« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.30

国体の練習 7月30日(日)

 10月に兵庫県で国体が開催される。たつの市では、バレーボール競技がおこなわれることになっているので、私も大会のお手伝いをすることになっている。そのための最終の打ち合わせと、動きを確認するために1日、市立体育館にいた。私は、ボールリトリバー主任なのだが、それを担当してくれた竜野実業と新宮高校の生徒が本当によく動いてくれた。これなら、大会当日も安心だ。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三連ちゃん 7月29日(土)

 朝、少女バレーの試合で、上月へ。午前中、試合をした後、午後から、子どもが参加している剣道の練習に顔を出してから、娘を連れて、中体連の県大会。帰ってきた後、夜に、補導(中学校PTA活動)のために室津へ移動。バレー、剣道、補導の三連ちゃんだった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.07.28

丹波市へ 7月28日(金)

 社会科の兵庫県レベルの研修会。実践報告と講演会があった。実践報告では、理論的にきちんと書いていた先生がおられて、わかりやすかった。人のものを見ていると、それがよくわかる。自分がレポートを作成するときにそのことをいつも意識していたい。講演会では、ユーモアを交えながら、しかし、今、必要なことは何なのかということを教えていただいた。地域と学校の連携がなぜ必要なのかということのヒントをいただいたように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.27

教育課程の研修 7月27日(木)

 教育課程がこれからどうなっていくかということと学力調査について研修を受けた。新しい流れを理解しながら本当に大切なものを見つめていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.26

高知へ 7月26日(水)

 所用で、高知へ行ってきたのだが、桂浜の坂本龍馬の銅像を初めて見ることが出来た。以前に来たときは、大雨で見ることが出来なかっただけに、しばらく眺めていた。坂本龍馬は、歴史上の人物の中で、もっとも尊敬する人物の一人だ。龍馬の心意気を見習いたいと思う。坂本龍馬に会えて、また、がんばれそうな気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.24

久しぶりの子どもたち 7月24日(月)

 3月に卒業していった子ども達に、卒業アルバムを配る日になっていた。ほとんどの卒業生が来ていた。ちょっとした同窓会だ。大好きだった子たちだったので、会えることを楽しみにしていた。卒業してから4ヶ月近くたつのだが、みんなが集まると違和感なく話が出来た。誰も元気そうで良かった。中学校で、さらに伸びていって欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論文の勉強 7月22日(土)、23日(日)

 論文を書くのに苦しんでいる。根本的にわかっていないということは、わかるのだが、じゃあ、どう直せばいいのかと言うことが、わかっていない。書く前に、もっと読まなくてはいけない。負けずにがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.21

視聴覚部会 7月21日(金)

 夏の研修会の企画委員会。その研修会には、高橋伸明先生@岡山県情報教育センターに来ていただいて、モラルを含め、子ども達がメディアといかにして付き合っていくかということを研修する。今年は、部会をあげて、モラルについて取り組んでいるのだが、その一環として、この夏の研修会がある。いい研修会にしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終業式 7月20日(木)

 今日で、1学期が終わった。今年は、校舎改築で4月から、日程的にきついところもあったが、なんとか今日にたどり着いた。子ども達も自分の目標を持ってよく頑張ったと思う。午後から、社会科部の地区の集まりがあった。副読本作成に向けて本格的に動いていかなければならない。夕方からは、この3月で退職された用務員さんの退職祝い。以前に勤めていた学校の用務員さんで、20年以上努めて下さった。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.19

グローリー剣道へ 7月19日(水)

 グローリーへ剣道の練習に行かせていただいた。子どものためもあるが、自分のためにもなっている。子どもが注意されていたのは、打つ前に足が動いていることと、声の出し方。気持ちが乗っていくような声の出し方が必要だ。今度の試合が、土日にあるのだが、ここまでくれば、後は、気迫が大切だと思う。強気の剣道を心がけてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.17

7月17日(月)

今日は、奉仕作業。重たい物や大きい物の運び出しをPTAにお願いしていたので
運び出しを行った。作業は、早く済んだ。PTAの方々、ご苦労様でした。ありがとうございました。
昨日なかった鍵が校長室でみつかった。打ち合わせの時に落としたようだ。ほっとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月16日(日)

今日も、登校日。といっても机の運び出し、教室の片づけ、LAN線の取り外しと
工事関係のことばかり。子どもたちは、本当によくやってくれた。気持ちよく
動いてくれる。やりやすい子どもたちだ。お陰でPTAにお願いしていたことも
半分以上終わってしまった。昼食後、打ち合わせ、各部屋の点検。私は、電気関係を担当。
テレビの運び出しの計画を行った。夕方、帰ろうとすると鍵がない。かなり、
さがしまわったが、見つからず、家から合い鍵を持ってきてもらった。情けない。
夜は、バレー関係の懇親会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月15日(土)

耐震工事のために、土、日も登校日になっていて、火、水が休み。少しでも早く
工事に入ってもらうためだ。とはいえ、長い一週間だと感じる。
細々とした物を少しずつ、南館に運んだ。古い校舎での最後給食。暑かったので
アイスクリームがおいしかった。
午後からは、それぞれの地区でPTCA会議。子どもと保護者と地区担で夏休みについて
のすごし方について話し合った。職場に帰って、打ち合わせ。その後、7時から
保護者の学習会。地域のつながりの大切さと、不審者対策について学習を深めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月14日(金)

1学期のまとめをたくさんしている。定着させるためには、繰り返しが必要だ。
同じ問題であっても何回もすることによって本物になっていく。
これは、学習だけではなくて、すべてのことに通じると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月13日(木)

個別懇談2日目。子どものいいところをたくさん聞いてうれしくなった。
子どもなりに、成長の跡が見られるっていいなあ。
こちらからは、読書の必要性について話をしたことが多かった。自分も含めて
読書は本当に大切だと思う。小学生にとっては、たとえ6年生であっても読み
聞かせが必要であることをお聞きした。発達段階とも関係があるようだ。
我が子にも心がけたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月12日(水)

個別懇談1日目。暑い中ご苦労様でした。ほぼ予定通り終わった。
この子たちがよりよくなっていってほしいと願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月11日(火)

耐震工事の関係で、パソコン室も内装が新しくなる。それは、うれしいことだが、パソコンや
周辺機器も含めてすべて出してしまわないといけなくなった。その作業を今日、おこなった。
子どもたちは、「運びたい、運びたい」と本当に一生懸命に手伝ってくれた。暑かったので
汗をいっぱいかきながら、だれ一人嫌がることなく、むしろ進んで作業をしてくれた。
本当にかわいい子どもたちだ。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月10日(月)

社会科デジタル副読本の編集会議。単元2の担当になった。地域の掘り起こしが必要な部分なので
資料集めに時間がかかるかもしれないが、子どもたちの使いやすい物にしていきたい。
夜、なんとか、仕事に目途をつけようと遅くまでがんばるも途中で力つきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月9日(日)

剣道の指導。昨日以上に暑くて、親子で水浴び状態。子どもとするときには、ポイントを伝え
ながら指導をした。一人一人に課題を持たせると、すごく上手になる。大人とするときには、
左足で蹴ることを意識した。しかし、思うように跳べていない。
そのあと、図書館に行って本を返却し、新しい本の予約を行った。揖保川の図書館は、ネットで
全国の図書館とつながっており、そこになくても検索して、あれば貸し出しをしてくれる。とても
ありがたい図書館だ。
図書館の帰りに、息子と久しぶりにキャッチボール。普段遊んでやってないので、こういう時間を
少しでも作ってやらないとといつも反省していた。今日は、それが、実現できたので、親のほうが
満足していたかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月8日(土)

