« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006.02.28

2月28日(火)

 地域の視聴覚担当者による会議があった。本年度の総括と来年度に向けた話があったが、アンケート内容について多くの意見が出て、みんなでアンケートを作り上げることができてよかった。来年度は、これをもとに、どの学校もアンケートをとり、自分たちの地域の実態を把握し、情報モラル教育のカリキュラムや方向性を作っていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.26

2月26日(日)

 朝に、熱は何とか下がった。今日も練習試合。最後の大会に向けて、できることをしてやりたい。しかし、なかなか調子が上がってこない。残りもあとわずか。がんばりに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.25

2月25日(土)

 少女バレーの練習試合で1日つぶれた。体が1日だるくて、昨日遅くなったせいかなと思っていたが、家に帰って熱をはかると何と38度を超えていた。びっくりの発熱。何年ぶりだろう。やっぱり厄年ってあるのかなと少し思った。明日のために薬を飲んで、すぐに布団へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.23

2月23日(木)

 ALSIのInterCLASSを使ってのテスト問題作り。パソコン室のパソコンを使って、テストを行い評価が簡単にできる。社会科の最後の単元をテストするが、子どもたちのがんばりを期待しながら問題を作成した。今回、このソフトを利用するにあたり、「e-as」というプロジェクトに参加している。このプロジェクトも大詰めを迎え、ネットワーク型の評価システム構築を目指している。いいものができることを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.22

2月22日(水)

 水曜日は、剣道の日だが、用があって今回は欠席することにした。来年度は、新市が本格的にスタートするので、それを見通した計画が必要になってくる。抜かりがないように進めてなくてはいけないのだが、何か抜けていて失敗する。もう一度点検する必要がある。
 少女バレーのチームも少し上向きになってきている。3月はじめの土日が6年生最後の大会になる。全力で望ませたいと思っている。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

2月21日(火)

 久しぶりの書き込み。土曜日は厄神の準備、日曜日は厄神さんで、餅ほりと打ち上げ。さすがに、お疲れで、月曜日は、帰るなりダウン。今日は、復活して元気になった。厄神さんは、準備が大変だったが昔の同級生とわいわい言いながらだったので、同窓会みたいで楽しかった。当日は、お払いをしていただいたあと、お餅をやぐらから投げて、来ている人に拾ってもらった。これで、厄払いができた。最近、着いていないことが多かっただけに、お払いをしてもらって、再スタートできそうだ。
 今日は、文部科学省主催「IT活用による学力向上の証しフォーラム」(3/2)の申し込みをおこなった。職場が忙しい時期で、申し訳ないという気持ちがあるが、勉強をしてそれを子どもにかえすことによって、許していただきたい。これからの情報教育、これからの日本の教育を考えるために学んできたいと思う。
 夕方、地域の社会科部会。来年度の方向性とデジタル副読本が、議題になった。特に、副読本は、新市になって大きく変わってくる。これからが大切だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.17

2月17日(金)

 インフルエンザで休んでいる人がいるのだが、その子の家に行くと、もう、熱は下がっているようだった。家で少し話をしていたのだが、将来の夢がロボットなどを作る科学者になることだそうだ。数学・理科嫌いが増えているとと言われているが、そんな中で、科学者になりたいという夢を持っていてくれることは、とてもうれしい。そうなるためには、かなり勉強もしなければならないし、しんどいこともあると思うが、がんばってほしい。子どもの夢を聞いていると、こちらまで、夢を追っているみたいで、勇気がわいてくる。
 3年前に担任した子から、高校合格の知らせが少しずつ入ってきている。自分の志望校に合格したという報告は、うれしいものだ。高校に行ってからもがんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.16

2月16日(木)

 練習試合で、龍野小へ。最後の大会が近いので、気持ちも自然に高まってくる。6年生は、2人しかいないけれど、1年間いや、入部してからの数年間バレーに対して一生懸命にがんばってきた子どもたちだ。結果はもちろんのこと、達成感を感じさせてやりたい。そのためにできる限りのことをしてやりたいと思っている。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.14

本がきた

 堀田先生@メディア教育開発センターのブログで紹介されてあった本を注文していたのが、やっと今日きた。タイトルは「いつも「結果が出せる人」の仕事術 努力をムダにしないための100のルール」。まだまだどのレベルにも達していないが、少しでも仕事をきちんとこなせるようになりたいといつも思っている。仕事がこなせるというのは、技術だけではなく、ここでも思いやりややる気などの気持ちが大切であることがよくわかる。まだ、目次をさっとみただけだが、それが伝わってくる。今日からじっくり読んで、活かしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.13

2月13日(月)

 卒業近くになると、色々なことが出てくる。いつになっても悩みは、つきないのだが、それを乗りこえてこそ成長があると確信している。後少しだが、まだまだ、峠はいくつもでてくるだろうが、みんなで乗りこえて卒業式を迎えたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.12

2月12日(日)

