« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.31

登校日 8月31日(木)

 8月最後の日。しかし,登校日になっていた。耐震工事の関係で,間の時に登校日が取れなくて,今日に設定されていた。一足早く新学期がスタートしたようだった。27人全員が元気な顔を見せてくれてうれしかった。移動の作業はとっても大変だけど,新しい教室はやっぱり気持ちいい。子ども達もすごく喜んでいた。大切に使っていきたいと思う。今年は,9月3日が始業式で,明日は代休になっている。変則的だが,気持ちよく新学期のスタートを切っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.30

8月30日(水)

 長い夏休みも終わりになってきた。毎日があっと過ぎてしまうことが多く,とても早いように感じた。夏休みに入る前は,「あれもしよう」「これもしよう」と思っていたのに,ほとんどできていない。でも,充実した夏休みでもあった。特に,全国のいろんな方々からお話をお聞きして,自分に足りないものがたくさん見えてきた。自分は,まだまだだなあと思いながら,負けてなるものかとやる気が出てきた。明日は,登校日。久しぶりに子ども達に会う。成長ぶりを楽しみにしながら,元気な顔を見たいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.29

うれしい出来事 8月29日(火)

 パソコンのデータが見られなくなっていたのが,今日,復活した。とてもうれしかった。大切なデータもあったので本当にうれしかった。よかった。
 午後からALTの担当者会があった。前任のマケイン先生は,7月で丸3年の任期を終え,惜しまれながら退職した。その後任として,イギリスからローレンス先生が着任された。まじめで男前のナイスガイだ。熱心にカリキュラムのことや日程について打ち合わせをおこなった。9月6日に私たちの職場に来られる。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漁師の仕事 8月29日(月)

 親友の磯部は,漁師をしている。同じ中学,同じ高校で仲良くしていたのだが,それ以来ずっと付き合いが続いている。磯部は,仕事に関してこだわりがあり,今のままの漁業では,だめだということをいつも言っていた。そして,獲るだけではなく育てることを考え,5年前に赤貝の養殖を始めた。そして,とり貝やあさりなども養殖を広げていった。最初は,誰も見向きもしてくれなかったのが,今では,10人前後の仲間ができているようだ。対外的にも認められてきている。そんなこだわりに興味を持たれた間森先生@御津小と一緒に取材に行った。思っているよりもこだわりを持って仕事に取り組んでいるのがよくわかった。その気持ちが顔にも出ていた。これからも,がんばってほしいと思う。そして,お互いに仕事に対してこだわりを持ち続けていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.28

WPPP関連本のご紹介 8月28日(月)

 昨日,WPPPの最終の会議が大阪であった。その時に,その成果である2冊のプロジェクタ活用本が,amazonに反映されていることが話題に上がっていたのでご紹介したい。実際の発売まであと1週間から10日程度かかるようだ。
高橋 純・堀田龍也編著:
 「映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場面」
堀田龍也・高橋 純編著:
 「あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 50の研修場面」

いずれもフルカラーなのに,どちらも1,500円(税別)という安さ。高陵社書店から出版されている。私も,両方合わせて5つの事例を載せさせていただいている。内容は,IT活用が簡単にできるための工夫が書かれている。写真を多くのせ,よりわかりやすいようにしている。私も今日,注文した。ぜひ,ご購入ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.27

大きな失敗 8月27日(日)

 昨日,WPPP会議がひとまず終わった。その会議の中で,大失敗をしてしまった。指示を見落としていたのだ。あきらかに,心に隙ができている証拠だ。一番大事なことを抜かすと言うことは,人の信用を失ってしまう。指示を守るということは,仕事をする上で基礎基本だ。そんなこともできないで,応用(論文を書くこと)ができるようになるわけがない。まだまだ,自分自身に甘さがあることをよく自覚し,そうならないように心がけなくてはならないと思う。甘さがなくなったとき本物になっていくのだと思う。偽物で終わらぬように,努力していきたい。
 今日は,午前中,奉仕作業。そのあと,本年度,お願いしていた備品が入ってきていたので,その整理をおこなった。2学期から,ITを活用した授業作りを促進させていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.26

WPPP2日目 8月26日(土)

