« いよいよ明日 1月17日(水) | トップページ | e-asセミナー vol.1 1月20日(土) »

2007.01.18

新しいスタイルの授業をめざして本番 1月18日(木)

 12時過ぎに,堀田先生を相生駅まで,迎えに行った。堀田先生に来ていただけるだけで,やる気がわいてくる。そのあと,昼食をクラスで食べていただいた。子ども達も大喜びでいろんなことを話していた。
 いよいよ,授業。今回は,算数の力をつけるために必要なところでのみ,ICTを活用することをめざしていった。そのために,ICT活用場面を限定し,算数のねらいにせまるための手立てを考えることに時間を割いた。
 しかし,授業では,後半の大事なところでぶれてしまった。思考力をつけるために展開する場面で,こけてしまったのだ。原因は,指示の曖昧さと授業設計,それに,広い範囲での教材研究不足だ。自分の力不足を痛感するとともに,授業力をつける必要を強く感じた。今後,さらに研修を重ね,自分を磨いていきたいと感じている。
<反省点>
①目標は,よくばらないこと。焦点化して授業をおこなう。
1時間の中で子ども達にいろんな力をつけようとしていた。授業の中で余計な活動を混ぜてしまっていた。
授業設計段階での誤り。いらないものは,削り取るというのが鉄則。それを,いい加減にしていた。
②教材研究が浅い。その単元しか教材研究していない。だから構造的に理解できていない。
いくら時間をかけてやっていても,やり方に問題があると深まりができない。
関係のある単元は,すべて細かく教材研究するべき。
③広げたことを束ねるための指示・発問に練習不足がある。
今回,一番勉強になったこと。授業は導入さえしっかりしていればよいと勘違いしていた。
導入は大切。収束させる部分も大切。
そこでの指示が曖昧だと子どもの動きがおかしくなる。
スモールステップで,場面を切って指示をするべき。

お忙しい中,たくさんの方々が,参加いただき,ご指導いただいたことに感謝したい。

研究協議の後,姫路で懇親会。堀田先生にも参加していただいた。堀田先生は,日本でも有数の情報教育研究者でありながら,気さくにやさしくみんなに接して下さる。今回も,私の上司や同僚に対して,気を配ってくださっていた。参加してくれた本校職員も嬉しく感じていたようだ。それにしても,本当にすごい方だ。そんな先生に教えていただけることを幸せに思うとともに,それに答えられるよう努力を続けていきたい。

|

« いよいよ明日 1月17日(水) | トップページ | e-asセミナー vol.1 1月20日(土) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/13579018

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいスタイルの授業をめざして本番 1月18日(木):

« いよいよ明日 1月17日(水) | トップページ | e-asセミナー vol.1 1月20日(土) »