« 友人と 11月16日(木) | トップページ | バレーと剣道 11月18日(土) »

2006.11.17

県社会科研究大会と近畿視聴覚大会 11月17日(金)

 兵庫県小学校社会科研究大会が猪名川町立松尾台小学校でおこなわれた。近畿視聴覚大会も神戸でおこなわれていたのだが,残念ながら,来年度,私たちの地区が社会科の研究大会をひかえているので,社会科の方に参加した。授業では,地域教材を掘り起こし,さまざまな取り組みがおこなわれていた。教材開発の大切さを学んだ。また,講師の先生方が,有田和正先生@東北福祉大学,清水毅四郎先生@滋賀大学,寺本潔先生@愛知教育大学と豪華な顔ぶれだった。
 印象に残っていることをいくつか書いてみる。
・社会科は資料が勝負。それを子どもに読み取らせることが大切。地域教材を掘り起こしていく見つけ方はよかった。社会力を培うとは,①社会に適応する力社会に関わる力②社会から学ぶ力③社会に返す。社会を変える力である。
・目標→内容→方法よりも内容→方法→目標の順番にするほうが良い授業ができる。授業が変わる。NHKの番組作りはその順番。目標はついてくる。
・ネタ張。おもしろいと思ったことをメモする。新聞,雑誌を切り抜いておく。それが,おもしろい教材になる。ぱっと感覚的に見つかることもあるが,じっくりとためて記録を取っておいて積み重ねる。こつとは,ヒントをもらって学ぶことではないか。
・沖縄がおもしろい。さとうきび,パイナップル,野菜作り,マンゴーは,北上している。温暖化している。北限で作ったマンゴーが一番おいしい。沖縄は味もゆったりしている。サトウキビは,送ってもらうのが大変。サトウキビは,気象庁だ。サトウキビを見るとそのときの気象状況がわかる。
・地図帳がおもしろい。いろんなデータがのっていて,それを見るだけでもいろんな側面がうきぼりになってくる。
 
 近畿視聴覚大会では,私たちの地区の石堂さんが,道徳部会で発表した。本年度は,地区を上げて,モラル教育に取り組んでおり,その成果の一部を発表したようだ。その懇親会に,猪名川町から帰ってきて,遅れて参加した。情報教育の大切さを共有するとともに,さらに研究を積んでいきたいと感じた。
 

|

« 友人と 11月16日(木) | トップページ | バレーと剣道 11月18日(土) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76610/12761654

この記事へのトラックバック一覧です: 県社会科研究大会と近畿視聴覚大会 11月17日(金):

« 友人と 11月16日(木) | トップページ | バレーと剣道 11月18日(土) »