 子どもたちの駅伝大会がみぞれ交じりの中、太子でおこなわれた。朝、何人かの友人と会って立ち話をしたが、ブログを見ているよと言ってくれてうれしかった。1月から、大会に向けて走り込みを始めた。と言っても放課後は、一斉下校のため走れないので、朝、登校してからと業間だけの練習だった。子どもたちは、本当によく頑張ったと思う。遊びたい子どもたちにとって休み時間が削られるのはつらかっただろう。でも、最後までがんばり抜き、試走よりもタイムを1分から2分近く縮めたのだ。子どもたちのがんばる姿を見てこちらも力がわいてくる。教えながらこちらも教えられているのがよくわかる。
 昨日(正確には、昨日の晩)、友人と遅くまで酒を飲んだ。れいさんといそちゃんは、地元で農業、漁業に従事し二人ともその道では、同業者に一目置かれている。常に新しいことに目を向け、いいものをと目指している二人だ。かっちゃんは、東京の生命会社に勤務し、若手幹部として、ばりばり仕事をこなしている。この3人とは、小中高と同じで家族ぐるみのつきあいをしている仲だ。職種が違うので、話をするたびに刺激を受ける。私にとって、一生の親友で大切な宝物だ。また、久しぶりに来てくれたもはんは、隣町在住だが、高校で同じになり、昨年岡山から地元に戻り、製薬関係の仕事で精力的に活躍している。もはんは、隣町の同級生の中心的存在で、仕事以外でも交友関係が広く人望が厚い。そんな5人との会話は途切れることなく、時には、議論しながら高校生にもどったように話がはずんだ。同じ職種の人とはよく、飲みに行くが昔からの友人や、職種の違う友人を大切にしていきたい。幅広い人と話をすることで、多様な考え方ができるからだ。子どもは、十人十色でいろんな子がいる。そんな子たちと対応していくためにも、いろんな人と話をしていきたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.11

2月11日(土)

 スポーツ少年団バレーの旧龍野市リーグ戦がおこなわれた。出場する選手の半分が去年からのレギュラーなので、もしかしたら、いい結果がでるかもと期待していた。前半は、思った以上の動きを見せ、今までにない動きもできていたように思う。しかし、この試合で勝ちたいと思う試合で力を発揮することができず、残念な結果になった。今日は、新人戦で新しいチームはこれからなので、がんばらせたい。
 正月に帰ってきていた友だち(東京在住)が、厄払いのために帰ってきている。仲の良い友人でいっぱいやるつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.10

ALSIの方々が来校

 今日、e-asプロジェクトの関係でALSの森さん、前田さん、山城さんが来校された。初めての場所にもかかわらず、早くから来られてい恐縮した。3時間目が隣のクラス、4時間目が私のクラスを見ていただいた。前の会議でも出ていたように、診断的、総括的な評価のための使い方を前半おこなった。InterCLASSと他のコンテンツを組み合わせての授業展開で、子どもたちも興味を持って学習に入って行けたと思う。そのあとの、総括的な活用方法では、図形が挿入できて効果的な評価ができるようになった。使いようによっては、学力を引き出す強力な武器となるソフトだ。ただし、問題作成に時間がかかるので、そのあたりを克服していきたい。3人の方々には、つまらない授業を熱心に見ていただき本当にありがたかった。給食の時間も子どもたちの相手をしていただいた。子どもたちにとっては、めったにない訪問者で、しかも、東京という大都会(?)から来られているのでとてもうれしかったようだ。訪問していただき、我々だけでなく子どもにもプラスになったと思う。
 授業後は、1時間程度、バージョンアップについての提案をしていただいた。驚くことにこの前にお願いしていたことはもちろん、今回お願いしようと思っていたことまで、検討され、反映されていたのですごく嬉しかった。3人のInterCLASSにかける意気込みを感じた。本当にさらにパワーアップしたソフトになってほしいと思った。

 打合せもそこそこに、そのあと室津小学校へ。今日は、視聴覚委員会もあった。ぎりぎりまで、ALSIの方と打合せをしていたので、室津には、2分ほど遅れて到着。すみませんでした。議題は、来年度おこなう「ネットモラルに関するアンケート」について。子どもの実態を把握し、それを実践に活かしていくことはとても大切なことだ。しかし、アンケートという労力をお願いすることだけに、慎重に検討しなければならない。みなさんから活発な意見が出て、とてもいい会議だった。 
b1020553
b1020554
b1020555

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.09

2月9日(木)

 今日は、仕事に追われてしまった。一つリズムが狂うとばたばたしてしまうのは、悪い癖だ。もう一度、きちんと整理して立て直したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.08

2月8日(水)