少女バレーの指導。体も大きくなって、少し成長しているように思う。夏休みにたくさん鍛えて
強くなってほしい。夜は、剣道の指導。とても暑くて汗が噴き出した。まるで、プールに入った
後みたいだ。でも、体を動かすと気持ちがよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月7日(金)

今日は、マーケイン先生の送別会。隣のマイケル先生も参加してくれた。マーケイン先生がたつの市
で、ALTとして教えて下さったのは、3年間だったが、彼は、本当にナイスガイでみんなから
愛されていた。子どものことが好きで、熱心に指導してくれたと思う。感謝したい。個人的にも
付き合いがあり、楽しかった。アメリカに一度帰るのだが、ぜひ、もう一度日本に来てほしい。
本当にありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月5日(水)

剣道の日だったが、仕事がつまっていて子どもを送ると仕事をしに帰った。残念だ。
早く終わらせたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月4日(火)

午後から、揖保川・林田川へ調査に行った。ここ最近の雨のせいで水の量がすごく多かった。
子どもたちは、それぞれ自分のテーマで調べているので、していることがばらばらだ。
つながりは、揖保川、林田川。自分が、論文を勉強するようになって、子どもに対する指導の
仕方も変わったきたように思う。課題と結論を大切にすることを求めることは、以前から同じ
なのだが、こだわり方が違ってきた。今までは、頭で「課題と結論がまず大切」と思っていた
が、頭だけで思っていただけだ。今は、肌で感じているような気がする。気がすると思っている
だけかもしれないけれど感覚が違うのだ。自分自身がまだまだなので、充分に指導しきれていな
いけれど、少しでも学ぶ力を付けていきたい。
 夜、人権に関する会議が、遅くまであった。人として当たり前でないことがあるとき、
それに対して憤りを感じる人になりたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.03

必死さ 7月3日(月)

 何をやるにしても、必死にならないといいものが手に入らない。必死にやっても手に入らないこともある。しかし、やらなければ、絶対に手に入らない。必死になってがんばることの大切さを子どもたちに伝えたいのだが、そう簡単にはいかない。伝えることの難しさと教えることの楽しさを毎日感じながら、がんばっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バレー県大会 7月2日(火)

 少女バレーの県大会が、西宮であった。とてもお世話になっているチームが2チーム出場されているので、子どもを連れて応援に行った。2チームとも順調に勝ち進み、決勝までコマを進めた。全国の切符がかかっており、どちらにも勝ってほしい気持ちがあったのだが、勝つのは、1チームだけ。見ている方も苦しかった。困ったときは、いつもその2チームにお世話になっていたし、その2チーム同士も仲がよかったので、本当に複雑な気持ちだった。応援の後は、どっと疲れが出て何も手につかなかった。2チームともお疲れ様でした。全国に行かれる太田には、敗れた龍野の分も、がんばってほしいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綿瀬の結婚式 7月1日(土)

 綿瀬和人くんは、大成中学校の剣道部の教え子。私が中学校の教員をしていたのは、新任からたったの3年だったのだが、その当時の教え子に呼ばれて結婚式に出席することが多い。今年に入ってからも、これで、3回目になる。10月にも予定されており、本当にうれしいかぎりだ。和人くんは、私が着任した当時、1年生で、剣道については、初心者だった。しかし、持ち前の肩の強さと、瞬発力でめきめきと腕を上げ、近畿大会まで出場した。稽古では、どんなにきつい時でも弱音を吐かずにがんばっていた。現在は、医療関係の仕事について、がんばっている。きれいな奥さんとは、職場関係のつながりで知り合ったようだ。しっかりした女性で、和人くんも仕事に励むことができそうだ。
 結婚式では、歌を歌わせていただいた。その当時の部員もたくさん、参加していて、途中から歌を盛り上げるために、出てきてくれた。2次会でも、多くの教え子と話をすることができて、うれしかった。大阪で2次会があったのだが、楽しすぎて遅くなり、新幹線で帰る羽目になってしまった。
 綿瀬くん、本当におめでとう。お幸せに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »