« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006.05.31

5月31日(水)

 久しぶりに、仕事モード。しかし、休みの日も動いていたせいか、違和感なくスムーズに仕事をこなすことができた。仕事が終わったら、グローリーへ剣道の稽古に行った。いつもは、遅くまで職場にいるので、水曜日だけは、みんなに「お先~」と言うことができる。これが、気持ちいい。
 グローリーには、子どもと一緒に出かけているが、今では、私の方が楽しみにしている。行くと、いつも勉強になる。足のこと、肩のこと、腰のこと、しぼりのことなどをアドバイスいただいた。たしかに、面を打とうと思えば思うほど、左足で蹴ることができず、腰が残って手打ちになっている。どうにかして、これを直したいのだが、なかなか直らない。稽古を積むしか、早道はない。何でも同じだ。悩んで苦しまないといいものを手に入れることができない。これからも、腰の入った面うちができるように、心がけたい。また、素振りも大切にしたい。
 今日は、いつも以上においしいお酒だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.30

5月30日(火)

 代休2日目。午前中、子どもの小学校へ。御津町探検のお手伝いに行った。みつっ子は、以前と変わらず、素直で子どもらしく元気な子が多かった。こちらも、楽しくお手伝いをすることができてよかった。
 午後から、クラスの子が神戸の病院に入院しているところへお見舞いに行った。手術後、初めてあったのだが、元気がなく気になった。後でお母さんにお聞きすると、運動会に参加できなかったことがさびしかったようだ。病気になるとつらいことがたくさんあるが、そのことに負けないように応援していきたい。
 その後、堀田先生@園田女子学園大学にお会いするために尼崎に移動。論文を書くにあたってのアドバイスを受けた。宣告論文の探し方、論文の筋道の付け方、目的や結論のつなげ方などさまざまなお話をお聞きすることができて、とても勉強になった。論文の素人なので、どん欲に吸収していきたい。
 最後に、尼崎に勤めていたときにお世話になった中先生にお会いするために勤務校へ向かった。久しぶりに剣道談義に花がさき、遅くなってしまった。他にも立ち寄らなければならないところがあったのだが、今回は取りやめて、帰ることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.29

5月29日(月)

 午前中、部屋の片付け、昼からは、原稿書き。なかなか筆が進まないが、締め切りが迫っているので、なんとか、2つ仕上がった。思ったより時間がかかった。夜は、子どもの剣道へ。昨日の結果などを他の先生方から聞いた。これからが大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月28日(日)

 気持ちが通じたのか、運動会ができる天気に変わっていた。一週間前、天気予報では、雨だったのに、前日の夜に降っただけで、なんとかできるようになった。朝早くから準備下さった保護者の方に感謝申し上げたい。
 運動会では、どの子も力いっぱいがんばっていた。我が4年生も気合い十分で、自分たちの持っている力を発揮していたように思う。組み立ててでは、荒川静香選手の活躍をテーマに取り組んでいたが、いつもながらに、6年生最後の演技だと思うと見入ってしまった。今回の運動会でもたくさんの方々にお世話になった。お陰で、運動会も大成功に終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.27

5月27日(土)

 今日も行事のために出勤日になっている。昨日、久しぶりにe-asの取り組みをおこなった。先週あたりから問題作成に入り、授業でも活用して、今日のテストだった。昨年と2学年下というだけで、操作性がかなり違い時間がかかった。学力を上げるためには、このシステムをくり返し使用することが大切になってくると思う。そのあたりを考えて使用方法を工夫していきたい。
 明日は、運動会。天気が心配だけど、できることを祈って早く寝ることにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.26

5月26日(金)

 松下の研究助成で注文していたプロジェクタが今日、届いた。全部で4台。これで、全クラスにプロジェクタを配置することができる。ありがたいことだ。本当に感謝したい。しかし、機械を入れることが目的ではなく、あくまでもそれを利用することで子どもたちに力を付けてやることが目標なのだから、そのことを職員研修でも話していきたい。それにしても、やる気が出てくることだった。松下財団に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.25

5月24日(木)

 昨日、久しぶりにグローリーの剣道に参加させていただいた。普段は、自分の悪いところをチェックできないまま稽古をしているので、本当にためになる。娘と息子も一緒に行っているが、大切なポイントを丁寧に教えていただいていた。二人は、足の運びについて、アドバイスをいただいた。跳躍素振りのときに、右足がういてしまっている。すらすように跳躍素振りをするようにということと、前に出て行く素振りでそのことを意識した練習をすることが自分でできる稽古。私も一緒に、そのことを意識してやっていきたい。
 私がアドバイスいただいたことは、川端先生から①左手を動かさないこと②当てるのではなく打つことの2点。永富先生から、前に出ていない。左足でゆかをけること、腰から前にいくことなど。稽古をさぼっているとなかなか上達しない。なんでも同じだと思った。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.23

5月23日(火)

 毎日、自分の実践したことを、できるだけデジカメで撮影するようにしているのだが、毎日やっていると、自然と工夫しようといている自分に気がつく。こっちの方が子どもにわかりやすいかなあとか、これは、わかりにくいかなあと自然に考えている。プロジェクトに参加することで、時間的なやりくりを考えないといけない部分もあるのだが、それ以上に、得ることの方が多いとすごく実感している。今のプロジェクト参加に声をかけていただいた堀田先生に改めて感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

5月21日(日)

 今日もバレーの練習試合。しかし、今日は、収穫があった。最後の2試合は、つながりのあるバレーができていたように思う。みんなが少しずつ成長し、一つの輪ができたとき、はじめて素晴らしいチームになるように思う。そんなチームを目指してがんばってほしい。そして、こんな弱小チームの練習相手になって下さった「陵ヶ岡」「中筋」「太子男子」「龍野」のチームに感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.20

5月20日(土)

 午前中、職場へ行って残務処理。途中から、バレーの練習し合いのため、龍野に移動。午後からも試合の続き。キャプテンがいないのに、ほかの子たちががんばることができない。こんなときだからこそ、みんなでつながってがんばらなければならないのに、逆になってしまっている。自分たちが伸びていくチャンスだということをもっと自覚して欲しい。
 夕方から、来週の剣道の試合のための会議。終了後、バレーの懇親会に合流。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.19

5月19日(金)

 揖同教の全体会があって、その中で記念講演も開催された。講師の方は、HEALホリスティック教育実践研究所所長の金 香百合(キム・カユリ)さん。「ばらばら」家族がバラバラ、教室もバラバラ、職員室もバラバラ。地域もバラバラ、心と体もバラバラ。という話から始まった講演。本当に現在の学校現場の問題点をストレートに指摘された。もちろん社会全体にもいえることである。必要なキーワードは4つ。「つながり」「かかわり」「バランス」「関係性」。勉強はできるけど、コミュニケーションがとれない子が増えているのは、確かだ。バランスがないのだ。関係性が読み取れない子が増えている。やっているほうからするといじめているつもりはない。しかし、相手からするといじめられている。こういうことも本当に多いと思う。相手の気持ちを察することができないのだ。家族だからこそ、一番気を使って、過ごさなければならない。かかわりやつながりが薄れてきてる。
 「自尊感情」という言葉も心に残っている。自尊感情とは、「自分が好き大切にできる」ということ。ただし、完璧だから自分が好きというのではない。欠点もあるけれどそんな自分がOKと思えることが大事だ思う。それがあってはじめてあなたもOKになる。つまり、わたしもOK、あなたもOKなのだ。しかし、最近わたしだけOKという人が増えてきている。これは、自尊感情ではなく、自己中心感情だ。バランスを崩した自己愛ということになる。突出した自己中心感情をもってしまうと犯罪を犯してしまう可能性がある。最大の人権課題は、この自己中心感情にあると言われている。すべてをふっとばしてしまうのだ。自己中心感情を自尊感情に高めていくことが今の教育に求められているように思う。自尊感情を育むためのキーワードである「二つの栄養が必要」つまり、からだとこころの栄養を大事にしながら、日々の実践を積み重ねていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.18

5月18日(木)

 ひょうたんの芽がたくさんでている。最近、雨が多いということもあるかもしれないが、とにかくたくさん出ているのは、うれしいことだ。これからもっともっと大きくなって、たくさん実をつけてほしいと思う。
 e-asの取り組みを本格的にスタートさせた。e-asは、昨年度から取り組んでいるプロジェクトで、ネットワーク型評価システムのことである。昨年度は、主に社会科や理科で取り組んでみたが、本年度は、算数でも取り組むことにした。問題も作成でき、明日からが楽しみだ。
 明日は、運動会の予行。雨が降らないこと祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.17

5月17日(水)

 昨日、視聴覚委員会があった。場所は、室津小学校。この学校は、前任校でもあり、友人も多い。地域の中では、一番児童数が少なくて、家庭的な雰囲気のある学校だ。とても懐かしく感じた。
 今年から、地域を上げて情報モラルに関する取り組みをおこなっていくことになり、子どもの実態を把握するために5,6年生を対象にアンケートをとることにした。アンケートを作るのも結構、時間がかかるものだ。多くの方々にご協力をお願いしなくてはいけないので、申し訳ないが、それを無駄にしないようにがんばっていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.14