 今日も大阪の門真でWPPP会議。堀田先生@NIME,高橋先生@富山大学はじめ,多くの実践かの方々が集まっておこなわれた。こういう会に来ると,他の方々のアイデアや工夫に驚かされる。今回もプレゼンを見ていると,自分の伝えたいことがきちんと整理されていた。特に,佐藤さん@岩手や皆川さん@宮城,表さん@富山のお話は聞きやすかった。私などは,本当にまだまだだ。すっきりとした話し方や整理の仕方をもっと心がけたいと思った。
 内容面でも,アイデアいっぱいでさすがだ。あらゆる場面で工夫して,使っておられた。ただ単に使うのではなく,そこに工夫があるのである。そういう実践の中から,従来の授業に近い物がこれから,普及していくのだろうと思う。「手軽なIT活用」から,「IT活用が普通」になっていくように,研修も含めて推進していきたいと感じた。
 2日間にわたり,松下電器の島岡BU長はじめ,田中さん,讃井さんなど多くの方々,また,松下教育研究財団の下田さん,三田さんに大変お世話になった。
 帰るときに,渡辺さん@富山県ITセンターに大変お世話になった。論文のことで色々アドバイスいただいた。渡辺さんは,論文を書くのが上手なことで有名で,文章がいつもすっきりとされている。「とにかくいらないことをそぎ落とすことが大事だよ。でも,どの部分をそぎ落とすかが大切で,そこがわかると論文も書きやすいね」と教えていただいた。そうなるまでにどれくらいかかることやら。でも,嘆いていても仕方ない。その前に,論文を書いたり読んだりすることが大切だ。このあと,地元のPTA活動で補導に参加しなくてはならいので,短い時間しかなかったのが残念だった。
 今日は,私は参加できなかったが,少女バレーが1日合宿をしていた。朝から,バレーの練習試合,お楽しみ会と盛りだくさんだった。浦元コーチ,栁生コーチ,真田マネージャー,高松保護者会長らが中心になってうまくやってくれていたみたいだ。いつも,研究で勝手していて申し訳なく思う。本当にありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.25

WPPPオプション会議 8月25日(金)

 大阪・門真市にある松下電器産業のプロジェクタ工場を見学させていただいた。通常であれば企業の中を自由に写真撮影などできないのに,今回は,田中さん@松下電器,讃井さん@松下電器たちの配慮で,OKにしてくださった。とてもラッキーだ。工場見学では,よいものを効率よく製品化する工夫をたくさんお聞きすることができた。それとともに,働いている人の意見を取り入れて職場のレイアウトを決めるなど,本当に働いている”人”を大切にしている会社なんだということも感じた。「物づくりは,人づくり」というように,一流といわれる企業は,人づくりを意識しているとよく耳にするが,松下もまさにそのとおりだと思った。そのあと,松下電器歴史館の見学もさせていただいた。ここでは,松下電器の創業者である松下幸之助氏の一生と松下電器の今まで開発してきた製品を展示していた。たたき上げで,巨大企業を築いてこられた松下氏。自分のすることに対して,いつも社会的価値観を意識しながらやってこられたことは,すごいと思った。だからこそ,自分のされたことに誇りが持てるのだと感じた。そういう部分を自分もみならっていきたい。プロジェクタ工場も松下電器歴史観でもたくさんの社員の方々に見送っていただいた。うれしかった。
 夜は,ホテルで懇親会。たくさんの方々とお話をさせていただく機会が得られた。全国の実践かの方々の話はとても勉強になる。少し飲み過ぎたかもしれない。楽しい会だった。
 今日一日,田中さん,讃井さん,三田さん@松下教育研究財団をはじめ,たくさんの松下の方々には,細かなところまで配慮いただき,お世話になった。感謝したい。
「ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.24

ある講演会で

 ヤンキー先生をご存じの方も多いと思う。本名は義家弘介さん。その方の講演を聴く機会があった。思っていたよりも穏やかな語り口だが,時には,はげしい部分もあり,押さえておられるのだと感じさせられた。お話の中で,印象に残っているのは,「今の子ども達に対して大人は,ハードルをできるだけ排除している。それでは,子どもは鍛えられないし力もついていかない。」ということ。このことは,本当に共感できるし,常に意識をしていることだ。「鉄は熱いうちに打て」という言葉もある。子ども達に対しての本当のやさしさを大人は見失っているのかもしれない。子どものことを思うのなら「安易にやさしく」するのは,返って子ども達のためになっていないと思う。そのためにも,大人が自分人を鍛えていかなければならないのだ。子どもに言う前にまず,自分ができることから始めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.23

研修所3日目 8月23日(水)

 校内ネットワークの構築で森本さん@富士通さんから,サーバの設定について教えていただいた。普段は,サーバのことを詳しく勉強する機会があまりないので,ありがたかった。サーバの設定は,複雑だ。いろんな事を考えて組んでいかなければならない。配慮も必要になってくる。そういう意味で,やっぱりパソコンは機械だけれども,その後ろには人がいるのだと感じる。この3日間で,ITCEのことだけではなく,多くのことを学んだと思った。これを,現場でいかしていきたいと思う。
 夕方からは,子どもと一緒にグローリーへ剣道の稽古に行かせていただいた。暑いからこそ今,鍛えなければならない時期だと思う。川端先生からは,竹刀の握り方,声の出し方,打った後の姿勢などについて指導していただいた。いつもながら,未熟な私に対しても親身になって話して下さることに,感謝したい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修所2日目 8月22日(水)

 企画書プレゼンテーション用資料の作成について,福井さん@富士通から話をお聞きした。企画書をプレゼンする場合,「ICTの利活用の明確化」「運用維持」「セキュリティ」の3つのポイントがあることがわかった。これは,昨日の野村さんのお話とつながる部分があった。そんな中で,ユニバーサルデザインを意識することが大切でそのポイントについても教えていただいた。
 午後からは,実際にプレゼンを作成・実施した。空き教室を利用してITを有効に活用した多目的な教室を新たに設置するときに,どんな機器やソフトウエアを導入すべきか,それには,どれぐらいの予算が必要かを提案することが課題に挙げられた。4グループに分かれて実施したのであるが,同じ課題なのに,それぞれのグループで,視点が違うのがおもしろかった。プレゼンテーションした後,スライドが多すぎたこと,伝える相手が現場の先生なのに,機械的な説明が多かったことなど,反省することが多かった。プレゼンの仕方について,まだまだ,勉強しなくてはと思った。しかし,同じグループの藤井さん@篠山市立大山小,小川さん@三田市立弥生小は,協力的で,仕事もてきぱきとこなしておられ,スクラムを組んで実習することができた。感謝したい。
 夜,食事が終わった後に,藤井さん,細見さん@丹波市立西小と近くの焼鳥屋で一献。二人とも若いのにとてもしっかりしていて,考え方も前向きな人だった。こういう人がいるから,篠山や丹波は元気なんだなと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修所1日目 8月21日(月)

 ITCE2級を意識した講座の研修に参加した。1日目の午前中は、ITCEに求められている資質についての講義を受けた。教育工学のことからコミュニケーション能力まで、さまざまなことを身に着けていかなければならない。午後からは、野村さん@内田洋行のお話をお聞きした。ネットワーク構築のための企画設計基礎についての内容であったが、企画設計を行うのにどんなことを考えていかなければならないのかがよくわかった。構内LANを設置することで、どういうメリットがあるのか、どんなイメージになるのか、セキュリティーや運営についてはどうするのかということを伝えなくてはならないことがわかった。また、無線LANについてもメリットとデメリットを示してくださり、具体的に導入した場合どうなるのかということもお聞きした。これから、検討していきたい。それから、野村さんのプレゼンのまとめかたに工夫があり、とてもわかりやすく、さすがだと感心させられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.21

他の人の論文 8月21日(月) 

 論文を書くと決めてから,他の人の論文を読むことが増えた。といっても,優れた人からすると,まだまだ読み足りていないことを実感する。だから,書く方も上達しない。時間の使い方がまだまだなんだと反省する。反省するばかりではいけない。本当に力をつけないと。
 今日から3日間,研修所へ行くことになっている。今は,自分の力不足を毎日,痛感しているだけにこういう研修の機会があるということは,ありがたいことだ。ICT全般にわたっての内容で,理解していない部分が多いので楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.13

きょうだい 8月13日(日)

 今日,弟と妹がやってきた。お盆の入りということで,みんなでお経をあげた。父が亡くなってからずいぶんになるが,父や母のお陰でこうして,きょうだいが集まることができるのだと感謝したい。昔は,親に反発ばかりしていて,素直な気持ちになれなかった。年をとるごとに,少しずつ感謝の気持ちが増えてきたように思う。情けない話だ。もっと早くになるべきだったと思う。だからこそ,罪滅ぼしも含めて,妻の両親を含めて,両方の親をできるだけ大事にしていきたいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.08.12

長野旗剣道大会 8月12日(土)

 子どもが剣道のために,姫路へ。朝早くから県立武道館はいっぱいだった。今日まで,日永田監督は,錬成の稽古に力を入れてこられた。錬成とは簡単にいうと基本稽古のことである。切り返しと打ち込みを40秒でやるのだが,これが結構難しい。打つ方だけでなく,元立ちも大切になってくるからである。しかし,子どもたちは,本当によくやったと思う。全員が4年生以下の中で持てる力を十分に発揮していた。その結果,予選リーグを突破し,決勝トーナメントまでコマを進めることができた。トーナメントでは,力及ばず,1回目で敗退してしまったが,目に見えるくらい強くなってきている。これからの活躍が楽しみだ。
 夜,色々悩んでいる教え子から電話があった。環境が変わるとそれに対応していくだけでも大変だ。しかし,いやなことに負けずに立ち向かっていってほしい。今までもそう教えてきたつもりだ。がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.11