 人権の研修会があった。旧市内の教諭がすべて集まっての研修会だった。こういうふうに一堂に集まることは、なかなかないので、とても大切だと思う。公開授業では、地域の先人で冨井於菟さんを取り上げた授業だった。彼女は、女子教育の草分け的な存在で、龍野という田舎に生まれたにもかかわらず、明治初期という封建的風土が残っていた時代に、女子教育の重要性を訴えた方だ。資料の難しさを克服し、じっくりと丁寧に考える授業をされていた。さすが、水田先生だと思った。そのあとの研究協議では、人権教育をおこなっていく上での悩みがたくさん出てきた。人権教育の大切さを実感するとともに、これからの方向性を考えることができたように感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.07

2月7日(火)

 今日、航空写真を撮影した。今年、揖保小学校は、130周年を迎える。節目の年に記念になるものをと言うことでの撮影となった。昨日は、みぞれ交じりの雨の中、運動場にラインを引いてくださったスタッフの方、ご苦労様でした。いい写真ができることを期待したい。
 スポーツ少年団少女バレーの来年度の保護者役員が決まった。新6年生が団結して、すばらしいチームになって欲しいと願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.06

貴くんと亜衣ちゃんおめでとう

 昨日、姫路キャッスルホテルで、貴くんと亜衣ちゃんの結婚式があった。二人は、少女バレーの指導の中で知り合い岐阜と兵庫という遠距離の中で愛を育んで、ゴールインした。私も祝宴の末席に出席させていただいたが、本当にあたたかい結婚式だった。4時間にわたる結婚式とその後の2次会とで1日かかったが、あっという間だったように思う。参加されている方々や、貴くん、亜衣ちゃんの人柄があらわれた結婚式だったから暖かくなったのだと思う。特に、日本一の竹中先生が貴くんに、メダルを貸し与えたことにとても感動した。2次会では、和やかな雰囲気になり、いろんな出し物やゲームがあって盛り上がった。私は、結婚式と披露宴の様子を紹介する役割だったので、デジカメで撮った写真をパソコンに取り込んでワイヤレスプロジェクターで映し出した。明るく見やすかったので、喜んでいただけたと思う。こんな結婚披露宴&2次会は初めてでとてもよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.05

2月4日(土)

 午前中、スポーツ少年団バレーの練習試合。最後の試合に向けてどのチームも気合いが入ってきた。午後から、明日の結婚式2次会の準備で姫路へ。帰宅後、昔のバレーの保護者と飲みに行った。卒業後もがんばってくれていることをうれしく思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.03

2月3日(金)

 教室内でプロジェクターを保管する場所を確保し、そこに鍵をつけるようにした。そうすることで、子どもたちが朝学校へ来て、すぐにプロジェクターが使用可能になる。朝の連絡もキューブきっずの掲示板機能を利用しておこなっているので、その掲示板を見て一日がスタートする。人に言われてするのではなく、自分が掲示板を見て判断し行動できるようになってほしい。これも情報選択・判断の能力につながると思う。
 オープンスクール2日目だったが、たくさんの方々が来られていた。本校の地域は、学校に対してとても協力的で、こういう行事を企画すると、たくさんの方々がボランティアとして動いてくださる。本当にありがたいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.02

2月2日(木)

 地域教育で、英会話をおこなった。先生は、西中のALTであるMarkane先生。彼は、すでに、3年目で日本にもかなり慣れてきて、日本語もよくわかるようになっている。私もできるだけ英語で話をするようにしているが、どうしてもうまくいかないときは、日本語混じりの英語で話をする。今日は、バレンタインプログラム。日本とアメリカの違いや、バレンタインカードをシャッフルするカード交換など楽しく学習できた。アイデアもいっぱい持っていて子どもも好きみたいなので、もっといて欲しいのだが、3年以上は続けることができない。とても残念だ。今年の7月で終わりになってしまう。残りもわずかだが、できるだけたくさん、来て欲しいと思う。
 夜、我が子の学校のPTA委員会に出席。来年度の役員がなかなか決まらないようだ。私などは、ただの学級役員だが、三役を含めて大きな役をされている人は、本当に大変な目にあわれている。何もお手伝いできないが、ご苦労様という気持ちでいっぱいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.01

2月1日(水)

 授業が終わって職員室に戻ると、パナソニックのワイヤレスプロジェクター「LB20NT」が届いた。待ちに待っていたプロジェクターだ。今までは、有線のプロジェクターしかなかったが、パソコンからワイヤレスでデータなどをとばすことができる優れものだ。今までのプロジェクターに比べて、使い方が大きく広がっていく。パソコンの位置が限定されない分、いろんな場所からプロジェクターを使うことが可能だ。しかも、複数のパソコンを切り替えて使うことができるので、今までにない使い方ができそうだ。明日からの実践がとっても楽しみだ。
 今日も、グローリーの道場に、稽古に行った。グローリーは、実業団の中でも強豪チームで、グローリーの社員以外からもたくさん、稽古に来られている。だから、ものすごく活気のある練習だ。川端尚先生に稽古をつけていただいたが、課題の腕の振りに気をつけた。難しいが少しずつ直していきたい。娘も息子も腕の振りと足裁きを注意されていた。親子は悪いところも似るものだ。とほほである。親子そろって直していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »