« 社会科デジタル副読本活用授業 12月5日(火) | トップページ | 帰還 12月10日(日) »

2006.12.09

論文を書いてみて 12月9日(土)

 始発の新幹線で東京へ。昨日は,早くねようと思ったのに,結局帰宅が遅くなってしまったため,朝がつらかった。9時40分頃に会場へ。
 今年,学会で発表するために勉強していて,初めて気がついたことがたくさんあった。そのことを忘れないために,ここに記しておこうと思う。
1.研究発表して一番わかったこと
自分が何もわかっていないことがわかった(無知を知る)
2.どうすればよかったのか
(1)論文を書くまでに  何をしたいのかをはっきりと
(2)論文を書くときに  思いつきはだめ
(3)プレゼン作成のときに かける時間が圧倒的に不足している
(4)発表のときに 語尾を厳密に
もっともっとたくさんのことがあるのだが,上に書いたことを心に刻んで,今年も取り組んでいきたいと思う。
 午後からも,情報教育の研修会に参加。この会も,毎回学ぶことが多い。自分の資質を高めるためには,結局教材研究が最も大切だということを改めて実感した。日々の積み重ねが大切だということになる。

|

« 社会科デジタル副読本活用授業 12月5日(火) | トップページ | 帰還 12月10日(日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/13018774

この記事へのトラックバック一覧です: 論文を書いてみて 12月9日(土):

« 社会科デジタル副読本活用授業 12月5日(火) | トップページ | 帰還 12月10日(日) »