社会科デジタル副読本活用研修 8月11日(金)

 新市になったので,副読本ももちろん新しくなる。次回は,旧龍野市にならって,新市でもデジタル副読本になる予定だ。今回は,活用のアイデアを提案した。社会科担当だけでなく,3,4年生の担任の先生方もたくさん来られていた。抵抗感のある人もまだまだたくさんおられるのも確かだ。そういう人達にも理解が得られるように,これからも推進していきたい。
 今日の提案では,社会科の学習場面に即してプレゼンしていった。問題解決型には,いくつかのステップがある。副読本をどの場面で使うかによって,教師の意図が変わってくる。デジタルであろうがなかろうが,ようは,授業者が,はっきりとねらいを持つことが大切だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副読本のための取材 8月10日(木)

 社会科デジタル副読本に載せるための資料を得るために,取材の申し込みをしたり,足を運んで写真を撮ったりした。企業には,それぞれオリジナリティーがあり,それを盗まれないように最新の注意を払っておられるところが多い。そのため,インターネットに資料が出る場合,慎重になられる。そんな中,コンビニにも取材にいった。撮影させていただいたのは,外観のみだった。たつの市にもたくさんのコンビニができている。スーパーマーケットとは違う部分があるので,子ども達にも調べてほしいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

視聴覚部会夏季研修会 8月9日(水)

 毎年恒例の視聴覚部夏季研修会があった。昨年度は石井先生@岡山市立五城小学校にきていただいたが,今回は,高橋先生@岡山県情報教育センターにきていただき,モラルについての研修をおこなった。高橋先生は,ご存じの方も多いと思うが,「メディアとのつきあい方学習」の第1人者だ。この夏も第4回のセミナーを東京の方で開催されている。そんな方のお話を聞けることは,本当にありがたいことだ。講演いただいた内容もためになる話ばかりで,1時間半,だれもが集中して聞いていた。後の飲み会の席でも,みんな,「あっという間に時間がたってしまいました。」と充実した時間をおくることができたようだ。高橋先生の話し方にも学ぶべき点がたくさんあった。話の筋に一貫性があり,所々に,実践を入れて話をして下さったので,飽きさせない内容だった。さすがだと感心させられた。貴重な機会を作って下さった高橋先生に感謝したい。
 午後からは,ワークショップ型の研修。各地区に別れて5月にとったネットモラルに関するアンケートの分析をしていった。それぞれ,地区によって傾向があった。時間設定されていたので,かえって,集中した時間を過ごすことができた。
 夕方からは,視聴覚部会の懇親会があった。高橋先生は,7時から岡山で打ち合わせがあり残念ながら参加していただくことができなかったが,部会の半数以上が,参加していて楽しい会になった。その中で,若手の人達がやる気を持ってがんばろうとしてくれていることに,うれしく感じた。これから,部会の方も盛り上げていきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書100プラン 8月8日(火)

 午前中,健康診断。午後から読書100プランの啓発大会に参加。子どもにとって読書はとても大切なことだと思う。そのための学校や家庭の役割は大きい。読書好きの子供が増えるよう,にしていきたい。途中で,社会科副読本の会議打ち合わせのために中座して,神岡小学校へ。11日かつようにあるデジタル社会科副読本活用法研修会で,実践を発表する。どんな内容にするのか細かい打ち合わせをおこなった。そのあと,会場の下見をして,副読本にのせるスーパーマーケットの副店長と取材の打ち合わせ。帰ってきたらバタンキューだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.07

片づけ 8月7日(月)

 久しぶりに倉庫の片づけをした。億場所を変えるだけで,結構すき間ができて,使いやすくなるものだ。日頃からやっていればいいのだが,これがなかなかできない。これから使うときに気をつけたい。いつまで続くやら・・・。
 そのあと,剣道の稽古へ,今日もものすごく暑くて,稽古が終わった後はへとへとだった。でも,夏に鍛えておくと,秋にぐんと伸びてくる。子ども達には,こんな暑い今だからこそがんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

剣道の合宿 8月6日(日)

 合宿2日目。朝から,氷を買いに行ったり,物を運んだりした。そのあと胴着に着がえて子どもの指導をした。他の道場からも,たくさん子ども達が集まっており総勢100名近くだったそうだ。そんな中で稽古ができることは,本当にありがたいことだ。他の道場の方々にも感謝したい。午後からは,2日間がんばった子ども達のためにバーベキュー。私の方は,体育館の後片づけを行った。たくさんの人がきていたので,結構時間がかかった。バーベキューの最後に,中学3年生の卒団式。記念に袴を贈った。長いことよく頑張ったと思う。これから,高校受験に向けてがんばってほしい。そして,できれば高校でも剣道を続けて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論文及びセミナー 8月5日(土)

 今日も午前中は,論文の研修。文章がどうしても雑になっていらない表現が入ってしまう。表現力のなさを痛感する。昔から,国語が苦手だったが,本当に力がないんだと改めて実感した。しかし,嘆いてばかりいられない。国語力が足りないんだから,今回は,それをつけるいい機会だと思って,がんばるしかない。午後からも情報関係のセミナー及びワークショップ。その進め方にたくさんのしかけがあって,参加者を飽きさせないで,勉強させる。学ぶことが多かった。
 セミナーを少し早めに退出させていただき,帰宅の途についた。今日の朝から剣道の合宿だったのだが,みなさんや家族に無理を言って,勉強させていただいたので,できるだけ早く帰らなければと思った。10時過ぎに,合宿している宿泊所へつくと指導者や保護者の方々がまだ起きておられたので,一緒にいっぱいやりながら剣道談義に花が咲いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.04

朝早くに到着 8月4日(金)

 朝、6時過ぎに渋谷に到着。渋谷から東京に移動して、朝食。そのあと、論文の勉強をするために別の場所に移動。先行論文の検索だけに、かなりの時間をついやした。見つけるコツを知らないということもあって苦労した。自分が伝えたいことを理論的に伝えるためには、一つ一つに意味づけが必要だ。先行論文があれば、筋を通して意味づけができる。先行論文をきちんと読むことが大切なんだということがよくわかった。そのあと、論文の手直しをした。研究室で秘書をされている方に、すごくお世話になっtが、本当によく気がつかれる方だった。気配りというのは、あのようにするのだなあと感じた。夕方、研究仲間の宮本さんと宮脇さんと一緒にと東京へ移動。ここで、宮脇さんと別れて、宮本さんと二人で夕食をとった。論文と実践記録の違いや、論文を書くときのコツなどを教えていただいた。特に、いらなことを書かないことの大切さを教えていただいた。ありがたかった。初心者の私にとって、研究仲間のすべてが、先生だ。どん欲にいいところを盗んでいきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.03

東京へ 8月3日(木)

 久しぶりに自転車で通勤してみた。車では目にすることができない風景が入ってきて気持ちよかった。ゆっくりと走るのもいいもんだ。途中、車が多くて危ないところが何カ所かあった。いつもは、車なので、逆の立場だ。両方の立場になって、はじめてわかることもたくさんあるし、交通ルールやマナーの大切さもより深く実感できる。これは、インターネットの世界でも同じだと思った。そういう意味で、堀田先生や高橋先生・影山先生などが提唱されている「メディアとのつきあい方学習」は重要だなあと思った。2学期には、影山先生から送っていただいたパッケージを使って実践をしていこうと思った。
 今日の夜、夜行バスで東京へ出発する。初めてなのだが、度々上京しているので、仕方がない。明日は、気合いを入れてがんばるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.02

兵庫県教育工学研究会 8月2日(水)

 尼崎の園田女子学園大学で兵庫県教育工学研究会のワークショップセミナーがあった。私は、Aコースに参加した。内容は、画像処理について。他に、BコースでFLASHの活用、Cコースで動画処理。全部で3コースあった。しかし、参加者が少なくて残念だった。いろいろと事情もあると思うが、コースの内容についても見直しが必要なのかもしれない。ワークショップが終わって帰宅後に、ALTのマケイン先生と最後のパーティー。そこに行くのに、一緒にワークショップに行っていた井澤さんが、送ってくれた。しかも遠回りして。うれしかった。
 今回がマケインとは、本当の最後で最後だ。いったんシアトルに帰った後、9月から兵庫県で半年、働くことになったそうだ。うれしいことだが、半年といわず、もっと長くいて欲しい。マケイン先生とは、本当に仲良くなれた。また、会える機会があると思う。お元気で。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.08.01

7月31日(月)

 地区水泳の用意をした後、久しぶりにひょうたんの畑の草抜きをした。大きなひょうたんができていてうれしい。午後から、予定の整理、指導法についての本を読んだ。夕方から接骨院へ。そのあと剣道に行った。剣道では、次の試合にある練成の練習を指導した。練成のときに元に立つ子の動きが大事だと改めて思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »