と共に開発し、学習を深めて行くことの意義を知りました。地域を知り、地域の人々の偉大さや地域への誇りを抱くことは、何よりもまた、自分を大切にすることに繋がっていくことになっていることを知りました。
 秋の研究大会に向けて、頑張りたいと思います。皆さんよろしく。

投稿: 間森誉司 | 2007.03.06 23:40

 間森先生,コメントありがとうございました。研究会に向けての取り組み,本当にお疲れ様です。また,教材開発の手法をご教授下さいね。よろしくお願い致します。

投稿: きよちゃん | 2007.03.07 06:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/14159119

この記事へのトラックバック一覧です: 中・西播磨社会科部会 3月6日(火):

« 本田宗一郎こうすれば人生はもっと面白くなる! 3月5日(月) | トップページ | 東北初上陸 3月8日(木) »