5月14日(日)

 昨日、今日と体調がよくない。こんなことは、本当に久しぶりだ。剣道も休んでしまった。明日から、また、仕事がスタートする。気持ちではねのけてがんばりたい。
ここ、1ヶ月で個人的にやることをあげると
①初めて挑戦する論文の構想
②e-asプロジェクト
③wpppプロジェクト
になる。計画を持って取り組んでいきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.12

5月12日(金)

 松下教育助成の贈呈式に参加させていただいた。今回、運良く助成していただける機会を得た。せっかくのチャンスなので、有効に活用し、広く役立つような研究をおこなっていきたいと思っている。
 前回の「ブロードバンド子ども放送局」の取り組みで井口先生の代理として参加させていただいたときには、誰もわからなかったのであるが、今回は、佐藤先生@岩手、中川先生@徳島、浅香先生@大阪、玉置先生@愛知、割石先生@北海道などの実践者の方々や、高橋先生@富山大学、中川先生@金沢大学、村川先生@鳴門教育大学などの大学の先生方とお話しできる機会ができて有意義な1日だった。
 印象に残っているのが、玉置校長先生の学校現場で教師をやる気にするさまざまなしかけの話だった。校長先生が、率先して研究し、その上に教師の気持ちも考えておられ、話を聞いているだけで楽しくなってきた。
 中川先生からは、今回の研究助成でのポイントをアドバイスいただいた。開発したマニュアルの検証と、アナログとデジタルの融合とがポイントだ。頭に入れて実践していきたい。
 終わった後、浜松駅まで佐藤先生と一緒に帰ることができた。そのときに、論文を書くときのこつをいくつかお聞きすることができた。いつも、先を見通して仕事をされている佐藤先生の技を少しでも盗みたいと思った。
 佐藤先生と別れたあと、五反田へ向かい、教育工学会の論文集を購入した。アドバイスいただいたように、まずは、結論と目的から目を通していきたい。Matusita2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.09

5月9日(火)

 今日は、子どもたちといっしょに林田川へ行った。前回行った揖保川は、水量が少なかったが、今日の林田川は、水量が多いので、水には、充分気を付けるように注意した。それでも、子どもたちの好奇心は、途絶えることなく、あちこちを動き回っていた。今は、課題をつかむための体験だが、体を動かすことが、子どもの本質で、そのことが、とても大切だと感じた。教室へもどってからの子どもの考えに期待したい。
 情報教育の研修について、明日、改めて提案することになっている。1年間で、他の職員にどんな力を付けてほしいのか、わかりやすく説明していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.08

5月8日(月)

 今日から、運動会の練習が始まった。それにしても、蒸し暑い1日だったので、練習の後は、汗だくだった。明日も、こんなに暑いのだろうか。気温の変化が激しいので、風邪をひかせないようにしないといけない。水分補給もさせながら、運動会を成功させたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.07

5月7日(日)

 少し、体調がすぐれなかったので、地域の溝そうじの後、横になっていた。明日から、また、仕事が始まる。体調を万全にしてのぞみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.06

5月4日(木)・5日(金)

 バレーの試合で、奈良へ行った。子どもの調子が上がらず、情けなく思った。伸びていってほしい子が、まだまだその気になっていない。その気にさせていない私にも責任がある。大きな大会が1ヶ月後に迫っているので、がんばらせたいと思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.05.03

5月3日(水)

 連休の後半がスタートしたが、今日は、剣道の試合が相生でおこなわれた。この日は、子どもの試合もあったが、審判もさせていただいた。審判をすると、他のチームのいいところも見ることができるので、勉強になる。
 チームの戦績は、中学生も小学生も惜しかったが、足りないところがはっきりしたように思う。ここぞというときに剣がでるようにさせていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月1日(月)

 社会科と視聴覚の担当者会が続けてあった。社会科部会では、デジタル副読本のこと、中西播磨大会のことなど、今年の主な行事が示された。視聴覚部会では、新しい目標を考え、それに基づいて本年度は、情報モラルについて研究していくことになった。そのことを県レベルの大会でも発表することになる。また、年間の計画についても話し合われた。
 夜、御津で一緒につとめた方々との食事会があった。あのころは、何もわかっていなかったけれど、今とは違う意味で充実していたように思う。楽しい学校だった。ゆっくりとできる仲間と飲むとほっとできる。また、行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.01

4月30日(日)

 今日もバレーの試合だった。新しい市内での大会だったので、何か新鮮だった。結果はいまいちだったが、今後の活躍を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »